« 愛知県名古屋市インコ虐待事件 | トップページ | 岐阜県岐阜市猫虐待事件 »

2019/08/05

福岡県北九州市猫の島虐待事件?

北九州市小倉北区の離島・馬島(うましま)で、個体数が5年前に確認された約90匹から、30匹程度まで急減していることが判明したとのこと。
不審な餌が散布され、不自然に苦しむ猫の目撃情報があるため、管理に関わってきた保護団体などは虐待の可能性があるとして、刑事告発や緊急保護を検討しているとのこと。
 
馬島は小倉港から約10キロの響灘(ひびきなだ)に浮かぶ周囲5・4キロの島で、14世帯約30人が暮らしている。
元々猫が多かったが近年は住民の倍以上に増え、ふん尿の臭いや踏み荒らしなど畑の被害もあったことから、福岡市の市民団体が不妊手術を提案。2014年に島で確認された約90匹のうち、高齢猫などを除く79匹を手術したとのこと。その後は島外から餌の支援を受けるなどして島ぐるみで地域猫を守り、隠れた名所として観光客が訪れるようになったとのこと。
 
ここ数年、元気だった猫が島民の目の前で泡を吹いて倒れたり、若い個体の死骸が沖合で見つかったりする事態が起きるようになったとのこと。
17年9月には港近くの集会所の半径30メートルほどの範囲で、死んでいたり瀕死(ひんし)状態だったりしている5匹が一度に見つかり、結局5匹とも死んだとのこと。
昨年10月と今年5月には青い薬品のようなものが付着した魚の切り身が畑や漁協事務所前など島内の数カ所に置かれていたとのこと。
 
こんな事件ですね。
今のところ、虐待事件と断定されていませんが・・・
情報を見る限り、誰かが毒餌で駆除しているように見えますね。
島内の猫はほぼ、不妊手術がされているので、頭数はコントロールされていたと思います。
しかし、それでも、90匹という数字は、人口30人に対して3倍ですから、多かったでしょうね。
 
駆除が動機なら、島外から、わざわざ島に毒餌を持ってやってきて駆除なんてのは、ちょっと考えにくいですよね。
そうすると、島内で猫を迷惑に感じている人の犯行の可能性が高いのかもしれませんね。
 
今のところ、刑事告発などはされていないのかな?
 
保護して観光資源か?それとも害獣か?
観光資源にするなら、誰にも迷惑にならないような仕組みや方法が必要かもしれませんね。
 
いずれにせよ、続報を待つしかないですね。

 

|

« 愛知県名古屋市インコ虐待事件 | トップページ | 岐阜県岐阜市猫虐待事件 »

コメント

猫を殺傷したなどとして、動物保護団体が島民の男性を告発したとのこと。

告発状では、島に住む男性が5月、猫のえさ場に青い薬品のようなものが付いた魚の切り身を置くところを目撃され、その後、猫2匹が瀕死の状態で見つかったとしているとのこと。

告発された男性は家族に「カラス除けのために農薬を塗った切り身を置いたが、猫を殺すためではない」などと話しているとのこと。

ちょっと微妙なところですね。
カラスが死ぬなら、猫も死ぬと言う理屈が理解できていないのか?
90匹の猫が半減していると言う事なので、毒餌を撒いたのは1度や2度じゃないでしょう?
その間に猫が減っている事、猫が死んでいる事に気付かなかったのか?

いずれにせよ、小さい島の中の事ですから、うまく収まって欲しいですね。

投稿: ASKA | 2019/10/15 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛知県名古屋市インコ虐待事件 | トップページ | 岐阜県岐阜市猫虐待事件 »