« 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その7(二審判決懲役16年確定) | トップページ | 兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その5(上告棄却 無期懲役確定) »

2019/08/07

JR目黒駅眼突き事件

東京都品川区のJR目黒駅近くの路上で7月4日午後8時40分ごろ、50代の男性会社員が面識のない男に傘のようなもので目を突かれ、けがをする事件が起きている。
 
男はそのまま逃走。男性は入院中で片目を失明する恐れがあるといい、警視庁大崎署が傷害事件として男の行方を追っているとのこと。
 
発生から19日後の23日、会社員の男性容疑者(47)が殺人未遂の疑いで逮捕された。
 
事件が起きた日は、朝から雨が降っていたが夕方になるとやみ、通行人の多くは傘をささず手に持っていたとのこと。
そして午後8時40分頃、JR目黒駅前の路上で事件は起きた。
 
容疑者はこの交差点で、タクシーを待っていた男性会社員の右目を傘で刺し、その後、電車に乗って逃走したとみられているとのこと。
 
男性会社員は、右目を失明する重傷を負った。
容疑者は犯行後、JR目黒駅と反対の方向に逃走したが、その後、電車に乗って逃走していたと判明。
 
周辺の駅やコンビニの防犯カメラに、傘を持った容疑者に似た男が映っていたことから、捜査線上に浮上したとのこと。
 
東京・港区内にある、容疑者の自宅では、7月23日朝に家宅捜索が行われ、傘が複数押収されたとのこと。
 
容疑者と男性に面識はなく、通行中になんらかのトラブルがあったとみられている。
調べに対し、容疑者は容疑を否認。
 
「トラブルになった時、傘が当たったかもしれない」と供述しているとのこと。
 
逮捕容疑は4日午後8時40分ごろ、JR目黒駅近くの路上で、男性会社員(53)の右目を傘のようなもので突き刺して失明させ、頭の骨を折るなど重傷を負わせたとしている。
 
大崎署によると、容疑者は容疑を否認し、「トラブルになった時、傘が当たったかもしれない」と供述している。男性は当時、帰宅途中でタクシー待ちをしていた。23日も入院中とのこと。
 
容疑者が「仕事の帰りに目黒に来た」「被害者の男性と体が触れてトラブルになった」などと話しているとのこと。
 
こんな事件ですね。
発端は些細なトラブルのようなんですが、結果が重大ですね。
傘を使わなければ、こんな事にはならなかったのでしょうが、激して我を忘れたのかな?
 
いずれにせよ、カッとなっても、行動を起こす前に一呼吸置いた方がよいですね。
 
続報を待ちましょう。

 

|

« 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その7(二審判決懲役16年確定) | トップページ | 兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その5(上告棄却 無期懲役確定) »

コメント

東京のJR目黒駅前で男性が傘で目を突き刺されて失明した事件で、東京地検は逮捕された男を傷害の罪で起訴しました。

殺人未遂の疑いで逮捕された男について東京地検は8月9日、殺意の有無などを考慮し、傷害罪で起訴したとのこと。

投稿: ASKA | 2019/08/12 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山県紀の川市小5男児殺人事件その7(二審判決懲役16年確定) | トップページ | 兵庫県神戸市長田区不明女児バラバラ事件その5(上告棄却 無期懲役確定) »