« 青森県八戸市小6女児通り魔事件(11月13日までの報道) | トップページ | 横浜市神奈川区大口通商店街女性通り魔事件その3(一審判決) »

2019/11/19

青森県八戸市小6女児通り魔事件その2(11月15日までの報道)

1)捜査関係者によると、付近で入手した映像に、女児から聞き取った「白い上着と黒のズボン」という犯人の特徴に似た男を発見。学校指定のかばんを持っていたとのこと。
 
2)県警は防カメ情報を基に男子中学生を重要参考人と位置づけ、捜索を開始。同日夜、市内にいるところを発見したとのこと。中学生は日常の立ち回り先にいたといい、事情を聴いたところ事件への関与を認めた。暴れたり逃げたりするそぶりは見られなかったとのこと。
 
3)身柄を確保したのは午後9時前。逮捕後の調べにも素直に応じているとのこと。
 
4)捜査関係者によると、生徒は12日午後8時すぎ、八戸市内の塾にいるところを捜査員が見つけたとのこと。
 
5)少年(14)が「人を殺すことに興味があった」という趣旨の供述をしているとのこと。
 
別の報道では
「人の生き死にに興味があった」
 
6)事件の起きた12日夕は、少年の下校時間と重なるとのこと。
 
7)逮捕後の取り調べには淡々と応じているが、被害女児への謝罪の言葉はないとのこと。
 
8)捜査関係者によると男子生徒は「カッターナイフで切った」と供述。県警は生徒の自宅から、学校指定のかばんに入ったカッターナイフ数本の提出を受けた。供述などから、うち1本が凶器とみているとのこと。
 
9)少年がが取り調べに「カッターを使った」と容疑を認めた上で、「こんなことをしなければよかった。後悔している」と供述しているとのこと。
 
10)県警は精神鑑定の実施を視野に入れ、犯行時の心理状況も調べる方針。生徒の自宅から猟奇的な作品などは見つかっておらず、警察は今後インターネットの閲覧履歴も捜査し、供述の信ぴょう性を慎重に調べていくとのこと。
 
11)八戸署は14日、少年を殺人未遂容疑で地検八戸支部に送った。同支部は同日、八戸簡裁に勾留請求し、八戸簡裁は10日間の勾留を認めたとのこと。
 
12)県警が家宅捜索し、スマートフォンを押収した。捜索は14日。スマホは生徒の家族が以前使っていたもので、生徒がインターネット閲覧に使っていた可能性があるとみて閲覧履歴などを調べるとのこと。
 
13)生徒が、事件後に着替えて塾に行ったとのこと。県警はいったん帰宅し、凶器のカッターナイフが入ったかばんを置いて出掛けたとみているとのこと。
 
時系列
11月12日
16:40頃 事件発生
20:00過 八戸市内の塾で少年を発見
21:00前 少年の身柄を確保
23:00頃 市内で緊急逮捕
11月14日 身柄を検察庁に送検
 
こんなところですね。
後悔しているか・・・後悔の理由が問題ですよね。
「こんな事になって」後悔していると言うのは、逮捕された事を後悔しているのか?
それとも、犯行を後悔しているのか?今のところ判断できません。
 
中学生とは言え、殺人を行えばどうなるかぐらいの事は想像できるでしょ?
その割に、「逮捕されない努力」は努力らしい努力をしていないですよね。
犯行後に出かけたのも、普段通っている塾だし・・・逃亡しようと言うそぶりもない。
 
なので、犯罪意識が無くて、逮捕されるとは思ってなかったのか?
このあたりだと、精神鑑定も必要かもしれません。
 
けれど、もし、現実逃避の手段として少年院を選んだのであれば、逮捕される事が前提の行動なので、少年の行動は説明できます。
逆に、逮捕後に後悔していると言うのが、逆に疑問になりますね。
 
予定通り、自分の希望通りなのに、何を後悔する事があるのか?と言うわけです。
でも、それは、想定外の事が起きたから、それで後悔していると言う説明もアリですね。
 
例えば、自分だけが少年院に行けば、全てが丸く収まると考えていたけど、実は家族にも迷惑をかけてしまっている現実に気付いたとかね。
 
まー、このあたりは今の段階では何とも言えないですね。
 
多分、この事件はもう報道される事は無いかもしれませんね。
動機が分かりませんが、少年には更生の道を進んで欲しいと思います。
 
しかし・・・この事件を防ぐには?と考えると、通り魔事件に共通ですが、被害者側には防ぐ手段がありません。
あるとしたら、自分が尾行されている事を尾行している相手に気付かれずに確認する方法を教育するぐらいでしょうか?
 
少なくとも、尾行に気付けば何等かの悪意がある事が予測できますから、通報するとか、周囲に助けを求めるとか、家族に迎えに来てもらうとかと言う方法はあるかもしれません。
 
しかし・・・単純に尾行されていると警察に通報しても、それ自体では罪に問えないかもしれませんね。
そこは、警官側が機転を利かせて、職務質問するあたりで、ソフトに警告や注意すると言うあたりが妥当なところなのかな?
 
でも・・・好きな女子の後をつけるなんてのも、小学生ぐらいまでならありそうな事かもしれないので、14歳と言うのは線引きが難しいところかもしれませんね。
 

|

« 青森県八戸市小6女児通り魔事件(11月13日までの報道) | トップページ | 横浜市神奈川区大口通商店街女性通り魔事件その3(一審判決) »

コメント

続報です。
殺人未遂容疑で逮捕された市立中の男子生徒(14)について、青森地検が八戸簡裁に鑑定留置を請求し、認められた。
決定は26日付。期間は28日から約2カ月の予定とのこと。

捜査関係者によると、生徒は「人を殺してみたかった。誰でも良かった」という趣旨の供述をしており、刑事責任能力の有無などを調べるとのこと。

2人に面識があったことを示す証拠は見つかっていないとのこと。

投稿: ASKA | 2019/11/27 19:21

男子生徒(14)が県警の取り調べに「(女児に)申し訳ないと思っています」と供述しているとのこと。

捜査関係者によると、生徒が謝罪を口にしたのは27日の取り調べ。逮捕前の事情聴取に「後悔している」と話していたが、これまで女児への謝罪の言葉はなかったとのこと。

謝罪ですね。当たり前のようで、真意がどうなのか?はまだわかりませんね。

投稿: ASKA | 2019/12/02 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青森県八戸市小6女児通り魔事件(11月13日までの報道) | トップページ | 横浜市神奈川区大口通商店街女性通り魔事件その3(一審判決) »