« 宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その180 (警視庁PDF第4版ラグランの謎) »

2018/12/08

静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その5(Sの初公判)

被告人Sの初公判(12月06日)

1)女性を連れ去り監禁したとして、営利目的略取や死体遺棄など4つの罪に問われた名古屋市天白区のS被告(43)の初公判が12月6日、静岡地裁浜松支部で開かれた。

2)S被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

3)起訴状などによると、S被告は住所不定で無職のI被告(28)や主導役とされる男=当時(39)、自殺=と共謀し、5月26日午後6時20分ごろ、浜松市内のフィットネスクラブ駐車場で女性を車ごと拉致し、同日午後9時10分ごろまでの間、腕を結束バンドで縛るなどして監禁。さらに翌27日ごろに男と共に藤枝市内の山中に女性の遺体を埋めたとされるとのこと。

4)検察側は冒頭陳述で、S被告がホームセンターでショベルなどを購入し、藤枝市内の山中で穴を掘り、遺体を土中に遺棄したと指摘したとのこと。

別の報道では
冒頭陳述で検察側は、女性が連れ去られてから約10時間後の5月27日午前4時20分の時点で生存しており、その後、主導役とされる新潟県出身の男=自殺、当時(39)=が静岡県内で殺害したと指摘したとのこと。

女性の死亡後、S被告は男とスコップ2本を使い、一緒に藤枝市内の山中に遺体を埋めたと述べたとのこと。

5)S被告は被告人質問で「車を強奪し、売るなり金を奪うなりするものだと思っていた」と供述。「取り返しのつかないことをしてしまった。本当に申し訳ない」と話したとのこと。

別の報道では
被告人質問で、S被告は「男から、女性の知り合いに貸している金を女性から取り立てると聞いていた」とし、「気付いたら、後部座席で男が女性の首を絞めていた。お前も共犯だと言われ、自己保身のために遺棄に加担してしまった」と釈明したとのこと。

6)検察側は、S被告が連れ去り後、車を運転している際に、後部座席に乗っていたA容疑者が、女性の首を絞めたのを見たと供述していたことを明らかにしたとのこと。

S被告 27日早朝に再び車に乗ってAと合流後に「掛川市の道の駅を出たあと、後部座席を見たらAが被害者の上に乗っていた。襟首をつかんでAをおろしたが、被害者が顔から落ちた。

S被告は運転しながら女性の体を揺するなどし
運転していたらAがもう死んでいるとあっさり言った。まったく反応がなく自分は保身に走ってしまった」と話したとのこと。

ただ、S被告はこれ以前に女性が死亡していた可能性を示唆したとのこと。再合流してから男が女性の首を絞めるのを見るまでの間、女性の声や物音が「一切なかった」とも説明。女性はタオルや衣類で覆われており、はっきりとは見えなかったのだという。公判後、S被告の弁護人は「ご遺体に対して(男が)何かをやっていたのか、殺していたのか、SNSでの交流の情報被告は分かっていない」としたとのこと。

また、S被告は、女性の遺体を遺棄したのはA容疑者の指示だったと強調したとのこと。

S被告「Aに指示されてスコップを買いました。Aにお前も共犯だと言われ、遺体を隠さないと大変なことになると思った」と話したとのこと。

また、S被告によるとA容疑者から事前に「人さらい」の仕事を依頼されていましたが、ターゲットは伝えられておらず、S被告の独断で、現場の施設のエスカレーターを降りてきた女性を標的に決め、犯行に及んだとのこと。

なぜ被害者女性だったのかという点については、S被告は「わからない」と証言したとのこと。

7)S被告は磐田市内で主導役とされる男が電話のために車を降りたときが「私が唯一、彼女を助けられるチャンスだった」「いつか後悔の場所に行き、花を手向け謝罪したい」と述べたとのこと。

8)次回公判は12月26日の予定

時系列を更新
05月24日16:17  ネットの掲示板にAが「サクッと稼ぎましょう!」と投稿
05月26日13:00頃 女性が自宅を出る。
    事件前  犯行グループが静岡市周辺の店舗で粘着テープなどを購入
    18:00頃 浜松市内のスポーツクラブ駐車場で数人の男に車ごと連れ去られる。
連れ去り直後   A(39)が後部座席に乗り込む。
05月26日夜    S(43)が浜松市内で下車。
05月27日未明   I(28)と入れ替わりでS(43)が再び乗車
05月27日04:20  女性は生存していた(検察側冒頭陳述)
05月27日     Aが車内で女性を殺害(Sの公判での証言)
05月27日     遺棄現場近くの防犯カメラに女性の車が通る様子が映っていた。
05月27日夕方   I(28)が再度車に乗車、この時女性の姿は無かった。
05月28日     家族が警察に届け出る。
06月08日     28歳の男を別件で任意聴取、その後、自供した為、赤坂署で逮捕
06月09月18:00頃 捜索中の警察官が遺体を発見
06月11日     42歳の男が名古屋市内の中川警察署に出頭。
06月12日     捜査本部が遺体を浜松市浜北区の女性看護師(29)と確認。
06月14日夜    新潟市内で第三の男(39)が死亡(自殺か?)
06月15日午前   新潟市内で第三の男(39)の遺体を発見。
06月16日     第三の男(39)を指名手配

こんなところなんですが・・・
一つ気になったのは、Iが車を降りた理由は何だったのか?
Iは運転手として雇われたので、最後まで運転をするのかと思いましたが・・・
Sと交代で休憩をとると言う事なのかな?

で最大の問題は主犯Aの言動に一貫性が無いと言うか、矛盾があると思われる点ですね。
動機について色々な話が出てきましたが、今回の情報の中で明らかに矛盾していて嘘だと思われる内容があります。
「Aから、女性の知り合いに貸している金を女性から取り立てると聞いていた」と言う話です。

拉致した女性はSが勝手に決めた人物なので、その女性の知り合いにAから借金をしている人物がいると言うのは奇跡的な偶然か?嘘として思えません。
もし、最初からそれが目的ならSに対してAがこの女性を指示しないとおかしいですよね。

なので、この話は明らかな嘘だと考えています。

問題はSがこの話を聞いて「おかしい」と不信感を持たなかった事ですね。

話はこの後にも続きます。Aが車内で女性を殺害した理由です。
色々な動機の話がありますが、それはほぼ全て、女性が生存している事が前提なんですよね。
唯一、女性の生死に関係ないのが、女性の車を売って換金する話だと思います。

なので、女性を殺害するのはAの目的意識に矛盾します。

けれど、これまでの動機の話、人身売買などが全て嘘なら、「女性の知り合いに貸している金を女性から取り立てる」話も嘘になり、「女性がそんな男は知らない」と証言すれば、Aの嘘がバレますね。

結局、Aが嘘がバレる事を恐れて、女性を殺害したのか?とも思いますが・・・だとしたらAって何なの?って話ですよね。
(人身売買の話も嘘なら、売れないのだから時間が過ぎればバレますからね)

この「女性の知り合いに貸している金を女性から取り立てる」話がSの嘘だと言う可能性もありますが、この部分でSが不利になる部分はありませんから、本当の事だと思うんですよね。

参考リンク
静岡県浜松市闇サイト女性殺人事件その4(Iの初公判)

|

« 宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その180 (警視庁PDF第4版ラグランの謎) »

コメント

S容疑者は高校野球の人材斡旋ブローカーの職で生計立ててましたが、不正取得の身分証で他人名義の口座開設したりで逮捕されてます。
名古屋市天白区在住でしたが、実態は寝泊まりだけのワンルームで生活臭が希薄でした。

離婚した子供たちも含め、親族に迷惑掛けたくないから他人名義、引っ越しだったと思えます。住民票を移したのも最近の話ですね。当日もカツラで変装するなど準備周到に犯行計画は練られてます。

***一部編集 ASKA***

その件をマスコミが伏せてるのも一定の配慮からでしょう。
つまりS容疑者だけが土地勘があったんです。拉致現場と集合場所の設定と案内、遺棄した藤枝も含め静岡県内に精通してたのはSだけなんです。


自ら警察署に出頭し逮捕されたS容疑者は、隣県の愛知県東栄町出身。
中学・高校と野球に打ち込み、その後就職しましたが数年で仕事を辞め、
中学野球の有望株を高校などに紹介する、いわゆるブローカーをしていましたが現在無職で金には相当困窮してたようです。

また、先に初公判のI被告の供述から「もうひとりの仲間が指示する相手を拉致する」との事でターゲットは夕方6時30分にジムから出てくるとの事でした。
目的の女性とは違った可能性はありますが、その時間のエアロビ等ジムのカリキュラムに参加してた女性には違いないでしょう。

顔見知りにせよS容疑者だけが接点持ってる可能性が高いようです。

新潟で自殺?とされたA被告の前科はスーパーで購入したパンに縫い針が入っててケガしたから 賠償金よこせと難癖つけた詐欺でした。こちらも金に困窮してたようですし 恐らくサラ金にも手を出して泥沼状態の事でしょう。

先のI容疑者に至っては所持金1500円の極貧です

募った二人に宿泊、食事、交通費、備品購入等の支度金を用意してたり 新幹線でわざわざ新潟から訪ねてる事考えると それなりの準備金を用意してたようですね。その金をどうやって工面したのか?または借りたのか?

該当者はサラ金、闇金に手を出して行き詰まった連中のようです。犯行する金さえ無い状況なのにどうして仲間集めて犯罪を犯す事できましょうか?ヤミ金の主に計画を実行すれば数千万の債務をチャラにしてやる、と条件出されたのかも?それならやりますよ。


早期発見でも死因が不明なのが不気味ですね。

Aの虚言癖の仕業なのか?
Aに指示する人物がいたのか?
それとも黒幕に成り済ましたSの自作自演なのか?

公判を見守りたいです。

投稿: 浜松南警察署 | 2018/12/10 07:10

死因は不明なのですか?公表していないのでは?

投稿: 亀さん | 2018/12/10 23:55

S被告の求刑 懲役10年

投稿: | 2019/01/18 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮崎県高千穂町6人殺人事件その6(時系列) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その180 (警視庁PDF第4版ラグランの謎) »