« 福岡県粕屋町女性会社員殺人事件その4(一審判決) | トップページ | 大阪府大阪市知的障害者3歳児殺害事件その2(一審判決) »

2020/09/23

茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その18(節目報道1年と妄想)

まずは報道情報です。
1)犯人が侵入に使ったのは1階にある脱衣所。鍵の掛かっていない窓から侵入したとみられるとのこと。
脱衣所の窓に犯人のものとみられる痕跡が残されていたとのこと。
 
2)室内に家族以外の指紋はなく、犯人は手袋をしていたとみられるとのこと。
 
3)子供達の証言によると、犯人は中肉の男で、黒っぽい服に黒っぽいマスクをつけていたとのこと。
 
黒っぽい長袖と長ズボン姿、黒色のマスクや帽子を着用していたとのこと。
 
4)被害者自宅の包丁は使われていないとのこと。
犯行には市販されている文化包丁が使われた可能性が高い。
 
5)捜査関係者によると、外壁にはよじのぼったような足跡が残されていたとのこと。
 
6)住宅北側の小道では血痕が付着したスリッパが見つかった。被害者宅で使われていたもので、血痕は襲われた家族のものとみられるとのこと。
 
7)地元住民らによる有志の団体が今月、容疑者の逮捕に結びつく有力な情報に最高100万円を支払う懸賞金を設けた。期間は今年9月23日から3年間の予定とのこと。
 
こんなところですね。
ほぼ既出の情報ですね。
 
犯人は黒っぽい服装で帽子にマスクをしている。念入りにマスクまで黒です。
凶器も準備しているわけだけど・・・慎重に計画した犯行なのだろうと思います。
事件が9月23日の0:30頃に発生、犯人が思いつきで事件を起こしたわけではなく、計画的な犯行なら、犯行の実行を判断したのは前日9月22日でしょう。
 
9月22日の下妻市の1時間毎の気象情報はこちら
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/hourly_a1.php?prec_no=40&block_no=0322&year=2019&month=9&day=22&view=
 
この日の下妻市の日没は17:38、日没後の暗くなったあたりでどうするか?の決断を迫られていたと思いますが・・・
この時の気温は22度から23度なので、長そで、長ズボンは気温的にもアリですね。
 
一方、昼間の気温は最高気温26.5度なので、昼間は半そででいたのではないか?と思います。
ただし、前々日の21日の最高気温は23.3度、3日前の20日の最高気温は25.3度なので、長そで長ズボンの生活になっていた可能性はありますね。
 
そこは置いとくとしても、黒っぽい服装を選択しているのは返り血を考えての対策かもしれません。
日が落ちてからの帽子なので、こちらは顔を隠す為でしょうね。
同様に黒のマスクも同じ理由だと思います。
 
ただ、私としては、この「黒マスク」に犯人につながる細い糸なのではないか?と考えています。
 
理由としては、1年前のこの時期はまだ、コロナウィルスのパンデミック前なので、この時期にマスクを使う人は秋の花粉症対策として使う人が大半なのではないか?と思います。
 
当然、使い捨ての不織布タイプが圧倒的に多いと思うんですよね。ただ、その中でも「黒」と言うのは需要がかなり少ないのではないか?
だとすれば、この黒マスクの販売情報から犯人につながるのではないか?と妄想するわけです。
 
ただし、これだけでは犯人を浮かび上がらせるには情報が不足しています。
ここからは仮定になりますが、この黒マスクは「犯人が顔を隠す為にこの時、1度だけ購入した物」であると仮定すると、絞り込む事ができます。
 
絞り込む情報は、事件の1か月前の8月23日から9月22日のまでの間に、それ以前とそれ以後を含めて1度だけ「黒のマスク」を購入している人物を茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県の中から抽出します。
 
人物の抽出はポイントカードに記録された消費行動記録から抽出するわけです。ネット通販の販売記録も使えますね。
そして、該当する人物から性別で男性だけを抽出します。
 
購入記録の時間と場所から、販売店を特定すれば、その時間の防カメ映像で容姿を確認する事もできますね。
まー1年も経過しては、防カメの映像は残ってないでしょうが・・・黒のマスクの情報は事件直後に証言されていたはず。
だとすれば、捜査本部もすでに捜査しているかもしれませんね。
 
怨恨なら、その中から被害者家族と接点のある人物をさらに抽出する事ができるでしょう。
流しの場合は、一人ずつの潰し捜査になるかもしれませんね。
 
他には現場周辺の道路沿いの防カメに帽子やマスク姿の人物をしらみ潰しに調べると言うのも方法としては有りだと思います。
 
更にもう一つ、犯人が黒の不織布マスクを購入したとして、1枚だけと言うのは無いと思うんですよね。
普通は何枚かセットになっている。
なので、事件後も残った、黒マスクを使っていた可能性があります。
冬のコロナのパンデミックでマスク不足ですから、有るなら使ってもおかしくありません。
普段は白マスクを使っている人が、この冬だけ黒マスクを一時的に使っていたなんて言うのも、手がかりになるかもしれません。
 
些細なところに、手がかりがあるかもしれません。
そういえば・・・と思ったら、こちらへ電話してください。
県警への情報提供はフリーダイヤル(0120)007285まで
 
犯人逮捕に期待しましょう。

|

« 福岡県粕屋町女性会社員殺人事件その4(一審判決) | トップページ | 大阪府大阪市知的障害者3歳児殺害事件その2(一審判決) »

コメント

黒は暗闇でも目立たないためかな、布ではなく不織布マスクだったのかな?

最近は田舎でも大通りは防犯カメラだらけ、首都圏ならなおさらかな。ヒットしないのは意外に遠くではないか、現場周辺を熟知してるか。

犯人は他の事件とかで催涙スプレーを使ったことあるのでは?

投稿: mn | 2020/09/24 20:40

mnさん、こんにちは

布製か、不織布かは目撃した長男が証言できそうですが、詳しい報道は無いですね。

怨恨なら容疑者を絞り込んでいる可能性はありますが、逮捕できないなら、決め手になる証拠が無いのでしょうね。

流しとなると、防カメが有力な手がかりになりそうですが・・・しらみつぶしに捜査をしてるのかな?

投稿: ASKA | 2020/10/13 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福岡県粕屋町女性会社員殺人事件その4(一審判決) | トップページ | 大阪府大阪市知的障害者3歳児殺害事件その2(一審判決) »