« 京都アニメーション放火殺人事件(7月22日報道) | トップページ | 茨城県鹿嶋市中央図書館ウサギ死骸遺棄事件 »

2020/06/25

兵庫県宝塚市ボーガン家族3人殺害事件その4(計画性と動機)

1)県警は6月25日、この家に住んでいた無職の男性容疑者(23)=伯母への殺人未遂容疑で逮捕=を祖母と弟、母の3人に対する殺人容疑で再逮捕した。県警によると「ボーガンで撃って、3人を殺したことに間違いありません」と容疑を認めているとのこと。

2)再逮捕容疑は6月4日午前5時~同10時10分ごろ、自宅で同居する祖母(75)、弟(22)と、市内の別の家で暮らしていた母(47)の頭をボーガンで撃って殺害したとしているとのこと。

3)県警や捜査関係者によると、容疑者は祖母、弟の後に、重傷を負った伯母(49)=同県西宮市、母の順に撃ったと説明しているとのこと。

4)容疑者はボウガンを今年1月に国内の業者からインターネットで購入したとみられ、「複数回、家で練習をした」などと話しているとのこと。

5)「祖母と弟は早朝に撃った。急所を狙った」などとも話しているとのこと。

6)「家族を恨んでいた」とも話しているが、動機として不可解な点が多く、県警などは刑事責任能力の有無について慎重に調べているとのこと。

7)神戸地検は25日、伯母への殺人未遂容疑について処分保留としたとのこと。

8)県警によると、事件は4日午前に容疑者宅の1階で発生。容疑者は午前5時ごろ、居室にいた祖母(75)、その後起床し洗面所にいた弟(22)をボーガンでそれぞれ襲撃。午前10時ごろに自宅を訪れた伯母(49)、母親(47)の2人を順番にボーガンで撃ったとのこと。

時系列
1996年  現場住宅に祖母が住み始める。
事件の数年前に容疑者ら3人が同居を始める。
2009年頃(推定)小学校高学年で引きこもりがちになる。
2015年
04月   神戸市内の大学に進学
2019年
04月末  前期分の学費が納入できず
その後、休学
09月末 大学を除籍(最終的な除籍の日付)
10月末 後期分の学費が納入できず
12月末 除籍が確定
2020年
01月  容疑者がボーガンをネットで入手
06月04日
05:00頃 祖母を襲撃
その後、起床してきた弟を襲撃
08:30頃 伯母が自宅を出る(時刻訂正10:30→08:30)
その後、伯母に容疑者から電話で呼び出し
母親に携帯のメッセージで呼び出し(時期は不明)
10:00頃 訪問した伯母を襲撃
その後、訪問した母親を襲撃
10:15頃 通報
10:20頃 殺人未遂容疑で現行犯逮捕
17:00頃 搬送先で弟が死亡
06月06日 伯母への殺人未遂で送検。
06月25日 3人に対する殺人罪で再逮捕、伯母への殺人未遂は処分保留

こんなところなんですが・・・ボーガンの購入が今年1月と言うのはちょっと驚きましたね。
なんていうか、もう少し遅い時期かなと思っていました。
そして、何度も練習していると言う事ですから、計画的な殺人事件ですね。

ただし、ボーガン購入が最初からこの事件を起こす事を目的にしているのか?と言うののはまだ、情報が出ていないと思います。
結果的にボーガンが凶器になってますが、購入の目的が事件に使う為だったのか?がはっきりしません。

と言うのも、これまでの報道の中では、ボーガンを購入してから、事件を起こすまでの期間の情報がほぼ抜け落ちています。

なので、ボーガンの購入が最初から殺人の為であるなら、購入前に動機が形成されていたと言う事なんですが・・・
一方、購入後に事件を決意したのであれば、動機は購入後に形成されている事になります。

購入時に既に決断していたとしたら、動機になりそうなのが、大学の中退に関わる半年間続く、学費滞納問題なんですが・・・
しかし、これまでの報道を見る限り、学費滞納や除籍といった事柄に対して容疑者はあまり関心を持っていないように見えます。
関心があれば、自分が除籍になった事ぐらい知っているはずですよね。大学からの通知を見ていなくても、学費滞納の規定ぐらいはネットで調べるなり、大学に問い合わせるなりして知る事ができるはずですし、実際に学費が納入されたのか?を母親に確認する事ぐらいできるでしょう。

だとすれば、もっと別の何かが事件の動機になっていると思います。
これは、購入後に動機が形成された場合も同じですね。

動機は怨恨のようなのですが・・・責任能力の話が出ているのが気になります。
精神鑑定になるのかな?

だけど、凶器の購入、凶器の練習、母親への呼び出し、伯母の来訪の確認と、どれも合理的な判断をしているので、犯行時に心神喪失と言う事にはならないような気がしますね。酌量の理由にはなるかもしれませんが。

ただ、もしかすると、この事件は防ぐ事ができたのかもしれませんね。
凶器がボーガンで、家の中で練習しているので、もし、容疑者の部屋を誰かが覗いていれば、ボーガンの存在を知る事ができて、容疑者がこれを凶器に使う事、何等かの事件を起こすかもしれないと言う不安を持つ人が出たかもしれません。

その意味では、家庭内でも容疑者が孤立していた事で、事件を予測する事ができなかったと言う事なんでしょうね。
同居の弟とは不仲だし、高齢の祖母は2階の容疑者の部屋を覗くなんて事はしないでしょう。そして不仲で別居中の母親も同様に容疑者の部屋を覗く事は無かったでしょうね。

かろうじて伯母が覗く可能性があったのかな。
とは言え、伯母が親族とは言え23歳の独身男性の部屋を覗くのは色々と勇気が必要かもしれませんね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
兵庫県宝塚市ボーガン家族3人殺害事件その3(動機の推測)

|

« 京都アニメーション放火殺人事件(7月22日報道) | トップページ | 茨城県鹿嶋市中央図書館ウサギ死骸遺棄事件 »

コメント

精神鑑定です。

神戸地検は7月6日、容疑者の鑑定留置を神戸簡裁に請求し、認められたと発表した。決定は3日付。
地検によると、期間は今月6日~11月5日の約4カ月間。専門家による精神鑑定を実施し、事件当時の刑事責任能力の有無を調べるとのこと。

時系列
1996年  現場住宅に祖母が住み始める。
事件の数年前に容疑者ら3人が同居を始める。
2009年頃(推定)小学校高学年で引きこもりがちになる。
2015年
04月   神戸市内の大学に進学
2019年
04月末  前期分の学費が納入できず
その後、休学
09月末 大学を除籍(最終的な除籍の日付)
10月末 後期分の学費が納入できず
12月末 除籍が確定
2020年
01月  容疑者がボーガンをネットで入手
06月04日
05:00頃 祖母を襲撃
その後、起床してきた弟を襲撃
08:30頃 伯母が自宅を出る(時刻訂正10:30→08:30)
その後、伯母に容疑者から電話で呼び出し
母親に携帯のメッセージで呼び出し(時期は不明)
10:00頃 訪問した伯母を襲撃
その後、訪問した母親を襲撃
10:15頃 通報
10:20頃 殺人未遂容疑で現行犯逮捕
17:00頃 搬送先で弟が死亡
06月06日 伯母への殺人未遂で送検。
06月25日 3人に対する殺人罪で再逮捕、伯母への殺人未遂は処分保留
07月03日 精神鑑定の請求が認められる。
07月06日 精神鑑定開始
11月05日 精神鑑定終了予定

投稿: ASKA | 2020/07/06 17:51

神戸地検は10月20日、殺人などの容疑で逮捕された男性容疑者(23)の鑑定留置について、12月10日までの延長が認められたと発表したとのこと。
当初の留置期間は、7月6日から11月5日までだった。

何か問題でも見つかったのかな?
公判を待ちましょう。

投稿: ASKA | 2020/10/20 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都アニメーション放火殺人事件(7月22日報道) | トップページ | 茨城県鹿嶋市中央図書館ウサギ死骸遺棄事件 »