« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その6(犯人像を妄想) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その7(怨恨でないなら) »

2019/10/01

東京都豊島区池袋ホテル女性殺人事件その2(9月19日までの報道)

1)遺体は布団圧縮袋のようなものに入れられ、シーツに包まれた状態。
さらに遺体は足首を白いビニールひもで縛られていたとのこと。
 
女性は足首をビニールひもで縛られ、手に粘着テープの破片が付着していたとのこと。
 
2)司法解剖の結果、女性の死因は首を圧迫されたことによる窒息死
 
3)捜査本部によると、周辺の防犯カメラには、徒歩でキャリーケースを引き、約400メートル離れた池袋駅北口とホテルを行き来する男の姿が写っていた。男はリュックサックを背負い、白いマスクを着用。入室時には黒い上着を着ていたが、退室時には白いシャツ姿になっていたとのこと。
 
4)遺体をくるんでいたシーツは、室内のベッドに敷かれていたものだったとのこと。男は緊縛用のビニールひもや、遺体を入れた圧縮機能のある透明ポリ袋をホテルに持ち込んだとみられるとのこと。
 
5)事件当日に部屋に出入りした不審な男がJR池袋駅から徒歩でホテルに向かい、ホテルを出た後に再び池袋駅へ戻っていたとのこと。
 
6)女性が電車を利用して現場のホテルまで来たとみられるとのこと。事件当日の12日に池袋駅からホテル方面へ歩く姿が周辺の防犯カメラに記録されていたとのこと。
 
7)警視庁は17日、女性の身元を東京都江東区の36歳女性と確認したとのこと。捜査本部によると、事件のニュースを見た女性の両親が「うちの娘ではないか」と申し出て身元が判明。女性は江東区内で両親と同居していたとのこと。
 
8)捜査本部によると、女性は12日午後3時ごろ、「病院に行く」と家族に伝えて出かけた後、音信不通になっていた。13日に事件の報道を見た家族から連絡があり、身元が確認されたとのこと。
 
9)警視庁は殺人などの疑いで22歳の男子大学生の逮捕状を取り、容疑が固まり次第、逮捕する方針とのこと。逮捕状が出たのは埼玉県入間市に住み、都内の私立大学に通う22歳の男。警視庁は18日朝からこの男を任意同行していて、男の自宅マンションの家宅捜索も行っているとのこと。
 
10)埼玉県入間市に住む大学生・男性容疑者(22)が18日夜に逮捕された。
警視庁は、防犯カメラに映っていた人物と容疑者の特徴が一致したという。調べに対し、容疑者は「手で首を絞めた」という趣旨の話をしているとのこと。
 
11)埼玉県入間市の容疑者の自宅から女性の所持品が押収されていたとのこと。
捜査関係者によると、家宅捜索で携帯電話の他、ホテルで容疑者が所持していたとみられるキャリーケースも押収したとのこと。
 
12)容疑者(22)=殺人の疑いで逮捕=が「事件当日に女性と初めて会った」と供述しているとのこと。
 
13)8月ごろから会員制交流サイト(SNS)で連絡を取り始めたと説明しているとのこと。
 
14)容疑者の携帯電話を解析した結果、SNSのメッセージが一部削除されていたとのこと。
 
15)女性の遺体に目立った外傷が確認されておらず、事件当時、争う声や大きな物音を聞いた人もいないとのこと。
 
16)ホテルの部屋から、バスタオルとバスローブが1枚ずつなくなっていたとのこと。
 
17)容疑者が事件の前に都内の量販店で袋やひもなどを購入していたとのこと。
 
18)大東文化大によると容疑者が文学部所属の学生だと認めた。大学の関係者によると、事件が起きた12日は夏休み中で、翌13日に休みが明けたといい、同容疑者は16日午前から授業に出席していたとのこと。
 
19)容疑者は文学部で文学を全般に学んでおり、取得単位の不足もなかった。ゼミの担当教官も大学側の聞き取りに「ごく一般的な生徒です」と答えており、目立った問題行動などはなかったとのこと。
 
他の4年生の学生同様、就職活動も行っており、学校側に就職で困っているなどの相談もしていなかったとのこと。
 
時系列
09月12日
15:00頃 女性が自宅を出る、その後不明
15:40頃 男が入室
17:50頃 女性が入室
19:40頃 男が一人で退室
20:15頃 遺体発見
20:31  110番通報
20:57  119番通報
09月18日
夜    容疑者の男子大学生を逮捕。
 
さて、こんなところですね。
この後、いろいろな供述が出ているのですが、今回は疑問点を書いておきます。
 
もし、この容疑者に犯罪行為であると言う意識があるのであれば、自分が逮捕されない為の工作を行うと思うんですよね。
でも、それが感じられません。
犯行場所も都会のホテルで、逃走方法も徒歩と電車ですから、「逮捕してください」と言っているような犯行ですよね。
 
まー、本人に犯罪の意識が無いのであれば、この無防備ぶりも納得なんですが・・・
あるいは、メンタル面に問題があるのか?
 
私としてはかなり、不可解な事件です。
 
次回に続く
 

|

« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その6(犯人像を妄想) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その7(怨恨でないなら) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その6(犯人像を妄想) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その7(怨恨でないなら) »