« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その10(計画性と犯人像) | トップページ | 福岡県福岡市早良区猫虐待事件 »

2019/10/08

茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その11(共通の恨みと犯人像)

早く目が覚めてしまったせいで、睡眠不足気味です。
とんちんかんな事を書いたらごめんなさい。
 
さて、これまで出ている情報から、動機が怨恨だと仮定して犯人像を考えてみます。
(動機が怨恨と断定できるほど根拠があるわけでは無いです)
ポイントは、被害者夫婦の携帯(スマホ)の通信内容を解析しても、トラブルになるような内容は無い。さらに周辺でも目立ったトラブルは無いと言う事ですね。
 
つまりどんな場合かと言うと・・・
犯人と被害者夫婦は通常の会話やメールなどのやり取りを、最近は行っていないと言う事なんでしょうね。
 
スマホはともかく、周囲でトラブルが無いと言う事は、そのトラブルを周囲が忘れてしまうほど、昔の話と言う事かな。
他には、そもそも、トラブルを公表していない場合の2通りかと思います。
 
でも、公表していないとしても、当事者同士でメールのやり取りぐらいはありそうですよね。それも無いと言うのは、基本的に犯人とは交流が無いと言う事なんじゃないかな?
 
でも、そんな人とどうしてトラブルになるのか?が素朴な疑問ですよね。
 
で、そのヒントになりそうなのが、犯人が夫婦を二人同時に恨んでいたと言う事だろうと思います。
 
つまり、犯人は夫婦二人に共通の恨みを持っていたと言う事なんだろうけど・・・これが難しい。そんな場合ってあるの?って事なんですよね。
 
可能性がありそうなのが・・・
1)金銭トラブル
 夫が誰かにお金を貸したが、妻がそれを止めたとか、その結果犯人が困窮する事態になった。
 
でも、これは秘密にするような内容では無いから、知人友人あたりにこの話をしている可能性が高いですよね。それに、この場合は直接、メールなどで連絡をしているでしょう。
 
2)不倫の清算
 夫婦のどちらかが不倫をして、それを妻か夫に打ち明けて、夫婦協力して別れようとした場合。
 
これも、不倫関係になるぐらいなので、犯人は相手の連絡先を知っているわけだから、通話やメールが無い方がおかしいですよね。
 
で最後に考えたのが
3)夫婦喧嘩の仲裁の逆恨み
これは、犯人夫婦の夫婦喧嘩に被害者夫婦が仲裁に入り、結果的に犯人夫婦が離婚した。
その後、犯人とは音信普通になる。それは、数年も前の事で被害者夫婦も含めて、周囲もすっかり忘れていたが、犯人はそれを恨んでいた。
 
問題は、なぜそれが今、事件になるのか?
離婚した妻が再婚した事で、夫婦関係の修復が不可能になって、絶望したと言うところかな?
 
この場合だと、犯人夫婦に娘がいて、次女への凶器による攻撃を躊躇させた事も説明できますね。
 
それに、この事件を起こすには社会との絆が希薄な人物と言う点も説明できますね。
事件の結果、自分の家族を加害者家族として不幸のどん底に突き落とす事になりますからね。家族を愛しているほど、精神的なブレーキが強くかかるでしょう。
 
他には遺産の相続でトラブルと言うのもありますが・・・
これは、親族間で必ず話題になるので、トラブルとして浮上するでしょうね。
 
と言うわけで、夫婦が共通の恨みを持つと言う場合が他に考え付きませんでした。
まー夫婦といっても、基本的に別々に行動している事の方が多いですからね。
 
とは言え、決め手になる証拠があるわけでもなく、妄想の一つと言うあたりでしょうか。
 

|

« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その10(計画性と犯人像) | トップページ | 福岡県福岡市早良区猫虐待事件 »

コメント

そのように具体的な(一般的に我々が思いつく)動機の他に「両親からしたら些細な事だが、犯人にとっては一方的に恨みを持つ怨恨理由だった」とかもあるかもしれません。
個人的に連絡先を交換したりするような仲でもないし
共通の話題として他の知人との間で話に出るような人物・事柄ではないがトラブルを抱えていた…とか
(まあ、そうなると家族構成や間取りに詳しそうなので矛盾する部分もあるのですが)

出先でちょっと口論になったとか
仕事上(副業など)で犯人からしたら被害者のせいでクビになった、とか損を出したとか
思われてしまうなどの逆恨みとか。
被害者からしたら仲良くしたいと思える人物ではないので連絡先は交換していないが
何らかの接点があり、一方的に恨まれていたとかなら
携帯にやり取りが残っていなくてもおかしくないと思います。
犯人が病的に精神を病んでいて実際は全く関係ないのに「被害者一家のせいだ」などと思い込んでしまっている場合などもこれに当たるかと思います。

投稿: ヤムチャ | 2019/10/08 20:25

別件ですが。
山梨県のキャンプ場で女児が行方不明になって2週間以上が経過しております。
こちら、どのようにお考えですか?

投稿: | 2019/10/08 22:27

初めまして。
通りすがりの者ですが…
ちょっと興味があったのでコメントさせていただきます。

狙われていたのは、実は長女だったのでは!?

犯人は長女の部屋がわからず、ひとまず部屋に侵入したところ、そこは長女の部屋ではなく、夫婦の部屋だった。そこでどんな状況であったかはわからないが、目的(長女)でない夫婦を殺害するしかない状況に陥った。
その後、改めて長女を探しに別の部屋へ行った。が、そこはまたしても長女の部屋ではなく、長男、次女の部屋だった。長女が見つからずイライラしながら長男、次女を傷つけたものの、まだ子供なので、さすがに殺すわけにもいかないという情があり、殺害には至らなかった。

というような事も可能性としてはあるかもしれません。

投稿: すがり | 2019/10/09 22:46

見立て、二階の寝室での犯行は面識のある目的殺人しか考えられない、動機は逮捕されないと分からないが、泥棒でも家族構成わからない深夜の民家には入らないと思う、犬が吠えなかったのは所持を知っていて死角から侵入したのか、家族全員が二階で寝ていると思うかな、犯人の強い覚悟を感じる

投稿: クロ | 2019/10/10 01:45

>クロさん
そうですね。家族の誰か1人(例えば長女だけとか)を狙うのであれば外部で襲ったりさらったりする方がリスクが少なく、深夜の実家に入るリスクの方が圧倒的に大きい。(誰かに逃げられたり殺しそこねれば通報されて本来の目的が未遂に終わる可能性もある)
両親の居場所は知っていて、最低でも父親の殺害は明確な意思があったと思います。
現状、父親はあおむけで倒れていたとの情報から
寝込みをいきなり襲われた可能性が大だし
一番の障害として最初に取り除きたかったとしても
夫婦が寝ているところを襲えば
1人をさほど抵抗なく殺せても
その間にもう1人が大声を出したり逃げ出すリスクもあるわけで、他の家族に犯行発覚のリスクが高まる。
それでもなお夫婦をまっさきに襲ったのは
誰かを探していてとか金品を物色していてとかの
「たまたま」ではない可能性が高いと思います。
(他に目的があるなら寝込みを襲うよりスルーした方がリスクが少ない)

補記・週刊誌ソースなので未確定ですが
長女も実家に住んでおり、「5人暮らし」だったそうです。
実家から県外の大学へ通っていた模様。
彼氏あり。(彼氏も度々自宅を訪れている)
つまり長女はたまたまあの日だけ帰省していたというわけではなさそうです。
となると、家族構成や間取りをおそらくは下調べしていた犯人が
1階の長女をスルーする理由がよくわかりませんね。
(たまたま当日だけいつもは2階で寝ているのに
長女は1階でうたた寝してしまったとかの可能性もありますが)

補記2・室内から土足などの足跡や
泥などの痕跡(当日は周辺はぬかるんでいた)は発見されなかった。(新聞報道)
こちらは確定のようです。

犯行時は裸足・靴下・スリッパのようなものなど
通常の靴跡がつかない状態で犯行を行ったのでしょう。

投稿: ヤムチャ | 2019/10/10 15:48

ヤムチャさんへ
はい、犯人側からの一方的な逆恨みとか、妬み、嫉妬と言うのも十分ありますね。
常識的には無いと思う事も、時々、動機になっていたりしますから、逮捕されて供述を聞くと驚く事がありますよね。

名無しさんへ
女児不明事件の件、とりあえず、取り上げる予定でいますが・・・難しい案件(事件)ですよね。

すがりさんへ
可能性はあると思います。
犯人がどの程度、被害者家庭の事を知っていたのか?と言う事になりますよね。

実際、友人の家でも、中に入った事がなければ、誰がどこで寝ているのか?と言うのは、外からでは分かりませんからね。

クロさんへ
犬が吠えないのは、犬の存在を知っていて、吠えないように侵入する事を知っていたと考えると、ある程度、この家の事を知っていないと難しいと思いますね。

ヤムチャさんへ
5人で生活していたとしたら、長女の存在を知らないと言うのは、顔見知りでは考えにくいですね。
まー、最初からターゲットは夫婦だけと言うなら、アリなんですが、すると子供部屋の襲撃が説明できないんですよね。

投稿: ASKA | 2019/10/10 21:17

見立て、最終決断、夫婦二人暮らしの家ではなく子供もいて普通の家族暮らし、そこに真夜中に夫婦の寝室での殺人事件、その時、妻が通報できたことが納得できない、推測ですがやはり妻だけの交友者しか考えられない、妻の通報に答えが全て、不倫は妻にも都合悪く相手の名前言えなかった、推測ですが

投稿: クロ | 2019/10/12 00:12

台風で一気に報道が少なくなりましたね。

ASKAさんの記事にあるもの以外で夫婦への怨恨が発生するものとしては、大きな金額が動く契約(リフォームや釣り堀関連など)が進んでいたのに他の企業と契約したといった状況も候補に入るかと思いました。
居間などで契約の話をしていて、雑談ついでに犬の話や寝室の話などを被害者側がしていたのかもしれません。
これだと、余程営業側が大騒ぎしない限りトラブルといった形での話題にはなりにくいかと。
その結果、それまでの積み重ねもあり営業成績不振でリストラになり離婚され・・といった転落人生になったなら、逆恨みされる可能性はあると考えます。
次女への危害の少なさの理由は記事の3)と同様です。
催涙スプレーは激しく抵抗された時用に持ち込んでいたのかもしれません。

投稿: つれづれ | 2019/10/13 17:28

犯人は、犬に吠えられないように犬を避けたように見せた。とも考えられますね。実は犯人は犬を知っているし、犬も犯人を知っている。犬にしたら尻尾を振っていらっしゃいの相手。しかし玄関から入り込めば、犬が吠えなかったので顔見知りということがわかってしまう。なので、あえて犬に吠えられるので別のところから侵入という見立てもできるかな。

投稿: 向 彩香 | 2019/10/16 02:44

お邪魔します。この事件の隣町に住んでいます。今日職場の方で、事件が起きた市内に住んでいる方から聞いたんですが、この夫婦はお互いに再婚だそうで
どちらかの元の人と揉めていたみたいと
近所の方が言っていて
近隣の方は疑っているそうです。
ですご、正確な情報とは言いきれませんので参考に…。

失礼しました。

投稿: ココナツ | 2019/10/17 22:32

再婚は間違いです。どこからそんな情報が??

投稿: うわさにまどわされないよう | 2019/10/23 00:13

みなさん、おはようございます。
ココナツさん、うわさにまどわされないようさんへ

再婚説ですが、大手報道では報道されていないですね。
調べると、ほとんどのネット記事も「再婚か?」的な書き方になっているようです。

ガールズチャンネルあたりでは、明確に否定されてますね。多分、別の事件と混同されている可能性が高いのかな。

投稿: ASKA | 2019/10/23 05:58

「共通の恨み」で過去の犯人夫婦(いつのまに妻帯者)の夫婦喧嘩を仲裁して
別れることになって犯人に娘がいたから?て何だか私や誰かがコメントするような
論理展開が意外過ぎましたが、はじめにお断りをいれられていたので読めました。

共通の恨みはもっとシンプル(短絡的)でありがちなコトがありそうですが
例えば交際を反対された等、その辺りを手加減されているように見受けられます。

穿ち過ぎてスミマセン。

投稿: | 2019/10/24 02:26

名無しさんへ

その場合も有ると思います。
ただ、その場合はやはり、周辺や家族間でトラブル情報が浮上すると思いますが・・・

警察が公表していないだけと言う可能性もあるので、なんとも言えない部分ではありますね。
(警察が公表していないのなら、それだけ有力な情報と言う事かもしれませんね)

投稿: ASKA | 2019/10/24 05:50

110通報で奥さんが犯人について何も言わなかったのは恐怖のあまりパニックになっていたからだとしても、犯人が夫を殺害してから奥さんに凶器が向けられるまで少し間があるようなので、全く見たことがない人物ではなかったという印象です。
でも交流はない。奥さんから見て名前と顔は知っているが、ほとんど話したことはない人物。(奥さんの生活圏内にいた人物。以前パートをしていた職場とか。)でもこの男は何度も一人で家を見に来て犬がいるのも知っている。家族構成も、寝室の場所も知っている。
邪魔な恋敵を殺害した後、恐怖にひきつる奥さんに 好きだった とか何とか言ったかも。一家皆殺しにすると意気込んで臨んだが、子供に刃を向けたら殺意が消沈。もうどこかで自殺したかもしれない。
写真拝見すると、奥さんが綺麗なかたなので。一方的な横恋慕ストーカー。コレが私の思う犯人像です。

投稿: まーぷる | 2019/10/29 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その10(計画性と犯人像) | トップページ | 福岡県福岡市早良区猫虐待事件 »