« 竹下通り暴走無差別殺傷事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その185 (2018年年末情報) »

2019/01/04

竹下通り暴走無差別殺傷事件その2(続報)

1)容疑者の同級生の証言
勉強はすごくできるタイプではなかったが、それなりにできたはず。ただ、高校に進学した時に、トラブルがあって引きこもるようになってしまったと聞いた。親に手を上げたりするので、警察が家にきたりして大変だったそうだ。それもあって、祖母宅に預けられるようになったとのこと。

2)近所の住民の証言
容疑者が実家の同府枚方市内から来たのは4、5年前。2年ほど前に1度、上京したが1年ほどで戻って来たとのこと。
昨春くらいから、容疑者が出す奇声やピストルの音に似た騒音に悩まされていた。奇声はほぼ毎日、昨年末まで続いていたという。夜10時に聞こえる時もあった。ピストルのような音は昨年の夏ごろ、聞こえていたとのこと。

3)容疑者(21)が「明治神宮で高圧洗浄機を使って灯油を噴射しようとしたが失敗した」と供述しているとのこと。
容疑者は「灯油で車ごと燃やし、できなければ人をひこうと思った」とも話している。

捜査一課などによると、容疑者は昨年12月30日に大阪府内でレンタカーを借り、同月31日に東京に到着。車内からは高圧洗浄機と灯油入りのポリタンクが見つかった。いずれも大阪から持ち込んだものとみられる。同容疑者は「明治神宮に入ろうとしたが規制で入れず、近くで待機していた」と供述しているとのこと。

4)容疑者は12月28日にレンタカーを予約し、30日昼に借りた。いったん大阪府寝屋川市の祖母方に立ち寄った後に上京し、31日昼に首都高渋谷インターチェンジを降りて現場近くの明治神宮へ向かったとみられるとのこと。

5)容疑者の自宅の近隣住民によると、容疑者は12月29日ごろ、自宅2階のベランダで説明書を見ながら高圧洗浄機とみられる機械を使っていたとのこと。

6)逮捕された男の車から着火ライターが見つかり、高圧洗浄機の先端のノズルにテープで巻き付けられていたとのこと。容疑者は、この他に「明治神宮で高圧洗浄機を使って灯油をまき、火を付けようと思った」「人がたくさん集まるところでやろうと思った」と供述。12月31日昼に上京後、「軽乗用車内で高圧洗浄機を試用したがうまくいかなかった」と説明している。軽乗用車からは灯油が入ったポリタンクや、先端に点火用器具を取り付けた高圧洗浄機が見つかっている。

7)容疑者は灯油や高圧洗浄機などは「事件数日前にネットなどで買った」と話しているとのこと。

8)容疑者(21)が「大阪でも事件を起こそうと思っていた」と供述しているとのこと。

時系列を更新
2014or2015年 容疑者が祖母宅に同居(16歳or17歳と推定)
2017年    上京(学校に通う)
2018年
時期は不明  容疑者が東京から戻る。
12月始め頃?容疑者が免許証を取得。
数日前   灯油や高圧洗浄機をネットで購入。
12月28日  大阪でレンタカーを予約。
12月29日頃 高圧洗浄機をベランダで扱う。
12月30日昼 レンタカーを借りる。
12月31日昼頃 上京、明治神宮の周辺で待機
2019年1月1日
00:10  竹下通りで軽自動車が暴走、8人が負傷
00:12頃 暴走の通報
00:32頃 逃亡した容疑者が逮捕
01月02日 容疑者を送検

こんなところですね。ここまでの供述を考えると、犯行は
A)手製の火炎放射器で明治神宮で大量殺傷を狙う。
B)A)ができない場合、車で人を轢く。
C)東京での犯行後に大阪でも事件を起こす。

と言う計画だったようです。
いつから計画していたのか?は今のところ不明ですが、少なくとも灯油や高圧洗浄機を入手した段階では大量殺戮計画を立てていたのだろうと思います。

ただ・・・ちょっと稚拙と言うのか、計画倒れというのか、微妙に重要な事が漏れているように見えます。
手製の火炎放射器もアイディアとしては正しそうに見えるけど、失敗しているのはテストしていないからですよね。
頭の中で考えただけで、「行ける」と思ったんでしょうね。

この部分で、どの程度の計画だったのか?と言うのが疑問なんですよね。
機材をネットで入手しているので、ネットは使えたはずなのに、この完成度の低さは何だろう?
(そのおかげで、被害者が少なかったとも言えますが・・・)

他にもあります。東京での事件後に大阪でも事件を起こす計画のようですが・・・
それは、東京での事件で逮捕されず、逃亡して大阪で再度、事件を起こすと言う事なんですよね。

プランAが失敗し、プランBで大阪から乗ってきた車は大破してしまい、走行不能になっている。
あるいは、計画通りなら車にも火を付ける計画だったのだから、事件後の逃亡手段はどうする計画だったのか?
実際には徒歩で逃亡し近くの公園で職質を受けて、逮捕されています。
このあたりを見ると、計画しているが、杜撰な計画、思いつきレベルとしか思えないんですよね。

事件直後の印象では逮捕覚悟の犯行なんだろうと思っていたのですが、どうも、そうでは無いようです。

このあたりを見ると、メンタル面に問題があったのかな?と思えなくも無いですね。

あとは、東京で事件を起こす事に拘りがあるようで、大阪でも事件を起こす事を計画しているので、本当に東京に拘りがあったのか?と言うのも疑問に思えてきます。

明治神宮と言うのは、初詣客で賑わう場所で事件を起こそうと考えた・・・テレビに映るような有名な場所で事件を起こしたいと言う事なのかもしれませんね。

それは、単純に「目立ちたい」と言う事なのかな?
なので、単に社会に対する不満があっただけでなく、世間を騒がせたいとか、目立ちたいと言うそういった面もあったのかもしれませんね。

まー容疑者は逮捕されてますし、動機についてはこれからの供述を待つとして、精神鑑定は必要かもしれませんね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
竹下通り暴走無差別殺傷事件
竹下通り暴走無差別殺傷事件その3(続報)

|

« 竹下通り暴走無差別殺傷事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その185 (2018年年末情報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 竹下通り暴走無差別殺傷事件 | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その185 (2018年年末情報) »