« 和歌山県白浜町保険金殺人事件(一審判決) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その19(体験殺人?) »

2021/04/05

埼玉県さいたま市桜区家出長男母親殺害事件

3月15日(月)母親を刃物で殺そうとしたとして、埼玉県警浦和西署は住所不定、自称無職、男性容疑者(23)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕する事件が起きている。

母親は搬送先の病院で死亡が確認された。同署は殺人容疑に切り替えて調べるとのこと。

逮捕容疑は3月15日午前10時20分ごろ、さいたま市桜区白鍬の実家で、母知美さん(45)の背中を刃物で刺して殺害しようとしたとしている。「包丁で刺したことは間違いない」と容疑を認めているとのこと。

同署によると、容疑者は両親、弟と4人暮らしだったが家出し、父親が1月に行方不明者届を提出。3月15日午前、母親から同署に「息子が帰ってきた。届け出を取り下げたい」と電話があったが、突然悲鳴が上がり、容疑者とみられる人物が電話口で「母親を刺した」と申し出たという。駆けつけた署員が取り押さえたとのこと。

警察は、容疑を殺人に切り替えて、3月17日朝に送検した。

その後の調べで、容疑者が、「何もかも嫌になり、母親を殺して刑務所に入ろうと思った」と供述していることがわかり、警察は動機をくわしく調べているとのこと。

容疑者は、自宅から徒歩数分の場所にあるスーパーで仕事をしていたが、2021年1月に仕事が嫌になり、家出をしたとのこと。

調べに対し容疑者は「何もかも嫌になり、母親を殺して刑務所に入ろうと思った」とのこと。

容疑者は地元の中学、高校を経て大学を卒業し、昨年4月に近隣のスーパーに就職した。

「高校時代、大学時代は近くの同じ系列の別のスーパーのレジでバイトをしていたとのこと。 

勤務先のスーパーの広報によると
「“仕事がイヤになった”とは聞いたことがありますが、それ以外は失態があったとか、怒鳴られたとか、特別にトラブルや問題もなく、勤務していました。どんな理由で辞めたのかは、捜査中でもあるのでコメントしかねます……」とのこと。

時系列
学生時代 就職したスーパーと同じ系列のスーパーでレジのバイトをしていた。
2020年
04月   近隣のスーパーに就職
2021年
01月   仕事が嫌になり家出、家族が不明者届けを出す。
03月15日 家に戻るが、事件発生。現行犯逮捕。
03月17日 送検

こんな事件ですね。
1)仕事が嫌で家出すること。
2)刑務所に入りたくて事件を起こすこと。
3)家族を殺めること。

どれも、珍しい事ではありません。
ただ、この3つが同時に起こるのは珍しいかもしれないですね。

1)の仕事が嫌で家出と言うのも、新人では時々ありますよね。
学生のバイトとフルタイムではかなり勤務内容も違っていたかもしれません。
他には人間関係なども要因としては考えられますが・・・今ある情報では特に仕事上のトラブルは無かったようですね。

2)刑務所に入りたくて事件を起こと言うのは、経済的に追い詰められている人などで時々いますね。
ただ、だから殺人を起こそうと言う人はあまり聞いたが事がありません。
どちらかと言えば、犯罪をする事が目的では無く、結果的に刑務所に行きたいだけなので、軽犯罪を選択する人が多いんじゃないかな?

3)家族を殺めること、も今では珍しい事では無いのですが・・・これも、どちらかと言えば、家庭内でトラブルが起きているとか、ひこもりで家族以外に接点が無い場合などが多いと思うんですよね。

なので、1)の家出の理由が本当に仕事に理由があるのか?は確認が必要だと思います。
「何もかも嫌になり、母親を殺して刑務所に入ろうと思った」
この供述だけを見ると、「できるだけ長く刑務所に入りたい」と言う事に見えます。

でも、「死刑になりたい」では無いので、家族と無理心中や間接自殺を狙ったわけでは無いようです。
なので、なぜ被害者が母親一人なのか?と言うのは疑問のあるところですね。

なぜ、刑務所なのか?家に引きこもりではダメなのか?なぜ「何もかも嫌になった」のか?なぜ被害者が母親なのか?

このあたりは供述を待つしかないようですが・・・責任能力に問題が無いのか?と言うのは気になるところですね。

続報を待ちましょう。

|

« 和歌山県白浜町保険金殺人事件(一審判決) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その19(体験殺人?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山県白浜町保険金殺人事件(一審判決) | トップページ | 茨城県境町就寝中夫婦殺人事件その19(体験殺人?) »