« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その8(空白の9分間) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その10(計画性と犯人像) »

2019/10/07

茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その9(指示の理由)

まずは続報です。
1)長男と次女が「犯人から『ベッドから降りろ』と言われた」と話している。ベッドから降りた長男は腕と両足を切られ、次女は両手にスプレーをかけられたとのこと。
 
2)夫婦はそれぞれの携帯電話で無料通信アプリなどを利用していたが、これまでの解析でトラブルに関連する履歴は見つかっていないとのこと。
 
こんなところですね。
時間が無いので手短に書きます。
 
さて、犯人が寝ている長男に対して、ベッドから降りろと指示して、ベッドから降りた長男が手足を切られていると言う事ですね。
 
このあたり、微妙ですが、降りた後に切られたと仮定して考えましょう。
 
ここで、犯人が長男をベッドから降ろす必要があったのか?と言うのが素朴な疑問です。
もし、長男を殺害するつもりならば、1段目のベッドに横になっている長男の胴体や首を刺せば、目的は達成できたでしょう?
 
もし、タオルケットや毛布をかぶっていたとしても、胴体を狙えば、胸か腹を刺すことで、致命傷になったと思います。
 
なので、犯人がベッドから降りろと指示した理由は殺害ではなかったと思うわけです。
ベッドから降ろす、降りた後は立った状態だったと思います。
 
もし、犯人が非力なタイプだったとしたら、長男と対峙するのは、不利な状態になると思うんですよね。
中1の男子に対して、刃物を持っていると言う状態から犯人に有利である事には変わりはないのですが、長男が寝ている方が反撃を受けにくいと言うのもありますよね。
 
それでも、降ろしたのはベッドから降ろさないとできない事があると言う事でしょうね。
腕を切ったのは戦闘力を奪う為だと思いますが、膝の上を切ったのは歩けなくする為かな?
どちらを先に切ったのか?が知りたいですね。
 
問題は次女ですね。
もし、長男への攻撃が動けなくする為なら、次女に対しても同じようにするでしょう?
もちろん、小6の次女は犯人に対して戦闘力がほぼゼロだから、戦闘力を奪う為の攻撃が必要ないと言うのは分かりますが、ではなぜ、催涙スプレーを使うのだろう?
 
催涙スプレーが、次女の顔面に掛けられていたなら、次女は視力を奪われて、しばらく動く事はできなかったでしょうね。
 
なので、催涙スプレーの目的は次女を動けなくする事、または、次女の視力を奪う事だろうと考えています。
 
つまり、長男と次女への攻撃は殺意ではなく、動けなくする事が主な目的だと言う事なのではないかな?
 
ではなぜ、犯人は生き残った子供達を動けなくする必要があるのか?
私は犯人が逃亡する姿を見られたくなかったからではないか?と推測しています。
 
子供達が逃亡した犯人の後を追った時、見られたくない物があったと言う事なのかな?
 
例えば、乗り物、特徴のある車やバイク、珍しい車種が犯人に直接結びつく場合ですね。
あとは靴かな?珍しい靴でも履いていたのかな
 
まー長女が無傷なのは、長女の存在を認識していなかったと言うところでしょうか。
 
実際、犯人が日本人なら、妻の通報の会話を聞いているわけで、相手が警察と言う事は理解していたと思うんですよね。
 
それで、残り時間が少ないのにも関わらず、子供部屋で行った攻撃は、自分が逮捕されない為の工作の一つなんじゃないかな?
 

|

« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その8(空白の9分間) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その10(計画性と犯人像) »

コメント

見られたくない物・・・逃走方向と言うのもありますね。
道が3本しかないから、どの道を通ったのか?は犯人にとっては重要な情報かもしれませんね。

投稿: ASKA | 2019/10/07 22:23

子供たちを逃走の目撃をされないための足止めをする為に攻撃した…だとするなら中1とはいえ長男もつい最近まで小学生だったわけで刃物を持った男に恫喝されただけで恐れおののいて追跡なんてできないだろうと思うのです。そもそも寝ていたのなら起こさないで逃げる事もできただろうし、襲う事によって目撃されるリスクが高まるので(完全に殺害しないのなら)矛盾している行動に思えます。
なので「足止め」よりも私が考えたのは
いまのところ報道がないので完全な妄想になりますが

長男or長女にも一方的な恨みがあり、「おまえらのせいで両親は殺された」などとトラウマを植え付ける為にあえて生かしたとか、何らかの「犯人の主張」を残すためにメッセンジャーとして生かしたのではないかと
ただ殺害するとか足止めするとかが目的であるなら
寝ているところを襲うなり、無視して逃亡するなどの選択肢があるような気がするのです。
前の私の書き込みでも触れましたが、(ソースを見失ってしまいましたが)長男をおろして正座させた上で刺したという報道があった気がしたので
あきらかに長男に何かを「伝えた」のではないかな?と
(これは犯人しか知りえない情報と伏せておきたいと思うので出てこない可能性が高いですけど)

で、それが犯人にとって一方的なものであれ
一家に対して正当な理由がある(怨恨の理由がある)
なら簡単に足がつきそうなわけで
おそらくは「神の啓示を受けた」系の
子供や両親にも理解不能な主張…だったのかな?
とか妄想してみました

投稿: ヤムチャ | 2019/10/07 22:48

子供達は寝室でジッとしていましたが逃走時に出て来て追いかけられる可能性も有りますよね。
乗り物や逃げる方向を見られたくなかったからというのは成る程と思いました。
長男に対してもスプレーで事たりる気がしますが学校では俊足で通っていたらしいので、それを知っていたのかな。
中一なら小柄かもしれませんね。それも知っていて下ろしたか。

投稿: にわか | 2019/10/08 04:57

ベッドから降りろと指示した理由ですが部屋が真っ暗であったならロフトベッドの梯子か階段を上って刺したり切ったりするのはリスキーだと思います。頭の方向も判りづらいかも

投稿: にわか | 2019/10/08 05:20

ベッド下段にいる長男が毛布をかぶって奥に逃げ込んだり抵抗した場合、犯人も少なからず上半身等はベッドに侵入して攻撃することになりますよね?
そうすると上段にいる次女に逃げる隙を与えてしまう事になります。
だから犯人はベッドの側に立ち、「降りろ」と指示したのではないでしょうか。

投稿: 獅子丸 | 2019/10/09 17:54

二段ベッドではなく机の上にベッドが付いてるロフトベッドだと報道されてます。
毎日新聞では子供達は降りろの指示に従わず犯人がベッドに上って長男を切ったとされていて状況が良く判らないんです。

投稿: にわか | 2019/10/10 10:16

ヤムチャさんへ
「あえて生かしておいた」と言うのはあるかもしれませんね。
「この事件を一生背負っていけ」と言うメッセージとも受け取れますが・・・
中1と小6(だったかな?)に殺すほどの恨みを持つと言うのも、普通にはなさそうなので、メンタルに問題がある場合なども疑えるかもしれませんね。

にわかさんへ
そうなんです、長男と次女はほぼ同じ状況で襲われているのに、どうして攻撃方法が違うのか?
これは、かなり謎です。
私としては、女子に刃物を使いたくないと言う意識があったのか?と思ったりしていますが、他の理由だった可能性もありますね。

にわかさん、獅子丸さんへ
このベッドでの報道が、各社で食い違っているので、警察があえて情報をぼかしているのかもしれません。
何か、犯人につながる情報がある可能性がありますね。

それは、犯人が逮捕されるまで報道されないかもしれません。

投稿: ASKA | 2019/10/10 21:01

応答が長過ぎるとエラーが出ています。
2重投稿になりましたら、削除してください、すみません。


子どもを襲ったのは「通信手段の有無」を確認するためだと思います。
つまり、子どもの寝床に見守り携帯なりスマートフォンなりタブレットなりゲーム機なりで
通信(SOS)できるモノが子どもの身の回りにないか?の確認。

ということは、子どもを襲った時点では犯人は母親が110番したことを知らなかったか、
母親の110番最中に殺害して、他にSOSを出せる人間がいないか?で、
子ども達の身の回りを調べた、その際に恐怖を植え付けるのに必要な分だけ
それぞれに加害した、と考えます。

犯人はパニック状態ではなく、冷静で対峙する相手を見極めることができている。


投稿: | 2019/10/11 00:09

ASKAさんへ
子供達は起きていたからロフトベッドに上って攻撃すると動いて避けたり防御したりすると思うんですよね。梯子や階段を上る際に長男から上から蹴られたりバット等で殴られたりする恐れが有ったのではないかなと。それで自分から降りて来て欲しかったのかもと考えました。
スプレーは犯人が小学生女児は脅威にならないと思っていただけかと余り気に留めていませんでした。犯人は女の子に甘いタイプだったか娘が居たかもしれないですね。

投稿: にわか | 2019/10/11 05:27

大きく二つの疑問があります。
ひとつは、夫婦二人を殺害した後、110番通報されて時間の猶予がないのに、どうして子供部屋に立ち寄らなければならなかったのか?
ふたつめは、子供部屋で子供たちをベッドの上段からおろしているのはなぜか?です。
この二つを考え合わせるとひとつの仮説が浮かびます。
夫婦二人を殺害した後、犯人は本当に二人が死んだか近づくなりして確かめたのではないでしょうか?そうすると犯人はあることに気づきます。この夫婦の子供だったら、成人しているくらい大きくてもおかしくないのではないかということです。子供部屋を覗いたとき、部屋の感じから自分は子供は小学生くらいだと思い込んだがそれは間違いなのではないかと。 長くなるんでここできります。

投稿: たた | 2019/10/11 08:48

続きです。
犯人は子供部屋をスルーして逃走するつもりでしたが、それができなくなりました。大柄な成人男性が武器を持って襲いかかってきたら逃げ切れません。不慣れな他人の家で、真っ暗で、子供部屋の先は階段です。
そこで犯人は自分から子供部屋に入り、自分の脅威になる人間がいるかどうか確認することにしました。
部屋の中は暗かったけれど、犯人は自分の姿を見られることを恐れ、部屋の電気をつけなかったと思います。
暗いし、子供たちはベッドの上だし、横になってるしでそのままでは判別できず、犯人は二人をベッドの下に下ろしました。

投稿: たた | 2019/10/12 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その8(空白の9分間) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その10(計画性と犯人像) »