« 富山県富山市交番襲撃事件2019年1月その2(動機) | トップページ | 大阪府堺市あおり運転殺人事件(一審判決) »

2019/01/25

茨城女子大生殺害事件の謎!その26 (33歳共犯男性逮捕)

1)1月24日、当時少年(18)で、フィリピンに逃亡していた33歳のフィリピン人の男が入国した、警察は殺人と強姦致死容疑で逮捕した。

2)県警捜査1課によると、元少年は07年にフィリピンへ帰国し逃亡生活を送っていた。昨年、県警が国内外の関係者に働きかけ、出頭するよう促すと、元少年側から出頭の意思があると伝えてきたとのこと。

男が出頭の意向を示しているとの情報を得た県警が、23日に捜査員を現地へ派遣。男は24日、マニラの空港で、親族らに付き添われて出国手続きに向かったとのこと。

別の報道では親族らに説得されて出頭する意思を示したとのこと。

3)県警は認否を明らかにしていないが、事件への関与は認めているとのこと。

4)共犯とされるもう1人の元少年(34)=当時19歳=はフィリピンに帰国しており、国際手配されているが逮捕の見通しは立っていないとのこと。

5)男は逮捕前、マスコミのインタビューで犯行時の役割について証言していた。
「自転車に通せんぼうしたんだ。仲間(当時19歳の男)と2人で。自分が彼女の口を押さえて、それから仲間がおなかをパンチして女性が倒れたんだ」(逮捕された男)

さらに、犯行に使った凶器について
「R被告が、カッターで首を切ったんだ。カッターはR被告の家の裏庭に埋めた」(逮捕された男)

こんなところですね。
こんな日が実際に来るとは思いませんでした。
事件に関わった3人の内、フィリピンに逃亡していた2人の内の1人が、自ら出頭してくるとは・・・

家族の説得があったようですが、立派なご家族だと思います。

先に逮捕され、一審、二審と無期懲役判決が出ているR被告(36)とは主張が異なるようなので、慎重に捜査して欲しいですね。
この当時18歳の男の判決によっては、もう1人の男も出頭しようと言う事になるかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

|

« 富山県富山市交番襲撃事件2019年1月その2(動機) | トップページ | 大阪府堺市あおり運転殺人事件(一審判決) »

コメント

逃亡していたフィリピン人の一人は日本に着いたらディズニーランドに行くんだと言っているそうですよ。犯人にされるとは思っていないかな。

投稿: 日本人 | 2019/01/30 18:31

あぁ、命日なんですね
もう15年前の事件

個人的にはプロの手による紙面や書籍、報道等の旧メディアで未解決事件を考えた時代から
アマチュアの手によるテキスト主体のネット空間で事件を考えるようになった境い目の事件

投稿: | 2019/01/30 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富山県富山市交番襲撃事件2019年1月その2(動機) | トップページ | 大阪府堺市あおり運転殺人事件(一審判決) »