« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その7(怨恨でないなら) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その8(空白の9分間) »

2019/10/02

東京都豊島区池袋ホテル女性殺人事件その3(10月1日までの報道)

1)女性に頼まれて殺害したという趣旨の話をしているとのこと。
 
2)容疑者の携帯電話の解析ではSNS上の女性とのやり取りすべてが削除されていたとのこと。
 
逮捕された男が持ち去った女性の携帯電話から、2人がやりとりしたSNSのメッセージがすべて削除されていたとのこと。
 
3)容疑者の携帯電話を解析したところ、女性に会う前にインターネットで殺害方法などを検索していたとのこと。
 
4)容疑者の携帯電話を解析したところ、SNSで自殺志願者を募るような投稿をした上、「自殺を手伝う」などとやりとりをしていた疑いがあるとのこと。
 
5)2人の携帯電話の解析の結果、容疑者がツイッターで自殺志願者を募る内容の投稿をしたあと、女性から「殺して下さい」とメッセージを受け取り、「手伝う」と返信するなど、やりとりをしていたとのこと。
 
6)容疑者が事件前に都内の量販店でひもやポリ袋を購入していたとのこと。
 
7)目立った外傷はなく、わいせつ目的は確認されていないとのこと。
 
こんなところですね。
携帯の通信履歴を消しているのは、逮捕を避ける為なのかな?
しかし、本当に自分の行いが、被害者を救済する為として罪の意識が無いなら、証拠として残しておく事もアリですよね。
 
しかし、通信履歴を消しているから、やはり犯罪意識はあっただろうと思うけど・・・
一方で、場所が都会のホテルなんですよね。遺体を放置すれば遺体が発見されるのは、予測できるはずです。
 
もし、本当に女性に頼まれた嘱託殺人だったとしても、腑に落ちないのが、遺体の状態ですね。
女性が足を紐で縛られて、布団圧縮袋に入れられて、ホテルのシーツで覆われているなんてのが最後の姿と言うのは、本人が希望している最後の姿とは思えないのですが・・・
 
ここは妄想なんですが、容疑者は殺害後の遺体をホテルから運び出して処分する予定だったのかもしれません。
キャリーケースを持ち込んでいるのは、キャリーケースで運ぶ為だったのかもしれませんね。
ところが、女性の体格が予想外に大きかったので、キャリーケースに入らないと言う現実に直面して、遺体を運ぶのを断念して、逃亡したとしたら、説明できるかもしれません。
 
ただ、キャリーケースの大きさが問題ですけどね。
成人女性を運ぶのであれば、やはり大きな物でないと無理だと思います。
逆に、遺体を運ばないのであれば、このキャリーケースには何が入っていたのか?と言うのも疑問ですね。
布団圧縮袋を入れるだけなら、キャリーケースはいらないと思うけど・・・掃除機も入っていたのかな?
 
続報を待ちましょう。
 

|

« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その7(怨恨でないなら) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その8(空白の9分間) »

コメント

嘱託殺人で起訴の方針だそうですね。他の自殺志願者にも会っていたとか、自殺をテーマにした脚本を書いていたとか報道されています。

また、遺体の放置はASKAさんの推察通りの理由のようです。
2019年10月7日 21時15分 産経新聞のネットニュースhttps://news.livedoor.com/article/detail/17197623/より
<引用ここから>
>容疑者はホテルにキャリーケースを持ち込んでおり、「殺害後に遺体を入れて運び出すつもりだった」などと供述。遺体がケースに入らなかったため断念し、室内にあったシーツでくるんで放置した
<引用ここまで>

投稿: つれづれ | 2019/10/13 18:26

続報です。
1)捜査関係者によると、容疑者はホテルにキャリーケースを持ち込んでおり、「殺害後に遺体を入れて運び出すつもりだった」などと供述。遺体がケースに入らなかったため断念し、室内にあったシーツでくるんで放置したとのこと。

2)容疑者はツイッターで複数のアカウントに対し、「自殺を手伝う」などとメッセージを送信していたとのこと。

3)この事件の前、他にも「自殺したい」と訴える10代の少女とやり取りをし、会う約束をしていたことが新たにわかりました。容疑者は、ひもを準備して約束の場所に行ったとみられていますが、少女のSNSのアカウントが停止されたため、会えなかったとのこと。

こんなところですが・・・
やはり、首吊り師の模倣犯なんでしょうか?

ただ、女性の側がどんな気持ちで会う場所をホテルにしているのか?が良くわかりません。
元祖の首吊り師は「本当に死にたいと思っている人はいなかった」と話しているんですよね。

このあたりは、容疑者の供述が知りたいですね。

つれづれさんへ
情報提供ありがとうございます。見逃していました。
計画としては悪くなかったけれど・・・

実際に女性の体重やら種々のサイズなどを事前に確認していないのは、どうも現実感が無いですよね。
脚本なども書いているので、ただの「ノリ」だったのか?
それとも、頭の中だけで、事件を作ってしまっていたのかもしれませんね。

いずれにせよ、発覚(失敗)すべくして発覚(失敗)した事件なんでしょうね。

投稿: ASKA | 2019/10/15 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その7(怨恨でないなら) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その8(空白の9分間) »