« 竹下通り暴走無差別殺傷事件その2(続報) | トップページ | 竹下通り暴走無差別殺傷事件その3(続報) »

2019/01/05

世田谷一家殺害事件再考その185 (2018年年末情報)

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
(ASKAの事件簿の性格上、「おめでとう」はふさわしくないと言う事で、「おめでとう」と言う言葉は自粛しております。みなさんもご配慮ねがいます)

さて、2018年の年末情報ですが、目立った物は無いですね。順番に昨年の警察発表を見ると
1)5月に新しい犯人像を公表
2)8月に犯人の毛髪の追加情報を公表
3)12月にハンカチ情報を公表
4)12月に周辺の3D映像を公表

こんなところです。年末情報と言う意味では12月に発表した2件が該当するかもしれませんね。

毎年、少しひねった情報を出してくれるNHKにも期待していましたが、事件当日19時のニュースには新幹線の遅れのニュースのせいか、世田谷事件の件は触れられていませんでした。他のニュースも、お墓参りとか、駅でビラを配った程度で、目新しい物はなさそうですね。もし何か新情報などありましたら、コメントをお願いいたします。

昨年公表の情報について軽くまとめると
1)5月に新しい犯人像を公表
 はっきりと対象の年齢を記載していませんが、学生を匂わせる記述と感じます。

2)8月に犯人の毛髪の追加情報を公表
 追加情報と書いたのは、この毛髪の件は2010年の年末情報で既に報道されているからです。
その時の報道内容は以下の通り

「遺留品のヒップバッグの中から、短い毛髪が見つかっていたことが19日分かった。毛髪のDNA型を鑑定したところ、現場に残された犯人のものと一致した。
捜査関係者によると、毛髪は長さ数センチで色は黒く、2階の居間に残されたヒップバッグから見つかった。」

これを見ると、毛髪の色が黒だった事も出ています。今回の報道では詳細情報として、「本数と長さ、黒色と黒褐色」の情報が追加されたにすぎませんね。

なので、捜査本部が注目している点は「長さ」なんでしょうね。
「長さ約2・5センチと約1・5ミリ」ただ、この情報が微妙にミスリードしそうなのが、頭髪とヒゲの2種類が考えられると言う事でしょうね。

頭髪だと単純に短髪の男性をイメージするわけですが、2.5センチのヒゲだと年齢層がかなり変わりますね。

それから、にゃんこさんのご指摘の通り「おしゃれに気を使う人間」と言う事を考えると「鼻毛」もありかと思います。
その手の人間なら「鼻毛」の手入れには気を使っていたはずで、ヒップバッグに鼻毛カッターなど常備していたかもしれません。

とは言え、2.5センチの鼻毛はちょっと長すぎますけどね。

3)12月にハンカチ情報を公表
 これについては具体的に寄せられた情報の一部を公表しています。
内容から中国やアジア地方、あとは水産業などについて連想させて記憶を呼び覚まそうとしているのかもしれませんね。

4)12月に周辺の3D映像を公表
 これは新情報と言うよりは、以前発表された現場3D情報の流れに属する情報かと思います。
今後の状況変化に伴う、捜査上必要な資料として作成したのではないか?と思いますね。

それから、年末情報としては挙げませんでしたが、昨年は例年に比べて「寄せられる情報多い」年だったようです。
これは、年末情報で1年に一度、情報を出すよりも、「定期的に出した方が情報が多くなる」と言う事なのかもしれませんね。

そのあたりを考えると、捜査本部は5月、8月、12月と長期連休に合わせて情報を出す方針に変更したのかもしれませんね。

なぜ、長期連休なのか?が分かりませんが、「人の移動が多い時」とか「帰省するタイミング」を狙っているのかな?

帰省を狙ったのなら、帰省によって人が集まった時に世田谷事件が話題に上る事を狙ったのかもしれませんね。

「そういえば、おまえ、18年前は世田谷にいたよね?どうだった」的な。

いずれにせよ、犯人逮捕に期待しましょう。

ちょっと補足
昨年情報の発表タイミングは5月20日前後、8月3日、12月14日なので、5月の情報は連休終了後のタイミングになりますね。その意味では帰省の時期とはずれてます。

|

« 竹下通り暴走無差別殺傷事件その2(続報) | トップページ | 竹下通り暴走無差別殺傷事件その3(続報) »

コメント

ASKAさんお久しぶりです。

ヒップバッグから発見された2.5㎝の髪の毛…。
2.5㎝=約1インチですから
そこで、アメリカ製の髪の毛をカットする道具を連想しました。

当時、深夜の通販番組で掃除機に装着して髪の毛をカットする「フロービー」という商品。

ネットで商品を調べますと、カットする長さ調整用のスペーサーに1インチのモノがありました。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/rahoya/fl-011.html

商品・付属品

●1インチ(約2.5cm)スペーサー × 2個

仕上げに櫛なども使えば両端がバリカンで切断されたような1.5㎜の長さも出ると思われます。

警視庁はこの「フロービー」の通販購入者を調べているのでしょうか?
もしくは、アメリカ本国でも購入したかも知れません。

続報を期待ですね。

投稿: ベビールース | 2019/01/16 18:29

でも、ヒップバッグも、そのへんでよく開催されてるフリーマーケットなんかで手に入れた物なら。もしくは、拾ったものかもしれない(世田谷住みですが、富裕層が多いせいか、まだまだ使える綺麗なものが、しょっちゅう捨ててあります。)。犯人の「愛用品」ではない気も...

投稿: ARI | 2019/01/17 06:37

同じく、そんなに犯人が持ち物を置いていくのなら他にも血の付いたズボンや靴を置いていって被害者宅にあるものに着替えてもいいわけなので、それをしていないのであれば犯人に繋がるものは何も残していっていないのではないか?とも考えられる。
医療関係で輸血用のパックが紛失していたという話はないのでしょうか?
血も犯人のものなのか怪しい気がします。ケガもしていないのでは?

投稿: | 2019/01/18 01:15

頭髪、鼻毛、髭

床屋ですら識別できる

投稿: | 2019/01/18 06:35

髪の毛は帽子やソファーのクッションからも見つかっていて、残されていた髪の毛と一致している訳ですよね。血液パックのDNAも同じでなくてはいけませんよね。
主犯と実行犯が居て実行犯だけの物を残したという感じを状況から受けますね。

投稿: フリフリ | 2019/01/20 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹下通り暴走無差別殺傷事件その2(続報) | トップページ | 竹下通り暴走無差別殺傷事件その3(続報) »