« 宮崎県高千穂町6人殺人事件その4(要求) | トップページ | 宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列) »

2018/12/03

宮崎県高千穂町6人殺人事件その5(仏間)

1)IHさん、IHさんの妻、次男の長男、MFさん
の4人は失血死など大量出血が原因で死亡した

2)次男の妻と次男の長女は窒息死だった。

3)捜査関係者によると、IHさんと次男の長男は、同じ寝室で布団の上に倒れ、大量の血痕が布団に付着していた。2人は普段は別々の寝室で寝ていたとのこと。

4)トラブルの原因とされる次男の女性問題も数年前に清算されていたとのこと。

5)今のところ現場に第三者がいた形跡はなく、県警は、次男が死亡する前に橋のたもとまで運転したとみられる軽乗用車に関連を示す痕跡がないか調べているとのこと。

6)MFさんと次男の共通の知人によると、MFさんから次男のことは聞いたことがなく、接点があったことすら知らなかったとのこと。

7)MFさんの妻Aさんについて
「AさんはMFさんよりも年上で、互いに再婚同士でした。MFさんは6月には会社を辞めて、夫婦で実家に戻って敷地内に住み、農業を継いでいました。Aさんはまだお勤めをされているようで、朝早くから出かけて夜の8時すぎに帰ってくるような生活でした。農家仕事も手伝っていたみたいで、耕運機を自分で運転されたり、MFさんと2人で軽トラに乗っているところも見かけました。

8)MFさんの父親は当日、嫁さんが(次男の家に)『行くな』と止めたとは聞いている」と話したとのこと。

9)MFさんの妻Aさんの勤務先と次男の勤務先は取引があり、輸送の運転手をしていた次男がAさんの勤務先を訪れた事もり、Aさんと次男は面識があったと思われるとのこと。

10)次男の長女は、次男の勤務先の旅行から帰ったままの服装だったとのこと。

11)次男の長男の部屋には布団が敷かれていて、寝ようとしていたのではないかと思われる。

12)知人によると昨年くらいから次男は家族の愚痴を周囲にこぼすようになったとのこと。

「普段は何もないんですが、たまに急にブチ切れてしまう。私にも1度だけ電話があって『妻は許せん』『うちの両親は妻のかたをもつ』などと理由は言わずに、怒るんですね。けど、今年春くらいかな。会った時はそんな怒りなどはなく、長女が小学校にあがり、勉強を教えているんだと嬉しそうだった。それが、事件の3カ月ほど前に、偶然、出くわした時に、『妻に変な噂がある。隠れて昔の男とどっかで会っていると聞いた』『俺はいつも仕事が終われば、真っ直ぐ家に帰っているのに、妻は俺のほうに女がいると疑う。これだけ真面目に仕事しているのに、許せん』と険しい表情で話していたとのこと。

13)集落の人によると『ここ数カ月、何度か夫婦喧嘩があった』『ケンカのたびに両親が次男をなだめていた』『両親は次男が何か精神的におかしくて、不倫は妻だとか大声で言い、被害妄想のようになっていると周囲に話していた』と言っていたと話したとのこと。

14)MFさんは次男の知人だが、次男の妻が以前仕事していた会社の関係で顔見知りとのこと。

15)MFさんの知人によると、MFさんが仲裁に入る事がこの数か月の間に、2、3度あったようだとのこと。

16)一部週刊誌の報道によると(真為不明)
次男が妻に(別れた)不倫相手を連れてこいと言われて、現場に現れたのがMFさんだったとのこと。

17)次男の妻も次男が不倫していると疑っていた。次男も妻を不倫していると疑っていたとのこと。
これがここ数日の夫婦ゲンカの原因と思われる。

こんなところですね。
時系列を更新
時系列
2015年頃   次男夫婦を中傷誹謗するネット書き込みが始まる。
今年の春以前 次男が電話で知人に「妻」の愚痴をこぼす。
今年の春   次男が知人に長女の話題で妻の愚痴はなかった。
06月     MFさんが仕事を辞めて実家に夫婦で移り住む。
08月頃    次男が知人に妻の愚痴をこぼす。
ここ数ヶ月で 夫婦ゲンカが何度かあった。両親は次男が精神的におかしくなっていると周囲に話していた。
11月24日
      次男、妻、長女で一泊二日で社員旅行
11月25日
15:30頃  会社に戻り解散。
20:00頃  MFさんに電話で仲裁の依頼をする。(次男は夫婦で訪問する事を希望)
21:00過ぎ 次男の知人のMFさんが仲裁の為訪問(推定)
11月26日
07:00過ぎ 次男の勤務先から三男に問い合わせ(推定)
07:30頃  通常、長男が出勤する時間(この時間に出勤していないので、これ以前に事件が起きていると推定)
08:10過ぎ 小学校から欠席の問い合わせ(推定)
09:00過ぎ 教頭が現場を訪れたが応答が無い。
10:20頃  親族から連絡が取れないと通報。
11:00頃  MFさんの父親が駐在に相談。
11:00過ぎ IHさん方を訪れた警官により遺体発見
16:00頃  次男と見られる遺体が高千穂大橋の下で発見

こんな感じですね。
長女は昼間の服装だった事から、入浴前だったんでしょうね。
長男は部屋に布団が敷かれて寝る前だったと思われる。
IHさんは布団に体の一部が入っていた。

長男は朝7時に出勤していたようですから、起床が5時ぐらいでも不思議では無いし、7時間睡眠なら
22時ぐらいに就寝していたのかもしれませんね。
小学2年生の長女が何時に就寝していたのか?が不明ですが、遅くても22時ぐらいには寝ていると思います。
逆算すると21時過ぎにはお風呂にはいっていないとおかしいと言う事になりますね。

そう考えた時、MFさんが仏間で発見されたのがちょっと妙だなと思いますね。
多分、仏間は応接室とか客間として使っているのだと思いますが・・・そこが妙だと感じるんですよね。

普通に田舎の家だと、リビングが生活の中心になっていて、親しい友人なら仏間ではなく、リビングに通すと思います。
そもそも、仏間や客間が無い家だって多いですよね。

リビングならこの時期、こたつは既にあったし、他の暖房器具もあったはず。別に仏間を暖房する必要が無いし。
なにより、この時間帯なら、母親も父親と一緒に寝るとか、お風呂に入ってから寝ると言う時間でしょう?
娘は風呂に入った後に寝るでしょうし、それなら、無人のリビングを使って良いはずです。

それに間取りを見ると、仏間の隣や正面が寝室となっていて、これから話し合いをするには、家族のいる寝室に近すぎるような気がします。

リビングが無人だった証拠がリビングで発見された遺体が無いと言う事ですよね。

その意味では、母親の遺体が屋外で発見された事が説明できませんね。
まさか、夜に仕事をする事は無いでしょうし・・・倉庫にある漬物でも取りに行ったとか、そんな事なのかな?

なぜ、MFさんが仏間で発見されたのか?
リビングが散らかっていたと言うのは理由としてはあるけど・・・だけど、男女関係でトラブルになっている夫婦ゲンカの仲裁を頼む様な相手なら、散らかっている事が「はずかしい」と言う感情は無いんじゃないかな?
よほど、浮気や不倫の話の方が「はずかしい」と思うんですよね。

それに、夫婦ゲンカの仲裁や話し合いと言うのは、長女以外の大人は空気を読むでしょ?
空気を読んで、自分の部屋に引きこもると思います。長女が1人で寝れないなら、長男が添い寝をするぐらいの気配りはするかもしれませんね。

仮説として、MFさんがリビングに通されて、リビングで襲われたと仮定すると・・・
リビングから逃げて、仏間に入り、そこで殺害されたと言う事になり、この時、次男の手には凶器のナタがあったと言う事になります。だとすると、順に屋内にいる、父親、長男、を殺害、妻と長女は苦痛を和らげる為に、扼殺と言う事になるんですが、そこで問題なのは、最後に殺害されるのが屋外にいる母親になり、役目を終えた凶器は屋外で発見されないとおかしいと言う事になりますね。

そうすると、殺害順としては、屋外にいる母親が最初の犠牲者にならないとおかしいですね。

次男は最初から家にいたのだろうか?
犯行日は日曜の夜だから、仕事は休みですよね。家族で旅行から帰宅したはずです。
でも、20時頃に電話でMFさんを呼んでいるのは、この頃に夫婦ゲンカが始まった。
ただ、長女を入浴させて寝せないといけないから、MFさんが到着するまで一旦、中断と言うあたりだろうか?

妻は夕食の後片付けで洗い物もあるだろうし、長女の入浴や学校の準備などもあるから、MFさんを出迎えたのは、次男と考えた方が良いですよね?

でも、次男が出迎えたなら仏間よりもリビングと言う印象なんですが・・・
もし、妻がMFさんを出迎えたなら、客として気を遣って仏間に通す事は考えられますよね。

もしかすると、MFさんが到着前に母親が、嫁(次男の妻)に聞かれないように、次男を屋外に連れ出して、そこで、不倫や浮気を注意なり叱責なりをした可能性があるのかな?

まー、母親としては、子育てや仕事に時間が取られて、嫁が浮気をできない事を知っていて、嫁の肩を持つと言うのはありそうな気がします。あるいは、嫁よりも息子の方に矛を収めさせる事で自体を収拾させようとしたのかもしれませんね。
(嫁よりも息子の方が言い易かったと言う事なのかもしれません)

結局、謂われの無い不倫や浮気を一方的に責められる事で、ストレスMAXで感情的となり、近くにあったナタで母親を殺害、もうどうにもならないとなって、その場にいた全員を殺害と言う流れかな?

しかし、その流れでも、妻と長女の殺害順が不明ですね。玄関の右手がリビング、玄関を進んだ廊下の右奥が脱衣所と風呂、玄関左手が寝室、脱衣所と風呂場の向かい側が仏間、そして、仏間の奥に寝室が続く感じですね。

これだと、玄関を入って、襲うのが左側の男性陣だと、仏間、寝室を犯行を重ねて、凶器のナタを寝室の床に放置して、脱衣所に居た妻と長女を殺害したと言う事になります。

ナタを通して、利き手には被害者の血液が大量に付着していたでしょうから、扼殺した妻と長女の遺体や衣服にも血液が付着していたでしょう。誰の血液が付着していたか?で犯行順が分かるかもしれませんね。
もし、母親の血液だけが検出されたり、血液が検出されないなら、母親の次に殺害されたのは、妻と長女かもしれませんね。

すいません、時間切れです。最後はまとまりませんでした。

参考リンク
宮崎県高千穂町6人殺人事件その4(要求)
宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列)

|

« 宮崎県高千穂町6人殺人事件その4(要求) | トップページ | 宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列) »

コメント

哀しい事件ですね。農機具のナタが側になければ防げたかも知れません、田舎ならではの惨劇ですね。
切っ掛けになった抽象は爆サイに掲示されてましたね、実名入りで(削除済み)
浜松の看護士殺害も爆サイ経由で仲間集めてましたっけ…

投稿: | 2018/12/03 22:59

最初にこの事件がニュースに登場した時の感触だけど。
これってMFさんと次男の妻との間の不倫なんじゃないかと感じた。
仲裁じゃなくて、次男が不倫を糾弾してたんじゃないの?

投稿: | 2018/12/04 00:30

だいぶ情報が整理されてきましたね。当初いわれていたMFさんと次男が小学校からの知り合いではなく、次男の会社の人がMFさんと知り合いだったんですね。そしてMFさんと次男の妻、MFさんの妻と次男が仕事関係で面識があるようだと。狭い田舎ならこのような繋がりがあっても不思議でないけれど、夫婦喧嘩の仲裁に入るような仲とは思えません。この辺りの事情はMFさんの妻の話を聞きたいです。とはいえ本当に夫婦喧嘩の仲裁に入ってたのか。2チャンネル的にMFさんと次男の妻が昔付き合っていて、その子供が長女であったことが発覚し次男がプッツンしてしまったという方がしっくりきます。
何もかもが嫌になったので清算しようと決意。会社の旅行は最後の思い出作りだった。帰ってきてその日の晩に決行。MFさんもターゲットだったので呼び出された。
家の間取り図を見ましたが勝手口は無いのでしょうか。外に出るのが玄関だけなら次男が客間や仏間で暴れだしたら逃げ場が無かったかもしれませんね。

投稿: マモーミモー | 2018/12/04 03:53

みなさん、おはようございます。

文春の件ですが、ちょっとわかりにくいけど、内容としては、二男の昔付き合っていた女性がMFさんの妻だったと言う内容のように見えます。

だから、二男が二男の妻に別れた女性を連れてきてと言われて、MFさんに夫婦で来てと言うのはつじつまが合いますが・・・逆に、妻の元彼に「もう別れてますから」なんて釈明とか説明を二男の妻にするMFさんって、普通は無いと言う印象です。よほど、二男とMFさんが親しい関係でもないと、そんな事できないんじゃないか?と・・・

しかし、逆に二男が相当追い詰められていて、MFさんに土下座で懇願とか、逆に脅迫的な事をしていた可能性もあるかもしれませんね。

まー田舎ではゴシップが娯楽と言う面があるので、近所の家の方なら、このあたりの経緯は父親、母親の世間話として聞いている人がいてもおかしくは無いような気がします。

あと、文春の件の続きとしては、当初警察から一報を聞いたMFさんの妻はMFさんが自殺したと勘違いしたか?または、警察がMFさんが自殺(二男とMFさんを間違えた)とMFさんの妻に伝えたのかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2018/12/04 07:00

家族全員殺害後、MFさんを家に招き入れたのではないかと思っています。
MFさんは巻き込まれたのではなく、犯人が一番殺したかったのはMFさんではないか。
最近起きた事件で、10代の加害者が親を殺害した理由をこう話していました。「学校に殺さなければならないヤツがいる。でも殺人を犯したら親に迷惑がかかるから、先に親を殺さなければならなかった。」

投稿: まーぷる | 2018/12/04 21:32

文春の件のASKAさんの見解は、読んでいて、なるほどと思いました。ただ、この記事で不思議に思ったのは事件当日に現場にいた人が全て亡くなられているのにMFさんを呼び出した状況とかが何で具体的に分かってるんでしょうかねー?MFさんが行く前に妻に大体の状況を伝えてあったという事ですかねー?あと、MFさんの妻が行かないように引き止めてた理由も知りたいですよね。

投稿: | 2018/12/05 00:34

みなさん、おはようございます。

名無しさんへ
MFさんの呼び出しの状況は、ちょうどMFさんが消防団の会合(宴会)に参加中に電話があったので、その状況が伝えられているわけですね。
誰から?と言うのは、着信履歴(電話番号)で二男からと判断されているのか?

あるいは、MFさんの妻が行くなと引き留めたと言われてますので、現場に向かう前にMFさんが妻に遅くなると電話したんでしょうね。そこで「二男に呼ばれた」と言う話をした可能性はあると思います。

MFさんの妻が「行くな」と引き留めたのは、「行っても無駄」と言う意味じゃないかと思います。
事件の前にも何度か、MFさんが仲裁に入っているのに、それでも、解決できないでいるわけですから、「これ以上深入りしない方が良い」と言う判断もあったかもしれませんね。

仮にMFさんの妻が二男の元カノだったとしても、「それはそちらで解決してくれ」と言うところじゃないでしょうか。

投稿: ASKA | 2018/12/05 06:34

みなさん、こんばんは

名無しさんへ
書き込みの主が悪意をもっていたのか?それとも面白半分だったのか?は分からないけど・・・
ネット中傷と言うのは、中傷されている人物がそれに気付くのか?と言うのが微妙ですよね。
極端な話では、ネットを見ない、関心が無い人物なら自分が中傷されている事に気付きませんからね。
なので、この爆サイを次男か次男の妻が利用している事を書き込み主が知っていたのであれば、悪意があったと言う事なのかもしれませんね。

そのあたりを考えると、逆に事件について何か情報を持っている可能性があるので、とりあえず、警察は開示請求して事情を聞いて欲しいですね。

名無しさんへ
その可能性に言及している週刊誌などもあるようですね。
しかし、この部分の人間関係については、どれも確実な情報とは言えないので、誰か真相を知っている人が居るのか?居たら警察に話して欲しいと思いますね。

マモーミモーさんへ
このあたりの人間関係は上にも書きましたが、はっきりした情報が欲しいですね。
報道されている間取り図には勝手口はなさそうですね。
でも、窓ぐらいは各部屋にはあったと思うわけで、事件に気付いていれば、長男は逃亡できるような気がします。
祖父を助けようとして、逃げられなかったのか?このあたりも、決め手になる情報が無いですね。

まーぷるさんへ
MFさんを呼び出したタイミングで事件が起きているので、計画的な犯行ならMFさんにも殺意があったんでしょうね。
MFさんを最後としたばあい、凶器のナタが寝室の床に刺さっていた事の説明が必要になりますね。

母親やMFさんと違い、首を切断されていない状態を軽傷と考えて、最後にトドメを刺そうとしたとか、死亡の確認の為に寝室に戻ったと言うあたりかもしれませんね。

投稿: ASKA | 2018/12/05 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮崎県高千穂町6人殺人事件その4(要求) | トップページ | 宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列) »