« 世田谷一家殺害事件再考その189(翌日風呂窓逃亡説は崩れるか?) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その190(この事件、ゼロはゼロじゃない) »

2019/04/23

NGTの案件を事件として見たら?

女性アイドルグループのNGTで騒動が起きている。
正直なところ、アイドルにはほとんど興味が無いので、この事件の事も深く調べたわけではありません。

ただ、被害者本人の「他の人が同じ目にあわないように」と言う言葉は共感する部分がありまして、ちょっとだけ書いてみようと思います。

騒動自体の発端は女性アイドルの1人が帰宅直後に男性2人に顔をつかまれるなどの暴行を受けたと言う物ですね。(容疑者は不起訴)

詳細については、第三者委員会とやらの報告がネットに掲載されているので、そちらをご覧ください。

まー実際に何があったのか?真実は藪の中と言う事はあるんですが・・・しかし、「女性が帰宅時に待ち伏せされて襲われた」と言う結果が事実である事は変わりません。

これは、女性に限らないのですが、被害に遭遇していない人間が、事件に対する危機感を持つのは難しい事なんですよね。

これは、事件に限らず、交通事故なども同じだと思います。
自分が被害や事故にあって、初めて危機感を認識すると言う人が大多数なんじゃないでしょうか?

なので、今回、被害に遭遇していないメンバーには、その危機感がうまく伝わらないと言う事なんだと思います。

私がASKAの事件簿を通して、数々の事件を見聞きしてきた知識や経験からすると、「犯罪者と言うのは常に、全身全霊をもって犯罪のチャンスを待っている」と言う事ですね。

犯人はchanceも待っているが、積極的にopportunityを作ろうとしている。

ただの偶然であっても、事件は起きます。
中野の女性劇団員が帰宅途中に偶然、男に後をつけられて殺害された事件などが代表ですね。被害者は誰でも良かったんです。

今回のNGTの案件は特定のターゲットを選定した上の犯行です。
そして、努力の結果、被害者を待ち伏せして、遭遇する段階まで実現できています。

今回、重大な事件にならなかったのは「ただの偶然」ですね。
もっと悪意のある人間が同じ方法で犯行を行う事が可能なわけで、次に事件が起きた時、もっと重大な結果になる可能性を否定できません。

なので、彼女が言う「他の人が同じ目にあわないように」と言うのは、女性として人間として正しい主張だと思います。

だけど、この真意が伝わらないのはちょっと残念ですね。
なので、特に若い女性には、新聞やニューズを見て、世の中でどんな事件が起きているのか?と言うのは知って欲しいと思います。

「自分だけは被害(事故)に遭わない」なんて保証はどこにも無いんですよね。

|

« 世田谷一家殺害事件再考その189(翌日風呂窓逃亡説は崩れるか?) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その190(この事件、ゼロはゼロじゃない) »

コメント

ASKAさんのこのサイトを何年も前より閲覧させて頂いている者です。

今回のNGTの件に関しまして一事件として当サイトで扱っても良いのではと思っています。

「女性が帰宅時に待ち伏せされて襲われた」と言う結果が事実である事は変わりません。とASKAさん自身仰っていますから。

被害者もNGT48のメンバー、山口真帆。という女性ですので。

NGTが別に好きな訳ではないんですけど。(メンバーに好きな娘はいます)

このまま風化させるのは道義的に好ましく無いと思ってます。

所謂ドルオタや運営はさっさと風化させたいと考えてるんでしょうが、これでは女性の権利が軽んじられる可能性もあるんじゃないかと思っています。

だからこそネットの世界という検閲の緩い環境の中で真実を模索するべきである!と強く思っています。

このサイトに長年コメントをされている方々の意見も是々非々聞いてみたいです!

投稿: | 2019/04/25 01:37

色々なファンは、そのアイドルやスターなどに詳しくて、何でも知りたいとプライベートな事にも関心をもっていて本人に近づきたいと思う。より熱狂的なファンは住んでる家とか良く行く店とかにも詳しいと思う。
積極的なファンは近づいて話かけて親しくなろうとする。
他のファンよりも親密になろうとするだろう。
ファンの人はアイドルの事を良く知っているが、アイドルやスターなどはファンの1人1人を知っている訳でもなく、急に自宅にファンの人が現れたら、やはり怖いと思う。
ファンには憧れの人に会いたいという気持ちで近づいて来ても自宅まで押し掛けるのはマナー違反だと思う。
玄関を開けたら知らない男性がいる。しかも触ってこようと手を伸ばして来たら、恐怖心で固まってしまうと思う。
普通ならプライベートは教えない決まりだと思うのに、メンバーの誰かがワザとファンの人に教えてもいる。住所を教えたら行くに決まっているし、仕事終わりに?行くのは夜間だろうし、訪問者など来ない時間帯だと思う。
前に地下アイドルが襲われ刺された事件もあるし、若い女性には予期せぬことで、心にも傷を負うことになったと思う。
憧れの人は1人でも、そのファンは大勢いいる。そのファンの1人1人が相手の迷惑を構わずに自分達のやりたいことを行動してしまうと、アイドルやスターは、知らない人達から何回も何十回も同じような怖い目に遭遇することになり、ファンの人は同じようなことをするのは自分だけではないと理解して止めなければいけないと思う。
自分が逆の立場だったらと考えて相手の迷惑にならないように行動してほしいと思う。
そういう行き過ぎた行為がファンなのか?ストーカーなのか?の紙一重になってしまうと思う。
良いファンもいれば、他のファンよりも優越心を持ちたいと思う、自分勝手なファンもいる。

投稿: | 2019/04/26 07:14

名無しさん、こんばんは

この案件が難しいのは、情報が集めにくいと言う点ですね。通常の事件なら各社が競って報道してくれるのですが、不起訴になった事もあってか、報道が極端に少ないです。

それでいて、第三者委員会の報告内容も、「それだけ?」と言うぐらいの内容ですし・・・真実の追究が難しい案件ですね。

「切り札」的な証拠として事件直後の現場録音データがあるようですが、そちらが公開されると、少し事情は違ってくるかもしれません。

・・・しかし、犯人達が真実を語っているのか?と言うのは疑問の残る所ではありますね。
「自分に有利になるように脚色」と言うのはありがちな話ですが・・・もう一つ、「誰かをかばう」と言う事もありそうです・・・裏付け調査が必要なんですが、そのあたり警察ぐらいしか出来ない事だと思います。

運営側や内部の人間だと、このあたりバイアスが掛かって公正な調査になるのか?と言うのは不安の残る所ですよね。

名無しさんの言う、「ファンのマナー」と言うのは凄く重要な部分だと思います。

もちろん、ファンと言わず、一般人の常識的と言う部分もあるとは思いますね。

このあたりは、宝塚のファンは厳しい内部(身内)ルールがあるようです。

その一方でAKB方式は、その目指す所から違うのかもしれません。AKBは「会いにいけるアイドル」を目指している分、ファンとの交流の距離感が他のアイドルやスターよりも近いんでしょうね。

そのあたりが過激なファンを助長する背景になっているかもしれませんね。

もう一つは、「お金」の面もあるかもしれません。
男女間の別れ話のトラブルでよくある「貢いだお金を返せ」的な話ですよね。

AKBグループの総選挙はその投票権がCDに付属している為、推しメンに投票する為にCDを複数枚購入するのがファンの間では常態化しているようです。

その分、ファインはお金を使っていて、無意識に「これだけお金を使っているんだから、これぐらい良いだろう?」的な言い訳を自分自身にして、マナー違反を正当化している面もあるかもしれません。

こう考えると、事件の背景には運営方針なども影響している可能性がありますね。

投稿: ASKA | 2019/04/26 20:26

長くなったので項目ごとに3つ投稿します。
・「過激なファン」について
令和の今では遠くなった昭和からいますね。自宅住所を公開している芸能人や作家などが多かったですが、変な物が送りつけられたり過激なファンが押しかけたりなんてことがあり、非公開が原則になっていきました。
親衛隊と言われたファンクラブも一定の距離感を保つのがルールだったりして。
AKB以外でも芸能人とプライベートで会いたがったり何やら送りつけたりといった過激な人物はかなりいると予測されます。ただ、事務所がガードしていて事件に発展しにくいだけでしょう。
AKBグループはあちこちの事務所から集めた女性達を一纏めにして競わせているものですし、事務所としても運営会社としても新人が多いことからガードが緩くなりがちなのかもしれません。

投稿: つれづれ | 2019/05/02 16:38

2/3
・現場について
現場はNGTメンバーのために会社が借り上げていたんですよね。グループ全体として恋愛禁止というルールもありますし、利用者としては男子禁制の女子寮のような感覚だったかと思われます。セキュリティーもそこそこしっかりしていたようです。
未成年者も預かる運営会社には「住所を知った経緯を聴取しその経路(人物・情報源)を潰して秘匿性を高める」「劇場・仕事場からの送迎」「セキュリティーの強化(管理人常駐とか監視カメラとか)」が求められるでしょう。

投稿: つれづれ | 2019/05/02 16:40

3/3
・協力者について
上記のような現場に男性が辿りつけたこと自体がおかしいと感じた被害者は、加害者を手引きした協力者がいたのではないかと疑い、世間に発信したのでしょう。寮となる場所は変更したと発表がありましたが、協力者がその場所を知る立場にいて、さらに手引きまでできる状態のままであれば、自衛も意味を成さずまた同様の被害が起こりますから。
それもあって運営会社(または司法)は加害者が住所を知った経緯を突き止め、再発防止策を講ずる必要があったのですが……そういった話がなく、被害者への圧力が疑われる話ばかりが出てきたためにここまでの騒動になったのでしょうね。

投稿: つれづれ | 2019/05/02 16:42

つれづれさん、こんにちは

そうですね、突き詰めると、運営の対応の悪さが騒ぎを大きくしてしまった原因なんでしょうね。

このケースが初めてだったと言うのはあるかもしれませんが、「丸く収めようとして出来なかった」と言う印象ですね。最初に外部の専門家の意見を聞いて対応していれば、丸くは収まらなくても、被害者とファンが納得する形にはなったかもしれませんね。

ただ、それがビジネスとしてどうか?と言うのが悩ましいところなのかもしれませんが・・・

投稿: ASKA | 2019/05/03 16:17

原因はビジネスモデルだと思いますよ
遠くの二次元だったものを三次元にし身近にする
形にならない憧れを現実的な会話、握手にする
それができるようにするため必要以上の出費をさせる
アイドル側も仕事で生活の一部であるべきアイドル活動をプライベートまで広げてSNSしなくてはならず、オタク側も趣味で生活の一部であるべきがほぼ生活の全部にされている
アイドル活動、アイドル支援はそういうものだと盲信させる商法ですね
あまりに目に余る事態が多くなればマルチ商法と同じように法的規制が必要です

投稿: | 2019/05/04 09:08

ジャニーズのファン達も、厳しい内部ルールがあるらしいですよ。
出待ち等は「○時まで」と決められていて、ファンは、「○時までには帰宅する」など。

投稿: ARI | 2019/05/05 18:48

名無しさん、ARIさん、おはようございます。

これまで、事件の首謀者達はファンの延長なんだろうと考えていましたが、文春オンラインの記事を読んで、事情が違う事がわかりました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00011541-bunshun-ent

アイドルを仕事にするのをアイドル業と呼ぶなら、ファンを仕事にするファン業みたいな物がある印象ですね。

ファンがアイドルを応援するのとは、目的がそもそも違うのかもしれません。

従来の芸能事務所などはこのあたりを、ファンクラブのルールなどで表面化しないように制御していたんでしょうね。

投稿: ASKA | 2019/05/06 08:55

ファン業、おそらくはダフ屋等のチケット入手ルートの一つってところでしょうか。
インターネット上では、暴行した人物はAKSのスポンサー企業の関係者ではないかとか、裏社会関係じゃないかとか、色々と噂が飛び交っていますね。
単なるファンの暴走であれば「ストーカーによる自宅玄関での暴行事件」として考えるべきだと思っていました。
敵対する相手への暴力であれば「計画的な恐喝・傷害事件」として考えなくてはならないですね。
どちらにしろ、住所流出経路解明とその取り潰しは必要ではありますが。

AKBグループで言えば、過去には握手会での傷害事件もありましたし、暴言によってメンバーに自分を印象づけようとするトラブルも話題になったことがあります。メンバーの自宅住所を入手し、勝手に転送届け出してメンバーへの郵送物を自宅宛にさせていた窃盗事件もありました。
このようなトラブルが過去AKBグループ内であったのですから、個人情報を管理しメンバーを守る意識を運営会社は持っていなければならないでしょう。

被害者は他事務所へ移籍し、NGTも再出発を目指しているとのこと。
再発防止策はきっちりとしてもらいたいところです。

投稿: つれづれ | 2019/05/27 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世田谷一家殺害事件再考その189(翌日風呂窓逃亡説は崩れるか?) | トップページ | 世田谷一家殺害事件再考その190(この事件、ゼロはゼロじゃない) »