« 東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その7(手記) | トップページ | 沖縄県総合運動公園ねこ毒殺事件 »

2020/01/13

世田谷一家殺害事件再考その193(2019年年末情報)

えーと期待した年末情報ですが、出たのは一つだけですね。
 
ハンカチで包丁を包んで犯行に使用したとされる点について、フィリピン北部でも同じ包み方をして刃物を使う慣習があるとのこと。
 
このようなハンカチの使用方法について、フィリピン・ルソン島のイロコス地方やイサベラ州で、民衆が儀式や動物の殺害などで刃物を用いたり、軍人が刃物を使ったりする際の方法に似ているとの情報が捜査本部に複数寄せられた。確度は不明だが、捜査本部はさらなる情報提供を呼び掛けている。
 
別の報道では
この包み方は軍人が使用したり、現地の儀式にも使われていたりするとされ、捜査本部は国際刑事警察機構(ICPO)を通じて情報収集するなど確認を進めているとのこと。
 
この包み方は刃物を使う際に血が付かないようにするなどの目的で軍人やギャングが用いるほか、現地の儀式にも使われているとみられる。
 
これはフィリピンの北部で儀式に使われるほか、軍人などが返り血を浴びないようにする手法だということです。
 
使用方法をまとめると
場所がフィリピンの北部で
1)儀式で動物を殺害する場合の使用方法
2)軍人が返り血を浴びないように刃物を使う時の使用方法
3)ギャングが返り血を浴びないように刃物を使う時の使用方法
 
こんな感じですね。
私の印象ですが・・・
1)の場合、動物の返り血を防ぐ為ならば、可能性はありそうな気がします。この場合、儀式なのですが、専用のナイフを使わずに、柄の無い、包丁などを使用する事も考えられますからね。
 
ただ、この儀式で殺害する動物の大きさはどの程度なのか?と言うのは気になる部分です。
豚や牛など、ある程度大型の動物なのか?それとも、鳥などの小型の動物なのか?
鳥を刺す方法で人を刺すのか?と言うあたりが疑問な部分です。
 
2)はかなり疑問
理由としては
A)軍人と言うのがどのレベルの軍人なのか不明で、国軍などの正規軍ならそんな使い方はしないと思う。
まー戦場での白兵戦で返り血を気にするような戦闘は無いと思うんですよね。
 
それに、教科書に載るような公式な物なら、自衛隊や米軍も知っているはずで、そちらからの情報がとっくに入っているはずだと思います。
 
ただし、これが、市街地で一般人に紛れてのゲリラ戦だと、返り血を浴びてしまうと、民衆にまぎれる事ができなくなるので、返り血を所持していても不自然ではないハンカチで簡易的に防ぐと言うのであれば、説得力があると思う。
 
潜入作戦での暗殺なんてあたりもアリなのかな。
でも、それなら血を流さない、目立たない方法を選択するでしょうね。
 
同じ理由で3)のギャングが返り血を浴びないようにするのに使うと言うのはアリかな。
 
それから、世田谷事件の犯行内容から考えると、やはり軍人は無いのではないか?と思うんですよね。
つまり、軍人なら「メッタ刺し」なんて事はしないし、刃がかけてしまうような固い頭部を狙うと言うのも不自然に思えます。まー練度が低いと言う見方もできますけどね。
 
そこを考えると、(経験の浅い)ギャングと言う方がまだ、この練度の低さを説明できるような気がしますね。
 
単純に「滑り止め」なら、「中国の水産加工場で、包丁で魚をさばく際の滑り止めのため、似たような方法で包丁にハンカチを巻いていた」と言う情報も説得力はあるんですよね。
 
そもそも、「返り血を防ぐ」と言うのは、刃物を抜く時のしぶきを防ぐと言う発想だと思うんです。
なので一撃で大出血するような、致命傷を与えるような攻撃に対しての備えですよね。
 
この事件のように、何度も刺していると、その振りかぶりによる、飛沫血痕の方が防げないじゃないかな?
 
そう考えると、返り血を防ぐ事が目的ではないような気がします。
でも、犯人の思考レベルによっては、そうでもないかもしれない。
 
つまり、知識として知っていて試したけど、一撃で即死させるような計画とは裏腹に、実際にやってみると、全然うまくいかなかったと言うのも、ありそうな気がしますね。
 
犯行後の意味不明な行動も素人だからと考えれば、アリなのかなと思います。
プロだとしたら、色々な意味で手際が悪すぎると思いますね。

|

« 東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その7(手記) | トップページ | 沖縄県総合運動公園ねこ毒殺事件 »

コメント

全くその通りだと思います、軍人やプロの殺し屋ならハンカチなんぞで返り血を防げるわけないと知ってるはずですからね。あまり出血しない動物を殺める際の儀式に使われる作法かもしれないです。

この事件の真実は我々の想像を超えるような事が事件中とその後起きたと思われます、犯人とその家族の事件後が非常に気になります。

投稿: mn | 2020/01/15 07:16

犯人はこのハンカチの作法を事件前に猫など小動物に対して行ってたのでないかと想像してしまいました、事件後の公園には犯人の痕跡が残ってたかもしれないのに入念に調べなかったみたいですね。

「2010/05/30 公園近くさん情報のまとめ」
http://disktopaska.txt-nifty.com/aska/2010/05/post-7439.html

投稿: mn | 2020/01/15 08:12

家の中の情報がでてますね!

投稿: 名無し | 2020/01/19 13:43

警察から遺族に対して現場の家屋の取り壊しが打診される中で、2020年1月、遺族の1人の入江杏さん (ペンネーム) が家屋内部を公開しました。

動画を見ると、家屋内部は思ったより狭くあの日、何があったのかどういう状況だったかよく分かります。

以下、家屋内部の動画です。
⚫︎朝日新聞
(玄関から階段を上がり浴室、隣の子供部屋などそのままカメラを回しており、状況がよく分かる)
https://www.asahi.com/articles/ASN1L5D87N1LUTIL00G.html
⚫︎日経新聞
(その場所で何があったかなど解説文入り)
https://www.nikkei.com/video/6124569199001/
⚫︎TBS
(家屋の構造や現場の状況について詳しく解説)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3883153.html

投稿: YU | 2020/01/20 12:45

以下、動画を見た所感です。

玄関から入るとすぐに書斎。
犯人が2階の浴室から侵入したとしたらすぐ隣が長男の寝ていた子供部屋。近くには父親がいた1階書斎への階段と母親と長女が寝ていた屋根裏部屋に続く梯子もある。

上階の物音ですぐに1階の父親は異変に気付くだろう。
また、犯人と父親の命懸けの取っ組み合いは屋根裏部屋にいた2人にも聞こえるはずで、例えば長女が泣いたり屋根裏部屋から物音がすれば犯人はその存在に気づき、すぐに梯子を下ろし向かったと思う。

犯人の持ってきた包丁が欠けたため2つ目の凶器となった文化包丁を台所から持ってきたとされるが、屋根裏部屋の梯子からその台所も近い。
内部は通路も階段も部屋もあまり広くはないので、夜に突然犯人が侵入してきたことを想像すると、逃げ場など全くなくとても恐怖を感じる。

家の外からは隣家とつながっているように見えるのに内部の狭さには犯人も侵入してすぐに気付くはずで、なにも疑問に思わなかったのか?
すぐ隣の隣家に物音が聞こえるかもしれないのに…。
この状況で朝までいたとはとても思えず、物色したあと夜間のうちに逃げた可能性の方が高いと思う。

あと空き巣特有の手口で棚などを仕分けしてソファーにカード類を並べたり、浴槽に不要な書類を捨てたりするのを想像すると、やはり過去にも空き巣や強盗など経験のある人物ではと思えてくる。

投稿: YU | 2020/01/20 12:47

思っていたよりも、狭いですね

投稿: | 2020/01/21 12:04

映像見ました想像してたより非常に狭いと感じました、自分も犯人の侵入経路と犯人が内部の構造を知ってたかどうかが核心部分だと思いますし、それを断定できなかった故にこのような現在の状況に至ったわけだと思います。

捜査本部は犯人が内部構造を知ってる場合と知らない場合、また風呂窓侵入か玄関侵入かでシュミレーションしたらどのような結果がでるのか、実際に犯行現場で何度もシュミレーションしたのかな?どうやったらあのような不可解な現場になるのか、それともどのケースが最もあのような状況になる可能性が高いのだろう?

現在、被害者と同年代の妻と子達を持つ父親からしたら、家族を守ることを被害者のみきおさんも日ごろから非常に気にかけてたと思うんです、そのような中、あのような静かな場所かつ狭い家の二階にある、小さな小窓から犯人が侵入した場合だと、内部に非常に大きな音を立てずにで侵入できるのかと疑問に思いました、これは実際に現場でシュミレーションして見ないとわかりませんが。

もちろん遺族の方や捜査本部が二階の小窓侵入説の物取りの犯行だと信じたい気持ちも非常にわかります、しかし、風呂場侵入説はなんかしっくりこないですね、現実的でないと。

投稿: mn | 2020/01/21 12:16

内部の映像を見て、狭さ(というより間取りの縦長さ)と、複雑な構造に驚きました。犯人は少なくとも一度は中に入ったことがあるのではと思わされますが、逆に犯人も構造の複雑さに混乱した結果の犯行なのか悩ましいです。一刻も早い解決を望んで止みません。

投稿: 立夏子 | 2020/01/22 04:19

上記の他にNHKと産経の動画もありました。

⚫︎NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200118/k10012250281000.html
⚫︎産経新聞
https://youtu.be/-g3UrKh39SA

投稿: YU | 2020/01/22 20:02

家の中の映像を見ると、あまり血痕が少ないと思った。
もっと大量の血の痕が残っていると思っていた。
見た中で1番多いのがハシゴの1番下の板に多く見られた。
ハシゴ手前の子供部屋方の廊下に点々と多くの血痕があり、ハシゴ奥の風呂の右方の入り口手前にもいくつか見え、2階へ上がって行く階段の1番目の板にも1ヶ所、血痕が見える。
1階の階段下にも1ヶ所ある?
ロフトへの入り口は暗い感じだった。
ロフトの状況は判らないが、ハシゴ周辺以外の血の量が少ないのは何故なんだろう?
遺体のあった場所では血が流れなかったのだろうか?
犯人が遺体を動かしたのだろうか?

投稿: | 2020/01/22 23:36

あの狭い屋内で犯行後犯人は手からの出血をバンドエイドと妻の生理用品で止めて、パソコンを操作して劇団四季のチケットの予約を取ろうとし失敗、アイスクリームを沢山食べて麦茶飲んで書類をあさって浴室に切り刻んだ書類や色々な物を投げ入れ、現金約20万円を盗み被害者の生年月日はメモしたが、キャッシュカードは残したまま、棚を旦那の上に山のように被せ、妻と娘には大量の服を被せた。

奇怪で異常な行動に見えるが、全ての行動に理由があったように思えてならない、いやむしろ異常で片付けたら犯人のメッセージを逃すことになる。犯人はこれ以外にも痕跡に残らないか、紛れてしまってわからなくなった行動をしてるに違いない、その行動が核心で何か大事なメッセージなのかも?

投稿: mn | 2020/01/23 11:38

生理用品を利用したのは軍人の知識とかそんな尊いものではなく、奥さんに対する何か思いがあったのかも。

アイスクリームが大好きなんだろう、麦茶はアイスクリーム沢山食べて喉かわいたから、おそらく疲れて甘い物が食べたくなった。

引き出しをわざわざ浴室まで持っていって、書類を切り刻んだのはその書類をみたくなかったのかな、なにか書類に対する怨恨?他にわざわざ切り刻む理由は?しかし何を探して何が見つかったのかそれとも見つからなかったのか?

現金は目に止まったからついでに盗んだ程度かな、キャッシューカードの暗証番号を生年月日で推測したが、大晦日と正月はATMが休業なことに気づいて断念。しかしこれは正直違う目的がありそう、暗証番号ではなく他のことを探ってたのかも、ここは見落としてることありそうだ。

パソコン操作は暇つぶしではなくメッセージを伝えたかったのかな、誰に?しかしチケット予約する際、住所や氏名は入力しなくてできるのか?このあたりがよくわからん。

物を被せたのはよくテレビで言われる知り合い説の根拠になってる、引き出し(旦那)と服(妻)を分けた理由があるはず。ただ近くにあった物を被せただけかもしれんが。

知人なら隣家に親戚が住んでたことを知ってたはずで、もし朝に気づいたのならそれほどお互いよく知ってるわけではないのかな。

ここまで犯人に荒らされては悔しくてならない、捜査諦めました感満々の警視庁はもう一度先入観なしで捜査すべし、先入観が多すぎ。

投稿: mn | 2020/01/23 12:42

映像を見ました。youtubeの方を見たのですが、非常に狭く改めて奇妙な家ですね。恐らく本来一軒家のスペースに二棟の建物を建てたからああいう構造になったのかな。

階段も非常に狭く、人がすれ違うことができないでしょう。犯人がみきおさんを階段で襲撃したのはやはり逃げ場を作らせず確実に殺害する為でしょうね。

そして最大の疑問は風呂窓から侵入した場合、「一階のみきおさんやロフトにいる泰子さんに気付かれずに侵入が可能なのか?」という点ですね。

特に泰子さんは長女を寝かしつけている最中。作業もしていなかったでしょうし、静かな環境で家内の音には敏感だったと思います。

仮に犯人が風呂窓から侵入するとしても人目につかないように迅速に侵入しなければいけませんし、そうなれば音を立てる確率もあがります。あの狭い風呂窓、さらにサッシも犯人が外しているわけです。その音をあの狭い家で気付かないということがあるんでしょうか?

投稿: 裏銭 | 2020/01/23 12:45

劇団四季のサイトを見ていたことについては、みきおさんのブラウザのお気に入りに入っていたのを開いただけという可能性もありますね。
当初、ネットの通信履歴は犯人がアクセスしたわけではなく、巡回ソフトが作動したせいとの見方もあったようなので。

もし風呂場から侵入したとしたら、侵入の物音をみきおさんや泰子さんが気づいた可能性は全然あると思いますし、それを否定する情報もないと思います。
ただ、屋根裏部屋にいた泰子さんとにいなちゃんは音に気づいたとしても、驚いて怖くてすぐには動けなかったでしょう。
また、みきおさんが物音に気づいて階段を上がってきたところを犯人に襲撃された可能性もあると思います。

個人的には窓の繊維痕がないという情報などから浴室の窓から侵入したのではなく、玄関から侵入したと思っています。みきおさんが招き入れたのか、家族が外出中に侵入したのかはわかりませんが、後者の場合、被害者宅の構造上隠れる場所はなさそうですね…。

投稿: YU | 2020/01/23 20:36

近年闇サイトにおける事件が多く結局主犯格が分からないといった状況で文字通り闇に紛れてしまうのですが、当時そのようなサイトはそれほどないにしても何か殺しを目的とした依頼(嘱託)殺人を想像してしましました。

投稿: 亀さん | 2020/01/24 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京発のぞみ265号無差別殺傷事件その7(手記) | トップページ | 沖縄県総合運動公園ねこ毒殺事件 »