« 多摩動物公園サイ飼育員死亡事故 | トップページ | 神奈川県相模原市緑区墓地女性遺体遺棄事件その2(Sの一審判決) »

2019/09/06

神奈川県平塚市高浜台新妻殺害事件

6月27日午前8時半ごろ、神奈川県平塚市高浜台の海岸で女性がうつぶせで浮いているのを発見する事件が起きている。
 
119番通報を受け、消防が女性を病院に運んだが、死亡が確認されたとのこと。
 
同日夜、この女性の関係者を名乗る男性が神奈川県警に出頭したことが判明。県警はこの男性が何らかの事情を知っているとみて、事情を聴いているとのこと。
 
女性は海岸の波打ち際で見つかった。
女性の両足は太ももから下がなかった。
女性の身元は捜査中だが、成人とみられる。
衣服は身につけていなかったとのこと。
遺体の腐敗はあまり進んでいなかったといい、首の周辺には変色した痕跡があったとのこと。
 
神奈川県警は6月28日、死体遺棄の疑いで、川崎市宮前区、会社員男性容疑者(26)を逮捕した。
 
県警によると、遺体は男性の妻(26)と判明した。容疑者は27日夜、川崎市内の警察署に「遺体を海に捨てた」と出頭し、県警が事情を聴いていたとのこと。
 
逮捕容疑は27日午前2時15分ごろ、平塚市の海に妻の遺体を遺棄した疑い。「間違いありません」と容疑を認め、「両脚を切断した」と供述しているとのこと。
 
出頭した26歳の男が「上から目線が嫌で殺した」などと話しているとのこと。
 
遺体は全裸の状態で両足がひざの上辺りで切断されていた。
捜査関係者によると男が任意の調べに対し、両足の切断については「スーツケースに入れやすくするためにやった」と話し、犯行については「上から目線に耐えられなくなった」と話しているとのこと。
 
遺体を遺棄したのは26日深夜から翌日未明の間と説明している。
 
容疑者は調べに対し、「スーツケースに遺体を入れて海岸まで運んで遺棄した。両足を切断した」と容疑を認めているとのこと。
 
動機については「妻の、他人を見るような目に耐えきれなかった」と話している。
 
容疑者は27日夜、出頭し、「罪悪感に耐えきれなくなった」という趣旨の話をしたとのこと。
 
容疑者は妻の足を切断したうえ、体をスーツケースに入れて車で海岸まで運び、海に遺棄したとみられる。片方の足の一部は付近の海上で見つかったとのこと。
 
容疑者は妻と2人暮らし。
 
遺棄現場から直線距離で約40km離れた自宅アパートの検証で、警察は、スーツケースのような灰色の箱を押収。
 
容疑者は「遺棄に使ったスーツケースを部屋に持ち帰った」と話しているとのこと。
 
近所の人によると新築まもないアパートで2人が暮らし始めたのは約半年前。
 
容疑者が「タクシーに乗って遺体を運んだ」「沖まで泳いで遺体を捨てた」という趣旨の供述をしている。
 
司法解剖の結果、妻は首を絞められたことによる窒息死の疑いがあるとのこと。
 
自宅の家宅捜索で人の右足のようなものが見つかっていたとのこと。
 
容疑者には数百万円の借金があり、事件の少し前には妻のクレジットカードを無断で使っていたことをとがめられていたとのこと。
 
「処理するために切断したが、処理できなくて捨てた」などと供述しているとのこと。
 
容疑者は県警に対して、数カ月前まで定職につかず、自身や妻のクレジットカードのキャッシング機能などを利用して数百万円の借金があったと説明したとのこと。
 
夫婦でためたとみられる結婚式や新婚旅行の費用も無断で使い込んでいたとのこと。
 
今年6月、借金や使い込みが妻に知られ「結婚する気があるのか」と怒られた一方、「2人でやりなおそう」とも諭されたとのこと。
 
容疑者はその後の取り調べに、金融機関から数百万円単位の借金があるうえ、数カ月前まで妻に「働いている」などと嘘をつき、定職に就いていなかったと供述しているとのこと。
 
借金返済のため、妻のクレジットカードを無断で使って現金を引き出したり、結婚式や新婚旅行に使う予定だった資金を使い果たすなどしていたとのこと。
 
神奈川県警捜査1課は7月18日、殺人容疑で川崎市宮前区神木本町の会社員、男性容疑者(26)=死体遺棄容疑で逮捕、処分保留=を再逮捕したとのこと。
 
再逮捕容疑は6月25日ごろ、自宅寝室で就寝中だった妻(26)の首を両手やビニールひもで絞めるなどして殺害したとしている。
 
容疑者は足について「ノコギリで切断した」などと話しているとのこと。
 
時系列
01月頃? 自宅アパートに引っ越す
06月中旬 借金や使いこみが発覚
06月26日
深夜から27日未明の間で遺体を遺棄
06月27日
08:30頃 遺体を発見
夜    容疑者が出頭、遺体は妻
06月28日 容疑者を死体遺棄の疑いで逮捕
07月18日 殺人容疑で再逮捕
 
こんな事件ですね。
まーひどい事件ですね。全く身勝手な犯行です。
結婚資金を使い込んで、それでも「一緒にやりなおそう」と言ってくれた奥さんは、立派な女性だったと思います。
普通なら即離婚ですよね。
 
動機が「他人を見るような目に耐えきれなかった」と言う事ですが、やり直そうと言っても、前向きな態度が見られなかったから、そんな目で見るようになってしまったのではないのかな?
 
で、殺害して運搬の為に一部を切断、海に運んで遺棄したけれど・・・遺体が発見されたので自首したんですよね。理由は「罪悪感に耐えきれなくなった」と言う事なんだけど・・・ちょっと違和感があるんだけど・・・
 
遺体は全裸でした。スーツケースに入れる為に足を切断は分かるけど、全裸にする必要があるのかな?
どうにも、妻に対する愛情が感じられないんですよね。
 
そもそもで言うと、二人は結婚していたんですよね。それで、結婚資金を貯めていたと言う事だから、婚姻届けをだして一緒に住むようになったけど、式や披露宴などはお金を貯めてからやろうと言う話だったんですよね?
 
ところが、数か月前から無職だった。その上、多額の借金があったというあたりが大きな疑問です。
この借金は入籍前からあったのではないの?
仕事も入籍の時にはしていたのか?
 
妻が言ってますが「本気で結婚するつもりがあるのか?」ですよ。
もしかすると、借金を返済する為に利用したのでは?と勘ぐってしまいます。
 
この容疑者は世間で言う「ダメンズ」と言う事なんでしょうが・・・
特に女性は結婚相手は慎重に選んで欲しいと思います。
 
亡くなった女性のご冥福をお祈りします。

|

« 多摩動物公園サイ飼育員死亡事故 | トップページ | 神奈川県相模原市緑区墓地女性遺体遺棄事件その2(Sの一審判決) »

コメント

グータラな男ですな。自分は全く努力も我慢もせずに他人のせいにするガキの腐ったような人間だ。奥さんは真面目な人なのだろう。年上かもしれない。
身勝手すぎるし、厳罰に処すべし。

投稿: 空き地 | 2019/09/07 00:35

空き地さんへ

同感ですね。経済的に追い詰められて、藁おも掴むと言うところだったのかもしれませんが・・・それでも、結婚を利用しようとしたのなら、許せませんね。

投稿: ASKA | 2019/09/07 08:55

真面目で努力家でしっかり者の女性がダメ男に夢中になるというケースは多いですね。その逆も多数見聞きします。真面目で優しい男性が見た目が綺麗なだけで人としてはどうしようもない女性に夢中になる。恋愛感情は強いパワーで理性の支えを吹き飛ばす。この加害者の外見は知らないけど、環境によっては、外見の良さが人格形成に悪い影響を与えるコトがあるのかもと思うコトがあります。子供が周りにちやほやされるような可愛い子に生まれて来たら特に育て方に気をつけなければいけないのかも…

投稿: まーぷる | 2019/09/15 17:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多摩動物公園サイ飼育員死亡事故 | トップページ | 神奈川県相模原市緑区墓地女性遺体遺棄事件その2(Sの一審判決) »