« 山梨県道志村7歳女児不明事件その2(最大の疑問) | トップページ | お知らせと、ちょっと便利な使い方 »

2019/10/16

山梨県道志村7歳女児不明事件その3(犯人の思考)

最初にお断りしておくと、この事案に事件性があると言う報道はありません。
なので、この事案が事件だったと仮定した場合のお話になります。
 
さて、この不明が事件だった場合を仮定して犯人の思考を考えます。
 
私は犯人はたった二つの行動原理によって行動していると考えています。
1)目的の達成
2)逮捕されない事
 
実にシンプルなんですが・・・
若干のバリエーションが発生するのが1)の部分で、計画的な場合(朝霞事件)やその他大多数の偶発的な場合(高崎、広島女児殺害事件)があると思います。
 
今回の事件が計画的な誘拐事件だったとするなら、ちょっと微妙な気がします。
TVのニュースバラエティーのような番組では、人目につかずに誘拐できると言っている番組もあるようですが・・・そう簡単ではないと思うんですよね。
 
A)人が少ないから、そこに出入りする犯人自身が目立ってしまう。
B)仮に狙っていたとして、女児が一人になり、誘拐できる機会があるのか?は不確定
 
A)については、出入りしても目立たない、現地の人と言う可能性はあるけど、それなら以前にも同様の事件が起きていても不思議じゃないんですよね。その報道は今回無いと思います。(今回が初犯と言う可能性もありますが・・・)
 
B)については、女児の普段の生活エリアが千葉県で現場からはかなり遠方である事を考えると、千葉エリアで女児をターゲットに選定した犯人が、キャンプに行く情報を入手したとしても、不確定要素が多すぎて、計画を立てるのは難しいと思うんですよね。
 
こう考えた場合、私としては相対的に偶発的な事件の可能性が高いのかな?と考えています。
 
そして計画的、偶発的、いずれの場合にしても、次の2)は一部の例外(間接自殺など)を除いて、犯人全般にあてはまると思います。
 
逮捕されない為に犯人が考える事はこの二つでしょうね。
1)目撃されない
2)物的証拠を残さない
 
残念ながら、この二つは今回、成功しているように見えます。
1)については、防犯カメラが無かったと言うのも大きな要因ですね。
 
2)についても、キャンプ場だった為に、持ち物が衣服と靴だけだったと言うのが、犯人にとって有利に働いた可能性がありますね。
 
ただ、偶発的な事件ならば、犯人がミスをしている可能性もゼロじゃないと思うわけで、今後、思わぬところで、犯人の手がかりが出てくる可能性はあると思います。
まー事件ならばと言う事になりますが・・・

|

« 山梨県道志村7歳女児不明事件その2(最大の疑問) | トップページ | お知らせと、ちょっと便利な使い方 »

コメント

ASKAさん、お疲れ様です。

ちょっと調べてみたら今回のキャンプ場はそこまで山の中という感じではないですね。道志村を上空から見ても川に沿って家々があるし、山の中にある急流といった感じでもない。恐らく生活用として川の側に人が住んでいて出来た集落といった感じでしょうか。川に沿って家や他のキャンプ場があるので、迷っただけなら誰かには発見はされているでしょう。

自分はもっと山の中なのかと思っていましたが、これくらいなら人が連れ去る可能性は否定できないと思います。(実際連れ去ったかどうかではなく可能性として有り得るかどうかの話ですね)もっと隔絶された場所であればキャンプ場なんて管理人と他のキャンパーしか居ないと思いますが、今回の件の場所ならそれ以外の人物が関わる可能性はなくはないかなと。

投稿: 裏銭 | 2019/10/16 17:53

この件、第一報を聞いた時は遭難だろうかと考えていました。
人や獣に襲われたなら、悲鳴を聞いた人がいるだろうと思い込んでいたので。
ただ、多くの人がワイワイ話している中だったら、助けを求める声も紛れてしまう可能性もあるんですよね。
どんな原因でも、痕跡を残さずに失踪してしまうのは不可解です。

ちなみに道志村につきまして。
地図の通り、村外との主要な道は神奈川方面から山中湖・静岡方面へ抜ける国道413号線と、最寄りの高速道路IC(上り方面のみ利用可能)方面へ行く県道24号線があります。国道はオリンピックのロードレースのコースでもあり、2019年7月21日にテスト走行が行われました。
都心から近い自然の中のキャンプ地としてテレビなどで紹介され、村外の人がいても見咎められにくい場所ではあるようです。
しかし誘拐となると、山での遭難を疑われている内に逃走できると見込める反面、誘拐事件と早期に看破されれば逃走経路が限られているため検問で捕まるリスクが高い立地と考えられます。
獣は熊、猪、鹿、猿の目撃情報が近隣でありますが、人を襲撃し食した事例は見当たりません。
個人的には遭難、痕跡の見落としまたは時間経過による消滅、遺体を獣が運び去った、という結果なのではないかと考えています。

投稿: つれづれ | 2019/10/16 23:22

警察は当然調べているだろうけど、当該キャンプ場は地元民の人が利用する林道みたいなものが複数走っているので、そこで交通事故に遭ったので隠蔽工作として連れ去られたとか、そこをたまたま通りかかった地元の変質者が連れ去ったという可能性も当然あるでしょうね。防犯カメラや目撃者がいなければ大幅な痕跡を残さない限り、そういうケースは後を追うのは大変でしょうから。ただ近場でそれを実行するとなると、生きているなら監禁しなければならないし、亡くなっているなら遺体の隠蔽をしなければならないし、どちらにしろ近隣住民が誰にも怪しまれないでこれらを実行するっていうのは難しい気がします。かといって土地勘のない第三者が行き当たりばったりでここに来るとも思えないし…う~ん…

投稿: ヤムチャ | 2019/10/17 02:54

今のところ事件事故半々かと思います。事件50%は高いという意味で、わたしもキャンプ場の立地が道志村の本通りからそう遠くはないからそう思いました。また、捜索がかなりされたので見落としの確率がかなり下がった印象。事件だと仮定すると犯人は計画的では無かったように思えます。20分迷ったくらいの近場で拉致されたと想定されます。拉致ではなく、迷ったので係員を装い親元に送ると騙されたかも。途中擬装電話などもできますよね。少し妄想しすぎましたが、キャンプ場内を物色していたというよりは、偶然出くわしたかんじかな。

投稿: 空き地 | 2019/10/17 19:11

最大の防犯カメラははドラレコ。

もし事件なら現地殺害でなければ、犯人の挙動が「浮く」と思います。

どちらかと言えば、事件性より事故かと。

投稿: | 2019/10/18 18:37

女児本人の性格傾向、身体能力、当日朝からの心理状況で捜索範囲もある程度絞ることができるのではないでしょうか。事実は一人で先に行った子ども達を追ったという行動、そして迷った。事故だとすれば川、沢、穴に落ちた。事件だとすれば誰かに会った。

投稿: 亀さん | 2019/10/22 01:15

皆さんこんばんは

クロさん、向さん、名無しさんへ
ごめんなさい、今の段階では、この話題には触れたくないので、一旦、非表示にします。

投稿: ASKA | 2019/10/22 20:22

すいません、言葉が足りないので、説明します。
非公表(非表示)にした理由は二つですね。

1)ASKAの事件簿の創設以来の原則に
「誰が犯人かを推理しない」と言うのがあります。
ASKAの事件簿で推理するのは「犯人はなぜそう行動したのか?その理由」です。そこから犯人像を考えるわけですね。

まー表現方法を変える事でクリアできる微妙な部分ではありますね。「誰かが怪しい」と言う表現はNGになります。今回はその方向に向かいそうなので、一旦止めます。

2)コメントルールの4)にある、
被害者、遺族に対する配慮の部分と言うのもありますね。事件の行方によっては、局面が変わる可能性もありますが、慎重に取り扱いたい部分です。

投稿: ASKA | 2019/10/23 05:39

誘拐だとして、もし、女児が逸れなかったとしたら、また、他の子どもたちも含め、誰も逸れなかったとしたら
犯人はどうしたのでしょう?

諦めたのか
次の機会を待ったのか
強引に誰でもいいから連れ去ったのか…?

投稿: eyes | 2019/10/23 23:39

eyesさんへ

誘拐の目的によって変わってくるかもしれません。
営利目的の金目当てなら、お金持ちの子供を狙うはずなので、特定の子供を狙った可能性が高いと思います。

暴行目的の場合は、「誰でも良い」場合の可能性が高いと思います。ただ、「犯人の好み」と言うのも考えられるので、「大勢いる子供の中のこの子」と言う判断を犯人がしている可能性もありますね。

投稿: ASKA | 2019/10/24 05:40

この件は、未だにネットでは女児が、初めから現地に来て無かったのでは?いう意見がありますが、ASKAさんは、それについてはどう思われますか?そもそも、警察は母親の話だけで、細かく現場に女児が居たという裏付けをしないまま大規模な捜索を開始する事なんて有り得るのでしょうか?

投稿: 夜光 | 2019/10/27 14:21

不明女児の当日の画像が公開されてますよね。キャンプ場での画像です。

投稿: AKICHI | 2019/10/28 07:30

行方不明になった当日キャンプ場で撮影されたものとして公表された写真が某サイトで道志村で撮られたものではなく、那須高原で撮られたものだと写真解析でハッキリわかったと書いてあった…

ヤフーのコメントに、このように書かれてもありました。
写真もすぐに警察に提供していたのでしょうか?
当日の写真としても不鮮明な隠し撮りのような感じですね。

投稿: | 2019/10/29 00:42

みなさん、おはようございます。

当日に女児がキャンプ場に来ていたのか?は当日キャンプに同行していた、9家族が目撃しているのではないか?と思います。

12:15頃 女児一家(母、姉)がキャンプ場に到着
13:00  昼食後に子供たちが広場近くで遊ぶ
15:00過 子供たちがおやつを食べていた。

ここで、子供たちが一緒に遊んだり、おやつを食べてますよね。子供たちや親が目撃していると思います。
あえて報道するような事でも無いので報道されていませんが。

多分証拠の写真も沢山あると思います。子供のイベントなので親にとっては、写真にビデオは必須ですね。
これも、報道されていないだけでしょう。

他にも、到着までの間の高速道路やコンビニなどの防犯カメラ映像なども、探せば出てくるんじゃないかな。

投稿: ASKA | 2019/10/29 05:44

はじめの頃 ボランティアで捜索に加わっていた人が行方不明になる等のニュースが複数あったので、ここはけっこう遭難しやすい所なのね…と思いました。もし山の中に入って行ってしまったのなら遭難した可能性もあります。しかしそれならもう発見されているでしょうね。
一方で、キャンプ場の近くには民家もあるようなので、どなたかも書いておられるように、キャンプ場の利用者以外の人も歩いていておかしくない。計画したわけではないが、家から車ですぐの所にあるキャンプ場に子供を見に行くことが習慣化している人物がいて、たまたま夢のようなチャンス(その人物にとって)が訪れた
ということかもしれません。
その場合、車で数十分以内の民家に監禁されている。

投稿: まーぷる | 2019/10/29 10:33

夜行さんへ

私としては、その噂は否定的に見ています。
失踪当初はとにかく、不明女児を捜索する事が最優先なので、細かい裏付けなどは取らないでしょうが、時間が経過して警察などが参加する。さらに、事件の可能性も疑われるようになれば、警察は、その場にいた関係者全員から話しを聞くでしょう?

その段階で、事実に矛盾する事があれば捜査すると思います。

私としては、ワイドショーや週刊誌の記者さんが、この件について何も騒いでいないので、否定的に見ています。
彼らの取材力は侮れません。

理由や根拠は前回のコメントで書いた通り、存在を証明する証拠は調べるまでもなく沢山あると思います。

名無しさんへ
ネットで書かれた事が全て真実と言う事は無いですよね。
そのあたりは受けて側、読み手側が吟味する必要があるのだと思います。

問題は情報の種類と言うか、属性と言うかそのあたりですよね。

つまり、事実なのか?誰かの感想なのか?誰かの意見なのか?これによって情報の見方もかなり変わってくると思います。

報道された情報にも誤報はありますが・・・
それでも、その情報は各社の報道の中でクロスチェックする事ができますよね。

ASKAの事件簿が報道情報をベースに考えているのはそれが理由ですね。まー、読者各人が調べれば、ソースが分かると言うのも、共通の認識の上で事件を考えるには都合が良いと思います。

投稿: ASKA | 2019/10/29 19:37

名無しさんへ

頂いたコメントは読みましたが、とりあえず非公表にします。
こちらを参照していただきたいのですが・・・

http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2008/06/post_5efa.html

推理の見えない落とし穴

「人は見たい物を見ます」

誰かが怪しいと思って行った推理は、誰かを犯人にする為の推理になってしまうんですよね。

複数の視点、例えば、「そうである場合」「そうで無い場合」などの状況で、それぞれ、肯定する材料と否定する材料を探してみるような事をしても良いと思いますよ。
(重要なのは事実を探す事)

あとは、自分自身で納得するまで考えてみるしかないですね。

ただ、ネット上での悲劇の歴史を振り返れば、数々の悲劇が起きている事は知っていて欲しいと思います。
以下は参考事例です

香川3人殺人事件
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2007/11/post_c400.html

愛知蟹江町男性殺害事件
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/cat21399158/index.html

山口県下関市6歳女児殺害放火事件
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2010/11/post-6e58.html

投稿: ASKA | 2019/10/30 19:10

ご指摘の3つはいわゆる画伯事案ですな。松本サリン事件などは更に気の毒な事例だと思ってます。管理人さんのご配慮はこの点で強く同意できます。2次被害のような事は、ここでの書き込でも注意したいものです。

投稿: AKICHI | 2019/10/31 07:22

了解しました。
3つの事件、2つ目のは全部見ていないのですが、下関の事件は長男も疑われていたのには驚きました。
香川はお金に絡んだ、ある意味、親族にとっても可哀そうな事件ですね。
今回の事件は、マスコミが他の参加者などに取材したのか、出来なかったのかは知りたいところです。

投稿: | 2019/10/31 08:12

みなさん、こんばんは

名無しさんへ

そうですね、ASKAの事件簿のコメントや記事本文は「その2次被害」にあたるような部分はかなり少ないと思います。

なので、実際にはwikiやまとめサイトの方がこの手の話が分かりやすいかもしれません。

香川・坂出3人殺害事件
いわゆる画伯事件と言った方が分かりやすいですね。
現役アナウンサーすら失言をして番組を降板した事もある、ほどの事件です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E5%B7%9D%E3%83%BB%E5%9D%82%E5%87%BA3%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

蟹江事件では一人だけ生き残った3男が疑われました。

下関事件では、兄弟が疑われました。

これは、ほんの一例です。

AKICHIさんへ
すくなくとも、ASKAの事件簿ではこういう事にならないようにしたいですね。

投稿: ASKA | 2019/10/31 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山梨県道志村7歳女児不明事件その2(最大の疑問) | トップページ | お知らせと、ちょっと便利な使い方 »