« 兵庫県淡路島洲本市連続5人殺害事件その2(一審判決 死刑) | トップページ | 山口県周南市連続5人殺人事件その8(上告棄却 死刑確定) »

2019/08/07

兵庫県淡路島洲本市連続5人殺害事件その3(控訴審)

こちらの控訴審も見逃していました。
***控訴審初公判(2018年9月28日)***
 
控訴審初公判が9月28日、大阪高裁で開かれた控訴審の初公判で弁護側は1審判決には事実認定の誤りがあると主張し、検察側は控訴を退けるよう求めたとのこと。
 
 また、大阪高裁は被告の精神鑑定を行うことを決定。 被告は今後3度目となる精神鑑定が行われ、犯行時の責任能力の有無が調べられるとのこと。
 
 ***第二回公判(2019年7月17日)***
 精神鑑定を実施した医師が証人として出廷し、1審が認定した病名とは異なり、被告は「妄想性障害」だったとする診断結果を明らかにしたとのこと。
 
弁護側証言
医師は、被告が向精神薬の服用による精神疾患だったとする1審の鑑定結果を否定した。
 
「電磁波兵器による攻撃を受け続けていた」とする被告の発言などから「妄想性障害に罹患していた」と指摘したとのこと。
事件に「妄想は圧倒的な影響を及ぼしていた」と指摘したとのこと。
 
証人尋問で女性医師は、同被告が「電磁波攻撃から身を守る」などと主張した動機について「被害妄想しか考えられない」と指摘。妄想と本来の人格についての、どちらがどの程度事件に影響したかは「はっきりと分けては言えない」としたとのこと。
 
検察側証言
検察側の証人として1審で精神鑑定を実施した別の医師も出廷し、改めて被告は薬剤性の精神疾患だったと証言したとのこと。
 
「妄想は著しい影響を与えたが、人格機能は残っていた。病気は行動をコントロールできないほど重度ではなかった」と改めて述べた。
 
高裁はこの日、女性医師の鑑定書と男性医師の意見書を証拠採用した。次回公判は9月18日で被害者遺族が意見陳述し、同30日に結審する予定とのこと。
 
こんなところですね。
控訴審初公判の後に3度目の精神鑑定をうけていたので、第二回公判まで時間がかなり空いてしまったんですね。
どうも、精神鑑定の結果で弁護側と検察側の証言が対立していますね。
責任能力の有無の判断によって、結果が大きく変わります。
 
今後の公判に注目しましょう。
 

|

« 兵庫県淡路島洲本市連続5人殺害事件その2(一審判決 死刑) | トップページ | 山口県周南市連続5人殺人事件その8(上告棄却 死刑確定) »

コメント

ASKAさんは一審判決と控訴審での精神鑑定開始について最初の事件の記事のコメント欄に書いてましたよー
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2015/03/post-4d95.html の
2017/03/22 19:07と2018/09/28 19:32ですね

投稿: つれづれ | 2019/08/25 00:52

つれづれさん、こんばんは

復帰後に急いで書こうとして、確認が漏れたようです。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: ASKA | 2019/08/27 19:10

***第三回公判(9月18日)***

1)犠牲者の遺族4人が意見陳述

事件で母と兄夫婦を奪われた女性は「人を殺していいはずがないし、刑を減らされるような事情とはとても思えない」と訴えたとのこと。

女性は「被告や(被告の)親族から謝罪はおろか、一本の連絡もない」「私たちの家族を戻してほしい」などと死刑判決を求めたとのこと。

2)次回公判はは9月30日の予定
(次回で結審の予定)

遺族としては、死刑以外の判決は無いでしょうね。
ただ、今回の精神鑑定の結果が量刑にどう影響するのか?
公判の行方に注目ですね。

投稿: ASKA | 2019/09/19 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兵庫県淡路島洲本市連続5人殺害事件その2(一審判決 死刑) | トップページ | 山口県周南市連続5人殺人事件その8(上告棄却 死刑確定) »