« 山形県東根市女性医師殺害事件その2(7月1日までの報道) | トップページ | 群馬県高崎女子中学生誘拐監禁事件 »

2019/08/09

神奈川県川崎市多摩区無差別殺傷事件その5(6月28日までの報道)

1)神奈川県警は6月7日、負傷した18人のうち、新たに女児1人が重傷だったと明らかにした。重傷者は保護者の女性(45)と女児3人の計4人となった。
 
2)県警によると、伯母は1月2日と7日に「自立してはどうか」という趣旨の手紙を渡した。容疑者は8日、「自立しているじゃないか」と反論。2日の手紙はビリビリになって家の中で見つかったとのこと。
 
3)容疑者は2014年ごろ、約70万円を遺産相続。事件当時は約10万円を所持し、本人名義の銀行口座に約24万円が残されていた。普段は伯父伯母に小遣いをもらうなどして生活を続けていた。交友関係も確認できていないとのこと。
 
時系列を更新
小学校時代 両親が離婚し、伯父に引き取られて、伯父夫婦とその子供2人との生活が始まる。
小学校を卒業
中学校を卒業
その後(同級生が高校1年の時)、同級生に職業訓練校に通っていると話す。
中退なのか?高校に進学していないのか?不明
その後の詳細は不明だが、事件前、長期間仕事をしていない。
2009年頃 最後の医療機関の受診
2017年
11月   同居する伯父夫婦が市に相談する、2019年01月までに計15回
2018年
06月   自宅に訪問介護が始まるが特に問題はなかった
2019年
01月02日 将来を心配した同居する伯父夫婦が容疑者に1回目の手紙を渡す
01月07日 将来を心配した同居する伯父夫婦が容疑者に2回目の手紙を渡す
01月08日 自分は引きこもりでは無いと口頭で回答(これが最後の接触)
02月   町田駅前の量販店で柳刃包丁2本を購入、2本で約3万円。
05月24日 容疑者と見られる男性が、現場の下見をする様子が防カメに映る。
05月25日 カリタス小が運動会
05月27日 カリタス小は振り替え休校(この日は防カメに容疑者らしき人物は写っていない)
05月28日
07:00頃 容疑者と見られる男性が自宅を出る。
その後  最寄り駅の小田急線よみうりランド駅から電車に乗る。
その後  登戸駅で下車
07:25分 最初のスクールバスの送迎が始まる(計8本がピストン輸送する)
その後  5本目のバスが発車
07:35頃 容疑者が登戸駅に到着
直前   6本目のバスに乗車が始まった。
07:40頃 事件発生
最初の男性を4回刺す、次の女性を刺す、そして児童の列を襲う、最後に自分の首を切る、この間、十数秒
07:45頃 通報多数
07:50頃 7便目のバスが到着した時には犯人は倒れていた。
08:20頃 現場に救急車が到着しはじめる。
09:20頃 カリタス小学校が保護者に緊急連絡メール発信
10:40頃 容疑者が死亡。
05月29日 容疑者宅に家宅捜索が入る。
 
こんなところですね。
7月以降報道も途切れましたね。
動機も全く謎のままですね。
 
まー事件前から準備していた様子なので、計画性があると言う事は言えると思うのですが・・・
容疑者自身が「死にたい」とか「人生をリセットしたい」と思うような状況だったのか?
明確にそれを裏付けるような情報は無いですね。
 
この容疑者は引きこもり状態なので、外部との接点もほぼ無いですよね。
同居する人間ともルールを作って交流が無いようにしているから、基本的に人間関係でのトラブルや軋轢と言うような物はなかったと推測します。
 
原因が外部の要因でなければ、内部、つまり容疑者自身の内面の問題だったのかな?と推測しています。
ここからは妄想なんですが・・・
 
容疑者は現在の自分自身の在り方を許容できなくなったのかな?と考えています。
 
不登校などもあったけど、一時は独立して雀荘などで仕事もしていた。
その後、理由は不明だけど叔父宅に戻り、同居、引きこもり生活が始まる。
(このあたりは週刊誌の報道です)
それでも、本人はその生活になじんで、それで良いと考えていたのかもしれません。
生活にも困らないし、人間関係も仕事のトラブルもない。繰り返される日常は楽園だったかもしれない。
 
ところが、叔父夫婦から自立を催促される。
理由は高齢の為・・・この生活ができなくなると知った時、自分自身の人生を振り返って、子供の頃、夢見た将来像と全く違う自分に気づいてしまったんじゃないかな?
 
その上、これから人生をやり直す事もできないと絶望してしまった。
 
あとは、人生をリセットする為の計画を遂行する事が人生の目的になってしまったのかもしれませんね。
 
全くの妄想ですけどね。
 
まーとりあえず、孤独からの救済がこの事件を防ぐ鍵だったのかもしれませんね。
この容疑者の人生の岐路は自立した生活から、叔父夫婦の家に戻った時なんだろうと思います。
雀荘がつぶれるとか理由があったのかもしれないけど、そのまま仕事を続けていれば、貧しくても自立した生活を続ける事ができたと思うんですよね。
 
小中学校の様子を見る限り、それなりに、世の中を渡っていける、物は持っていたように思うのですが・・・
 

|

« 山形県東根市女性医師殺害事件その2(7月1日までの報道) | トップページ | 群馬県高崎女子中学生誘拐監禁事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形県東根市女性医師殺害事件その2(7月1日までの報道) | トップページ | 群馬県高崎女子中学生誘拐監禁事件 »