« 2020年10月 | トップページ

2020/11/02

東京都練馬区平和台女子専門生殺人事件その3(一審判決)

判決は懲役19年(求刑無期懲役)です。
***初公判(9月15日)***
男性被告は2018年、当時、交際していた専門学校生の女性の首を絞めて殺害し、キャッシュカードを奪って現金を引き出した上、女性の遺体を福島県内の駐車場まで車で運んだ強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われている。
 
1)被告は「殺害したことは間違いありませんが、金品を強奪する目的はありませんでした」と、起訴内容を一部否認したとのこと。
 
2)検察側は冒頭陳述で、「お金に困っていた被告人が被害者から別れ話を切り出され、殺害し、金品を奪うことを決意した」と指摘したとのこと。
 
***論告求刑公判(9月18日)***
報道はされていないです。
1)遺族の意見陳述
  概要としては、被告人に死刑を求める。
2)検察側論告
  概要としてはカードの使用が40回を超え、事件後に風俗を検索して使っている。
  被害者を拘束しているが、殺害の為ではなく、暗証番号を聞き出す為だ。
  事件の後悔は微塵もなく、殺害は一度首を絞めて蘇生した被害者を再度絞殺しており、残忍。
  よって無期懲役を求刑する。
3)最終弁論
  この事件は無理心中事件を主張
4)被告の最終意見陳述
  被害者に申し訳ないと謝罪
 
***判決公判(10月2日)***
1)東京地裁は懲役19年の判決を言い渡した。強盗殺人罪の成立は認めず、殺人罪と窃盗罪にとどまるとしたとのこと。
 
2)東京地裁は「殺害後、金品を取る意思を生じた可能性がある」などと指摘。「強盗殺人罪ではなく殺人罪が成立し、キャッシュカードなどを取った行為については、窃盗罪が成立する」としたとのこと。
 
別の報道では
判決は、殺害から現金の引き出しまでに半日以上空いていたことなどから、「殺害後に金品を盗む意思が生じた可能性があり、強盗殺人罪には当たらない」としたとのこと。
 
3)「別れ話のもつれから殺害するなど身勝手かつ短絡的。被害者の死を利用して犯罪を重ねており、強く非難されるべき」として、懲役19年を言い渡したとのこと。
 
4)判決理由で裁判長は「別れ話のもつれから口論となり、殺害を決意した」と指摘したとのこと。
 
5)「無理心中をするつもりだった」とする弁護側の主張は、「被告が自殺を試みた形跡はない」と否定したとのこと。
 
こんなところですね。
公判回数は他にもあったかもしれません、報道が無いので、詳細は不明です。
 
さて、ちょっと驚いたのは、被害者と被告は交際関係にあったんですね。
事件発覚当初の報道では、この部分は出ていませんでした。
 
事件発覚当初に報道された、現場に残されたメモでは「嘱託殺人」を匂わせていましたが、こちらは検察側は強盗殺人で起訴してますし、公判の中で嘱託殺人と言うのは話題に上っていないようです。
 
メモには心中しようと言うのもありましたが、裁判長は自殺を試みた形跡は無いと否定してます。
 
つまり、経緯としては、交際関係にあった女性から別れ話を出されて激高し殺害した。
咄嗟に嘱託殺人や心中を匂わせるメモを残して、遺体を運び出し、福島県まで運び、その間に被害者のクレジットカードを使ったが、これは「強盗」ではなく「窃盗」だと言う解釈のようですね。
 
私としては、現場に残されたメモに「お金をあげるから」と言う文言が入っている以上、殺害直後にお金を引き出す事を予告しているわけで、実際の引き出しが殺害から半日後だったとしても、殺害直後にお金を引き出す事を予告しているので、強盗が成立するのでは?と思うのですが・・・どうなんでしょうね。
 
まー判決から2週間経過して控訴の報道が無いので、検察側も控訴しなかったのかな?
(強盗殺人の立証に自信が無かったと言う事かな)
 
うーん、この事件での教訓としては、以前から書いてますが、「交際相手は選びましょう」と言う事と、「別れ話はよく考えてしましょう」ですね。これは「別れ話を思いとどまれ」と言うのではなく「別れ話の結果、相手が暴力に及ぶ可能性を考慮せよ」と言う意味です。
別れ話のもつれで殺人と言うのは、これまでも沢山ありましたし、多分、これからもあるでしょう。
 
被害者に成らない為には、このあたりは考えないとダメなんでしょうね。
 
亡くなった女性のご冥福をお祈りします。
 

 

| | コメント (1)

山梨県道志村7歳女児不明事件その5(特番のメモ2)

世界仰天ニュース(2020年10月27日放送)のメモ
 
私は当日の放送を途中からしか見てないのですが、ご丁寧にOA内容のまとめが公開されてましたので、こちらを参考にしていただきたいです。
https://www.ntv.co.jp/gyoten/articles/324huxn0kel2t6ltcp1.html
 
さて、今回報道で目新しいものは
1)この日は、40か所ほどある広場の半分ほどうまっていたという。
2)警察は沢に流された可能性を疑ったが沢は深くなく、当日も流されるような水量はなかった。
3)1時間ほどして、数時間前まで着ていたチェックシャツを使い警察犬による捜索が始まった。
しかし、警察犬は反応を示さなかった。
 
時系列
09月21日
12:15頃 女児一家(母、姉)がキャンプ場に到着
13:00  昼食後に子供たちが広場近くで遊ぶ
15:00過 子供たちがおやつを食べていた。
15:35  女児以外の子供が沢に遊びに出かける
15:40頃 女児が子供たちの後を追いかけていく
15:50  大人が子供たちを迎えに行く
16:00頃 戻った子供の中に女児がおらず、女児が不明になる、捜索開始
17:00  警察に通報
18:00  警察官が現場に到着
19:00  警察犬による捜索をしたが、犬は全く反応せず
20:00  大人が捜索を継続
09月22日
01:30  女児の父親が到着、3時まで捜索を続ける
09月24日 60人態勢で捜索
09月25日 290人態勢で捜索(自衛隊が参加)
09月26日 270人態勢で捜索
09月27日 270人態勢で捜索
09月28日 240人態勢で捜索
09月29日 約100人態勢で捜索(自衛隊が撤収)
09月30日 約35人態勢で捜索(消防団が撤収)
10月01日 約40人態勢で捜索
10月02日 約50人態勢で捜索
10月03日 約50人態勢で捜索
10月04日 約35人態勢で捜索
10月05日 約35人態勢で捜索
10月06日 約35人態勢で捜索
 
09月23日の捜索情報が抜けていますが、捜索はされています。
 
こんなところですね。
1)の内容からキャンプ場には人が多かったようですね。
警察は事件の可能性も疑っているので、当日、キャンプ場に来ていた人全員から話しを聞いているでしょうね。
 
2)沢(川)に流された事を疑って捜索しているニュース映像が繰り返し放送されてましたが、流されるほどの水量は無かったんですね。
見つからないから捜索範囲を拡大していく中で、水量の多い川の映像がクローズアップされてしまったと言う事なんでしょうね。
 
3)捜索開始1時間後には警察犬を導入していたが、犬はまったく反応しなかった。
 今回の情報で一番気になった情報です。
 
前回の『特捜!最強FBI緊急捜査 日本の未解決事件を追う!』
2019年12月15日放送(フジテレビ)
では、この点には触れらずに、専門の捜索犬「K9」を投入と言う話になっていたので、当初の捜索には警察犬は導入されていないと思ってました。
 
ただ、警察犬が全く反応しないと言うのは気になりますね。
警察犬の鼻を狂わす何かがあったのか?
 
ただ、この点については過去の事例2016年5月28日の北海道で7歳男児の置き去り事件の時に同様の現象が起きていました。
林道沿いの山林の中に男児を置き去りにして、5分後に戻ったら、男児は消えていました。
その6日後に6キロ離れた場所で無事に発見されました。
この事例の時に、警察犬が導入されましたが、まったく反応しなかったと話題になりましたね。
 
そういえば、似たような不明事件で2018年8月の山口県周防大島町の事例もありますね。
男児(2)が行方不明になったのは、2歳の誕生日を控えた12日午前10時半ごろ。帰省先の曽祖父宅から祖父(66)と兄(3)と近くの海岸に向かったが、100メートルほど歩いたところで「帰る」などと言って、1人で家の方へ戻った。祖父は家の近くまで歩く姿を見ていたが、その後行方がわからなくなり、警察と消防が延べ550人で捜索。
発見されたのは3日後の15日午前6時半ごろ、この時は後にスーパーボランティアと呼ばれる男性によって発見されています。
 
こちらの事例でも、警察犬が導入されたが発見されませんでした。
 
色々ググってみると、色々な理由で警察犬が反応しない事があるようですから、警察犬も絶対と言うわけでは無いと言う事なんですね。
 
過去の事例を見ると、想定外の場所に移動していて発見されないと言うのもあるかもしれませんね。
2018年の山口県の事例では男児が発見された場所は、一度捜索された場所だったと言う事でした。
 
とは言え、山梨県道志村の案件では15日間も捜索してますから、この捜索範囲から女児が自力で抜け出すのは7歳女児には難しいかもしれませんね。
 
そうなると、やはり事件の可能性が高くなるのかな。
過去の連れ去り事件だと、犯人は独身男性である事が多いから、そのあたりから細い蜘蛛の糸たどるしかないかもしれませんね。
 
ただ、その細い蜘蛛の糸を探すのも大変です。
続報を待ちましょう。

参考リンク
山梨県道志村7歳女児不明事件その5(残念な余波)

| | コメント (2)

« 2020年10月 | トップページ