« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その2(続報) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その4(犯行時刻) »

2019/09/25

茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その3(犬の鳴き声)

1)近隣住民らによると、現場住宅は東側の道路から敷地に入り、60メートルほどの道で家屋に向かうことができるほか、北側の釣り堀そばからも家屋へと続く約20メートルの細い道があったとのこと。
 
今年に入り、細い道の入り口付近にひもをかけて通れないようにしていたとのこと。近隣住民は、妻が「変な人に入られたら嫌だから」と話していたとのこと。
 
近隣住民は「細い道を通ると飼い犬がほえないため昨年まで使っていたが、今は草が生え、けもの道のようになっているとのこと。
 
2)捜査本部は9月24日、司法解剖の結果、夫は胸を刺され、妻は首を刺されたことによるいずれも失血死だった、と死因を発表した。
 
3)捜査関係者によると、敷地内に家族や通報を受けて駆け付けた警察官、消防関係者以外の靴の足跡があったとのこと。タイヤの跡もあったとのこと。
 
4)長男と次女が「寝ていたら、いきなり無言で襲われた」と話している。通報を受けて警察と消防が現場に駆け付けた際、2人は子ども部屋にとどまっていて、「怖くて動けなかった」と話しているとのこと。
 
5)現場住居から20メートルほど離れた駐車場脇で、犯人が使用した可能性があるスリッパが見つかったが、捜査関係者によると、臭いをかいだ警察犬は、スリッパが落ちていた場所よりも先に進まなかったとのこと。
 
6)長男と次女が「帽子をかぶりマスクをした人に襲われた」と話しているとのこと。
 
7)当時、現場住居は1、2階とも複数のドアや窓に鍵がかかっていなかったことがわかっているとのこと。
 
8)遺体のそばには妻が通報に使った固定電話の子機が落ちていたとのこと。
 
9)住宅前を映した防犯カメラ映像によると
パトカーが午前1時40分ごろ、住宅に向かう。
その後、救急車が3台、住宅から出て行く様子が写っていたとのこと。
 
10)付近の住民らによると、被害者方周辺は犬を飼っている家庭が多く、人が通りかかった場合などは鳴き声が響き渡ることが多いとのこと。
 
「誰かが被害者方に出入りしたのなら、鳴き声が聞こえてきそうなものだが、あの晩は全く耳にしなかった」とのこと。
 
11)被害者方から約1キロの場所に町が設置した防犯カメラがあり、23日未明の様子を収めた映像が残されているとのこと。
 
12)捜査関係者によると、夫の胸の傷は肺まで達するほど深かったとのこと。
腕などには争ったような傷もあった。
 
13)妻は通報の際、「痛い」と5回にわたって連呼していたとのこと。
 
また、電話口では物が落ちる音も聞こえ、妻は自分の名前をかろうじて答えられるような取り乱した様子だったとのこと。
警察は、妻が通報中にも襲われていた可能性が高いとみているとのこと。
 
警察官が「救急車を呼びますか」と問いかけると、いったんは「いらない」と返答。しかしその後、「やっぱりいる」と答えたとのこと。
 
その後、県警が被害者方に電話をかけ直しても、応答はなかったとのこと。
別の報道では
1分程度で電話が切れたため、県警から被害者方に電話したものの、応答がなかった。
 
14)1階の部屋に犯人が立ち寄った形跡がないとのこと。
 
時系列
09月23日
00:40頃 110番通報
00:42頃 県警が電話をかけなおすが、応答なし。(時刻はASKAの推定)
その後  駆け付けた警官が2階寝室で夫婦の遺体を発見
01:40頃 パトカーが現場へ向かう映像が防カメに写る
その後  救急車3台が現場から走り去る映像が防カメに写る
 
こんなところですね。
色々と犯人像につながるような情報が出てきましたね。
犯人の移動経路が報道されていないのですが、「被害者宅の犬が吠えていない」のは「細い道」を使ったと言う事なのかな?
 
そして、進入口が1階か?2階か?の報道も無いのですが、1階から侵入したとすれば、どうして夫婦の寝室を最初に襲ったのか?が疑問です。
最初から夫婦の寝室が2階にある事を知っていたのか?
 
ただ、夫婦殺害が目的なら、長男と次女を襲う事が説明できないのは(速報)でも書いた通りです。
 
次に帽子にマスクと言う地味でいて、不自然じゃない変装ですね。
 
手袋をしていたのか?は報道がありませんが、夫婦の襲撃で相当な血を浴びているので、手は血に濡れていたでしょう?その手で、2階の子供部屋に侵入しているで、ドアや取っ手に血液指紋か?手袋痕が残っていると思います。
 
まー、帽子、マスク、凶器、催涙スプレーと襲撃の準備をしているので、手袋もしていても不思議じゃないですね。他には、上半身を中心に顔や頭も切り付けている事を考えると、犯人も手に怪我をしている可能性もあります。
 
犯人の血液が現場に残っていれば、DNAが取れますね。他には「汗」も残っているでしょう。
毛髪は帽子をしているので難しいかもしれません。
 
それから、県警が通報後に電話をかけなおしているんですよね。
普通に考えれば、通報の直後にかけなおしていると思います。
 
つまり、犯人が子供部屋を襲撃している時に電話が鳴っていたと推測しています。
犯人はその電話の音を聞いていたと思うんですが・・・それでも、子供部屋を襲撃しているのが妙ですよね。
一方で、子供部屋の襲撃を途中で中断して逃走しているのも、また妙ですね。
やはり、この時点で方針の変更があったんでしょうね。
 
他には、長男の証言で「暗くて顔は見えなかった」ここなんですが・・・犯人の攻撃が的確なのが説明できません。
もし、真っ暗な中での犯行なら、犯人は手探りで刺す事になり、手や足だけを刺すなんて事はできないでしょうね。
なので、事件当時、部屋はベビー球などの暗い照明があって、物の判別ができるくらいの明るさはあったと思うわけです。
 
長男の「暗くて顔は見えなかった」は帽子の影で目のあたりは良く見えなかったと言う意味だと思います。
 
最後にもう一つ「なぜ、無言なのか?」当たり前と言えば、当たり前かもしれないけど、妻の通報中、犯人の声も電話には入っていなかったんでしょうね?
 
つまり、終始無言なんですよね。
変装で顔を隠し、言葉も発しない・・・顔見知りなら、当然ですけど・・・
他には、声で犯人像が分かってしまう場合でしょうか?
 
例えば、外国人、日本人でも地方のなまりが強い場合などが考えられますね。
 
ただ、犬が吠えない経路を知っていて、夫婦の寝室を最初に襲ったのが偶然で無いなら、やはり、顔見知りの犯行の可能性は強くなるかもしれません。
 
しかし、例外と言うか別の見方もできて
営業マンや工事業者で現場に出入りする人間もこのあたりの情報を知っている可能性があります。
2006年6月に72歳の老女が出入りのリフォーム業者に殺害される岡山老女殺害事件が起きています。
特殊な事例では2015年9月の警察官による強盗殺人事件、埼玉県朝霞市根岸台男性事件なんてのもありますね。
 
残るは犯人の車(乗り物)が大きな手掛かりになるかもしれませんね。
田舎道だけど、通報されている事を知っていて、回り道をできるほど、冷静でいられたか?は微妙ですよね。
現場から最寄の消防署まで車で16分程度です。
現場から最寄の駐在所は車で7分、通報直後に出発していれば、犯人にはサイレンの音が聞こえていたかもしれませんね。
 
犯人逮捕に期待しましょう。
 

|

« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その2(続報) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その4(犯行時刻) »

コメント

こんにちは。いつも興味深く見させていただいてます。 犯人は何故、家族全員が就寝したとを分かりえたのか?
(部屋の灯りが消えていても、ご夫婦が寝ているとは限らない)盗聴器?家族が寝静まるまで家の近くで息を潜めていた?(その場合、リュックサック等に凶器やスリッパ、懐中電灯などを入れカッパを着ていた可能性も)
ちなみに真面目にコメントしていますが。犯人は家族構成を知っている可能性が高いと思います。もし、超DQNの兄弟姉妹が暮らしていた場合、返り討ちか被疑者死亡で送検送りかな?(だからこそ確実に下調べはしていると)
犯行後、ビニール袋に凶器・血の付いた服・手袋?を入れたのちに逃走・・・

投稿: 指摘マン | 2019/09/26 16:48

現場をグーグルマップで見たところ
周囲に畑しかないようなのどかな地域であり
侵入ルートが「細い道」を使ったとするなら
たまたまこの被害者宅が選ばれたとか
無差別に選んだ結果だったとかいう可能性は低いと思われるので、犯人は被害者宅周辺に土地勘があったんでしょうね。で、おそらく犯人は1人で逃走に車を使っている事を考えると、徒歩圏内の住民とかでもないのでしょう。
そして侵入ルートが1階か2階かわかりませんが
私は当初、偶発的に暗闇の中で両親と遭遇し
他の目的(窃盗や1階の娘の性的略取など)を果たす前に
予想外の乱闘になった可能性も考えていたのですが
両親の傷の深さや倒れていた場所は布団の上というのを考えると、真っ先に両親の寝室に向かい
寝ている両親に向けて攻撃を開始したのがスタートかと思われ、明確な両親に対する殺害意思が感じられます。
ところが、その後、母親が通報しているにも関わらず、
(いつ警察が到着するかわからないのに)
子供たちが飛び出してきたわけでもないのに
わざわざ寝室へ移動して中途半端に負傷させたり
催涙スプレーを吹きかけたりしている。
ここにちょっと矛盾を感じるわけです。
「両親の殺害」が目的ならば
目的を達成したらすぐ逃げればいいし
逃走の邪魔をされたので返り討ちにしたとか
目撃されたので口封じに殺そうと思ったとかなら
わかるのですが、時間が残り少ない中で
わざわざ中途半端に子供らを嬲るように攻撃している
一家や両親に対する怨恨による犯行ならば
こんな中途半端な事するかなあ?と。

なので、もしかしたら一家の中に誰か面識のある
人間がいたのかもしれないけども
それは一方的なものだったりして
家族の誰かが殺せればよかった、とか
たまたま誰かを殺したくなったが
土地勘のある一家の家が特に理由なく選ばれた
快楽殺人系の要素が強いのかなあと思って見たりしました。
だとすると「無言で襲った」という部分もなんか説得力が出てきます。
何らかの恨みがあって襲ったのなら
殺害時に罵ったりとかしそうなものじゃないですか。

少なくとも物盗りがたまたま家族に見つかって居直り強盗になったとか、1階で寝ていた娘が目当てのストーカー殺人とかではないのかな、と。
前者なら家を物色するだろうし
後者なら両親殺害や子供の負傷をさせる以外にやるべき事があるでしょうし。

なのでこの一家を襲撃したのは
「強い怨恨があったから」とかではなく
無差別・快楽的に誰かを殺したい衝動にかられた上で
たまたま何らかの理由でこの被害者宅を知っていた
(訪れた過去があったとか)人物が
「誰でもいいから殺してみたかった」みたいな
理由で襲ったのかなあ…なんて思いました。

車輪跡などの形跡がどれくらい残っているのか不明ですが、仮にバイクで逃走した可能性もあると考えれば
犯人が10代の可能性もあるでしょうしね…

投稿: ヤムチャ | 2019/09/27 02:12

指摘マンさんへ
そうですね、この犯人は催涙スプレーを用意するなど慎重なタイプのようです。
現場の下見と情報収集はしていると思いますね。

ヤムチャさんへ
まー偶然この家を狙ったと言う事は無いと思いますが、快楽殺人目的と言うのも可能性はあると思っています。
ただ、そうすると、次女が催涙スプレーしか使っていない点が微妙に説明が難しいんですよね。
若年者の犯行の可能性は十分あると思いますね。

投稿: ASKA | 2019/09/28 07:32

>次女が催涙スプレーしか使っていない点が微妙に説明が難しいんですよね。

快楽系殺人者だとしたら
「皆殺し」とか「殺人」がメインではなく
「他人をいろんな方法で傷つけたり、恐怖を与える事」が動機だったりした場合、「せっかくだから用意したスプレーを使わないまま帰るのももったいないな」みたいな動機でとりあえず使ってみたって可能性もあるのではないでしょうか。はじめに両親を殺害した時点で「殺し」の経験はできた、もうこれはいいやって感じになったとか?でもまだやりたりなくて中途半端な殺傷・スプレー噴射などをしたのかなあ、と。

明確な殺意とか怨恨が動機のメインだとしたら
両親を殺した時点で通報されてるわけだから
子供に目撃されたとか逃走を阻止されたとかでなければ
構わず逃走するか
逆に自分が警察に捕まるリスクを冒してでも
一家皆殺しを遂行するんじゃないかなあって

投稿: ヤムチャ | 2019/09/28 08:44

こんばんは。いつも興味深く拝見しております。
今年に入って北側の小道にロープを張った。
奥さんの変な人に入られたら嫌だからという発言が
どうにも引っかかっております。
そのロープも決してしっかりとしたものではなく、
心理的な結界になるかな程度の代物です。

テレビで流していた情報ではこの事件と関係が
あるかは不明ですが、以前近隣の家の防犯カメラ
に夜中映った白ずくめの不審者。

こんな田舎で夜中に庭先を徘徊する不審者は
完全にホラーです。
奥さんはそういった怪しい人物の存在を認識して
いたのではないでしょうか?
例えば、そのストーカーのような存在を。

警察への電話で、救急車を一度いらないと発言
しているのも不可解です。

犯人は単独犯。明確な殺意はご主人に対しては
あったと思いますが、あとは成り行きなのかと
感じております。
奥様は二階にいなければ殺されずに済んだかも
しれません。

投稿: 詩的私的ジャック | 2019/09/30 00:02

ヤムチャさんへ
そうですね、私もそう思います。
強い怨恨なら、逮捕されてもかまわないとして、犯行を続行、一家全員を殺害していると思います。

ただ、犯人のタイプ(性格)によっては、そこも見方が分かれるかもしれません。
逮捕されると、次の犯行は絶望的ですが、逮捕されなければ、残りの人間は後で殺害できると割り切ってしまうタイプもいるかもしれませんね。

詩的私的ジャックさんへ
ここが判断の難しいところなんですが、寝室で夫婦が殺害されていて、どうやら先に夫が襲われているので、目的は夫の殺害で、妻は口封じや通報の妨害の為に殺害さrた可能性はあります。

ただ、一方で犯人の狙いは妻で妻を殺害する為に、一番の障害になる夫を先に襲ったと言う可能性もあるかと・・・どちらの場合も可能性はあると思います。

後ろのロープについては、かなり微妙ですよね。
何しろロープなので、乗り越えたり、くぐったり、最悪は刃物で切断されたりしたら、あまり侵入防止の効果は無いような気がします。

なので、昼間にうっかり入ってくるような人物に対しての警告と言うレベルの物かな?と思っているのですが・・・実際、ロープがどう張られていたのか?の詳細が分からないので何とも言えない部分ではありますね。

投稿: ASKA | 2019/10/01 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その2(続報) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その4(犯行時刻) »