« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020/08/29

神奈川県平塚市高浜台新妻殺害事件その2(一審判決)

長文注意
***初公判(7月28日)***
1)殺人と死体遺棄、死体損壊の罪に問われた無職の男(27)の裁判員裁判が28日、横浜地裁で始まった。
被告は起訴内容をおおむね認めて罪の成立を争わないとしたものの、遺体の一部について「(海に)投棄したのではなく紛失した」と述べたとのこと。
 
2)検察側は冒頭陳述で、被告が入籍前に妻に内緒で仕事を辞めて無収入になり、趣味のボードゲームの購入費や生活費のために借金を重ねていたと指摘した。
返済のために妻のクレジットカードを無断で使用し、入籍時の祝儀も使い込んだが、妻に気付かれて非難されたことで「自尊心を傷つけられ夫婦関係が修復できないと考え、殺すしかないと決意した」と経緯を述べたとのこと。
 
証拠調べでは、クレジットカード会社などからの被告の借入額が249万円余りに上ったことを明らかにしたとのこと。
 
別の報道では
「犯行態様は強い殺意に基づくもので悪質だ」と指弾したとのこと。
 
3)弁護側は、事実関係についてほとんど争いがないとしつつも、切断した遺体の一部は「海中に投棄していない」と主張。また、「犯行は計画的ではなく、突発的だった」などとして情状酌量を求めたとのこと。
 
4)起訴状などによると、被告は令和元年6月25日、自宅で、当時26歳だった妻の首を両手やビニールひもで絞めて殺害し、遺体を包丁やのこぎりで切断。その後、遺体をスーツケースに入れ、平塚市内の海に遺棄したとしているとのこと。
 
***第2回公判(7月29日)***
被告人質問
1)被告によると、入籍前に仕事を辞めた被告はそのことを秘すため、出勤を装って外出する生活を送ったとのこと。「みっともない姿を見られたくなかった。嫌われてしまうと思った」。更に生活費を工面するため借金を重ね、妻のクレジットカードにも手を出すようになったとのこと。
 
2)その後再就職したが、事件の1週間前に預金の使い込みが妻に露呈した。被告名義のカードを預けるよう求められ、念書も提出する事態になった。
さらに事件前日には一時期無職だったこと、入籍時の祝儀を使い込んだことも被告が打ち明けたとのこと。
その時、「今まで向けられたことのない厳しい目」で妻は、普段使わない「あんた」と被告を呼び激高したとのこと。
 
深夜まで話し合いが続いた後、同じ寝室に入った夫婦。眠れずにいた被告に気付いたのか、その手を妻は握った。が、「優しくされて喜んでしまう自分が嫌だった」と被告は拒否したとのこと。
 
この時の心境についての補足情報
「すべてを終わらせたい」。借金暮らしと決別しようと考えたが覚悟ができず、そんな状態で妻の手を握る自分が許せなくなった。
 
3)「妻は愛してくれているのに。どうしたら(結婚生活を続ける)覚悟ができるのか」と眠る妻の横で考え続けた末、選んだのは台所に包丁を取りに行く行動だったとのこと。
 
4)殺害後、遺体を切断して平塚市の海に捨てた理由には「(殺害した)現実を認められなかった。遺体をなくせば何もなかったことになると考えた」と語ったとのこと。
妻への思いを問われると、「妻には何の落ち度もない。覚悟ができないと自分が言えば良かった」と述べたとのこと。
 
***その他の公判***
公判は全部で5日間あったと言う事なので、2日分の公判の情報がありません。
 
***判決公判(8月7日)***
1)横浜地裁は男に懲役17年(求刑・懲役23年)の判決を言い渡したとのこと。
 
2)判長は、「何ら落ち度のない被害者を殺害するという身勝手極まりない犯行で、動機や経緯にくむべき点はない」と指摘したとのこと。
 
一方で、「死亡結果発生の危険性を高めるような計画性までは認められず、自首もしている」などとして、被告に懲役17年の判決を言い渡したとのこと。
 
別の報道では
裁判長は、被告に無断で金を使い込まれてもなお、妻は結婚生活を続けていこうとしていたと指摘。それにもかかわらず、「(借金を返していく)覚悟ができず、すべてを終わらせようと思った」との動機で事件を起こした被告について、「身勝手極まりない」と断じたとのこと。
 
一方、被告が自己愛性パーソナリティー障害と診断されたことを踏まえ、「障害と向き合い、更生する意欲を示している」と量刑理由を述べたとのこと。
 
3)判決によると、被告は昨年6月25日未明、自宅で、妻(当時26歳)の首をひもで絞めるなどして殺害。同27日未明までの間に、遺体を切断するなどしたうえで、スーツケースに入れて平塚市に運び、海に遺棄したとのこと。
 
***証人尋問の情報?***
妻の母親の証言
「あなた(被告)が今までの人生で育みきれなかった心を探して生き直すことが、私たちをも救う道になるのではないか」
 
注:公判中の発言なので、証人尋問の内容だと推測します。
 
***その他の情報***
2人は新潟県にある国立大学の同級生。3年の時から交際し、ともに大学院に進んだ。2017年春、妻は外資系企業に就職。被告は修了できずに中退し、「やりたいことが見つからない」とアルバイトを始めたとのこと。
 
18年の秋、妻の転勤を機に結婚し、川崎に移住。被告はこの際に戸籍を見て、小学5年の頃に母親と別れた父親が再婚していたことを知った。父親からは養育費も受けていなかった。「こうはなりたくないなと思った」とのこと。
 
川崎では生活費に加え、趣味のボードゲームの出費がかさみ、クレジットカードで支払ってはキャッシングで返済するようになったとのこと。
その後、妻の預金や結婚のご祝儀を使い込んだ。
昨年6月に使い込みが発覚した頃には、借金は奨学金を含め570万円に上っていたとのこと。
 
こんなところですね。
この事件の動機が理解しにくいのは、「許してくれた妻を殺害している点」なんだろうと思います。
「二人でやり直そう」と言ってくれた妻を殺害している。
 
証言によれば
「優しくされて喜んでしまう自分が嫌だった」
なんですが・・・これはあくまで、「自分が嫌だった」ので、本来なら怒りは自分へ向かうべき物なんだろうと思います。
それが、「優しくしてくれた妻」を殺害すると言うのは、完全な八つ当たりですよ。
ただ、本当にそんな単純な思考だとは思えないのです。
 
でなぜ、殺害したのか?
私が思うに可能性は二つかと思います。
A)このまま、一生、妻に頭が上がらない生活を嫌った場合。
 ただ、それだけなら、借金は自分で返済すると言う条件で離婚すれば良い話なんだと思います。
それで、少なくとも、妻とは離れる事ができて、情けない姿を見せる事は無いでしょう。
 
B)現在の(趣味の)生活を変えたくなかった場合。
ここで、そもそも論なのですが、趣味のボードゲームで借金を作るってどんな状況なんでしょう?
ボードゲームと言う単語だけだとはっきりしませんが、可能性は3つですよね。
 
1)趣味でボードゲームを制作していた場合。
趣味の仲間内でボードゲームを作成していたのであれば、カードや説明書などは、手製でそれほどコストがかかるとは思えないです。
なので、販売目的でボードゲームを作成して、それが売れなかったと言う場合だと、原価3千円でも100セット作れば、30万円ですから、それを何度も繰り返せば、100万単位の損失(借金)ができてもおかしくは無いと思います。
 
2)趣味でボードゲームをプレイしていた場合。
ここで注目するのは「ボードゲーム」と言う言葉です。ネットゲームなどの「課金」で浪費したわけでは無いんですよね。
普通に考えれば、ボードゲームは「買い切り」型の物だと思うので、そこに多額の費用がかかるとしたら、単価が高額の場合と
購入した数量が多い場合の二つだと思います。
 
その場合も価格を見ると、高額な物でも単価1万円ぐらいなんですよね。
 
それに、「カードゲーム」でも無いので、高額なカードの購入でも無いんですよね。
ただ、ボードゲームの「参加費」と言う可能性はあるかもしれませんね。
 
3)ボードゲームで「賭け」をしていた場合?
賭けで連想するのは麻雀ですが、それなら「麻雀」と表現するでしょうし、一般的に麻雀は「ボードゲーム」には含まれないようです。
ボードゲームは普通に考えて、参加者の中で勝敗が決まるゲームなので、「賭け」の対象にはなると思います。
ただ、その場合は「ボードゲーム」ではなく「ギャンブル」で浪費したと言う表現になりそうな気がします。
 
被告がボードゲームにどのようにお金を使っていたのかご存じの方がいたら教えてください。
 
どんな理由か分からないが、「ボードゲーム」を辞めたくなかった。
つまりはギャンブル依存症とかゲーム依存症のような状態だったとすれば、無意識に「ボードゲームをプレイするのに障害になる妻」を排除したと言う説明はアリだと思います。
 
他に関連しそうなのは「自己愛性パーソナリティー障害」です。被告はそう診断されているようですね。
「自己愛性パーソナリティー障害」の特徴としては
自分の能力を過大評価し,自分の業績を誇張する。
他者による批判ならびに恥辱感および敗北感を味わわせる失敗に敏感であり,これらを気にしている。怒りまたは軽蔑をもって反応したり,悪意をもって反撃したりすることがある。
 
と言う事のようですが・・・ただ、そうならば、預金やご祝儀の使い込みを素直に告白したりしないのではないか?と言うのが疑問です。起業する為とか嘘の理由を話しそうな気がしますね。
 
ただ、ボードゲームにのめりこんだ理由は「他者から賞賛される為に勝ち続けたかった」と言うのは考えられるかもしれません。
その為に、ひたすらゲームを続けていたと言うのであれば、少額の参加費でもトータルで高額な費用になったと言う可能性はあるかもしれませんね。このあたりはあくまで推測です。
 
ただ、裁判では被告が自己愛性パーソナリティー障害と診断されたことを踏まえ、「障害と向き合い、更生する意欲を示している」と量刑理由を述べたと言う事なので、この障害が犯行に影響したとは言及してないようです。
 
いずれにせよ、結婚相手は慎重に選びたいですね。
 
亡くなった女性のご冥福をお祈りします。
 

| | コメント (4)

2020/08/10

佐賀県西松浦郡有田町猫虐待事件

有田町の山中には、駐車スペースや憩いの場があるため、以前から猫が捨てられている場所がある。
5月末時点で、三十数匹がいるとのこと。
そのうち虐待の可能性がある猫が5月だけで3匹見つかったとのこと。
 
1匹は顔や首、背中や前脚など身体のあちこちを、刃物のようなもので傷つけられていた。
 
別の猫は、呼吸がおかしいため保護したが、間もなく死んだ。横隔膜が破れ、心臓と腸が癒着していたことが分かった。別の場所で蹴り上げられる虐待を受けた猫と同じ病状だったとのこと。
 
もう1匹は骨盤を折っていたとのこと。
 
今年5月に傷を負った猫が確認された場所とは別の地域で、脚に針金が人為的に巻かれた黒猫が1匹見つかったとのこと。
 
針金が巻かれた黒猫が見つかったのは、前回の山間部とは違い、民家が点在する地区。近くの人によると、3カ月程前に頭にけがを負い、最近になって脚も腫れていたとのこと。
 
針金は前と後ろの左脚に確認された。後脚は膝関節付近に3重に、前脚は肘関節付近に2重に巻かれ、外れないよう先端がねじってあったとのこと。特に後脚は、食い込んだ針金が骨にまで達し、針金を皮膚に刺した可能性がある部分もあり、7月末に切断手術が施されたとのこと。
 
時系列
2020年
05月 山間部で虐待されたと思われる猫3匹が発見される。
07月 民家が点在する地区で足に針金が巻かれた猫が発見される。
 
整理すると5月の事件は
A)刃物による多数の傷がある猫が1匹
B)腹を蹴り上げられ内蔵破裂とみられる猫が1匹
C)骨盤骨折の猫が1匹
 
7月の事件は
D)左側の前と後ろ脚に針金が巻かれた猫が1匹
 
こう見ると、5月の事件は直接的な暴力を受けていて、短時間に死亡するような傷を負っている。
一方、7月の事件は短時間で死亡するような傷ではないと言う点をどう考えるか?ですね。
 
普通に考えれば、虐待の方法が違うし、場所も違うので、5月と7月の事件は別人による犯行と考えた方が良いのかな。
 
ただ、7月の事件の目的がちょっと気になります。
民家の近くと言う事で、野良猫の駆除目的と考えられなくもないのですが、駆除目的にしては手が込んでいる。
駆除ならもっと簡単な方法があったでしょうね。
 
そこを考えると、虐待を楽しんでいるようにも見えるけど・・・その為には、苦しむ猫の姿を確認できるような状態でなければならないと思うんですよね。
 
けれど、直接、死亡に直結するような暴力では無いと・・・
若年者のイタズラ感覚と言うあたりなのかな?
 
まーイタズラだとしても、やられる猫にしたらイタズラでは済まない話ですけどね。

| | コメント (0)

2020/08/05

山梨県道志村7歳女児不明事件その5(残念な余波)

山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になった女の子の母親に対し「お前が犯人だろ。殺すぞ」などと脅迫したとして31歳の自称・とび職の男が逮捕される事件が起きている。
 
警察によると、脅迫の疑いで逮捕された自称・とび職の男性容疑者は、去年10月から11月にかけて千葉県成田市の女性に「おまえが犯人だろ。殺すぞお前」などとおよそ10回メッセージを送り脅迫した疑いがあるとのこと。
 
容疑者が脅迫をした女性は、去年9月、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明となった女児の母親で、被害届が出されたため、警察が、捜査を行っていたとのこと。
 
調べに対し、容疑者は「実際に殺すつもりはなかった。反省している」と容疑を認めているとのこと。
 
こんな事件が起きていました。
酷い話です。
なぜ、こんな事をしたのか?
やはり、自分で推理した事が正しいと思い込んだ上に、正義感が暴走したのかな?
 
しかし、「自首しろ」なら分かるけど、「殺すぞ」は無いですよね?
 
何か別の目的があったのかな?
続報を待ちましょう。
 

| | コメント (4)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »