« 千葉県袖ケ浦市19歳女性殺害事件その3(続報) | トップページ | 茨城県日立市田尻町妻子6人殺人放火事件その2(一審判決) »

2021/06/30

神奈川県鎌倉市騒音車注意少年刺殺事件その3(容疑者逮捕)

1)県警は6月28日、殺人容疑で、住所不定、自称会社員の男性F容疑者(21)を逮捕した。捜査関係者によると、少年と大麻の売買を巡ってトラブルになったとみられるとのこと。

2)県警によると、現場周辺の防犯カメラなどからF容疑者が浮上。別の事件に関与したとして、千葉県警に逮捕されていた容疑者を6月28日、神奈川県内に移送し、逮捕した。「黙秘します」と容疑を否認しているとのこと。

3)F容疑者と被害者の少年らは、直前に現場近くの別の場所でも接触していたとのこと。

4)捜査関係者によると、F容疑者らがSNSを通じて男性から大麻を購入する目的で待ち合わせ、友人2人とともに乗用車で現場に訪れていたことが新たに判明。男性から大麻を受け取った後、代金を支払わずに車で逃走したため、車で追いかけた男性側とトラブルになったとみられる。捜査1課によると、F容疑者と男性は面識がなかったとのこと。

F容疑者は別の事件に関与したとして千葉地検に監禁などの罪で起訴され、勾留中だったとのこと。

5)少年と一緒にいた友人は事件直後、「大音量の音楽を流しながら走ってきた乗用車に文句を言い、口論になった」と話していたが、その後の捜査で虚偽の説明だったと確認されたとのこと。

こんなところですね。
「第一発見者の信憑性を疑え」と言うのは良く聞く話だけど、生存者の証言が嘘だったと言う事のようですね。

発生からざっと3ヶ月、粛々と捜査は進んでいたわけですね。
容疑者は黙秘しているとの事ですが、事件から3ヶ月あるので、ここまでに、逮捕されたらどうするか?仲間達と相談していたんでしょうね。

このまま、黙秘を続ける事ができるのか?は容疑者本人の精神力によるのかな?

どうも、被害者側、加害者側に後ろめたいところがありそうですが、このあたりは捜査の進展を待つしかなさそうですね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
神奈川県鎌倉市騒音車注意少年刺殺事件その2(捜査状況の妄想)

|

« 千葉県袖ケ浦市19歳女性殺害事件その3(続報) | トップページ | 茨城県日立市田尻町妻子6人殺人放火事件その2(一審判決) »

コメント

最近の、深い繋がりや、明確な理由無き、理不尽な女性の殺人事件を思えば、この事件は男同士で、それなりの理由はあったんだなと思いました。

投稿: ビリー・クラッシャー木村 | 2021/07/04 06:07

ビリー・クラッシャー木村さん、こんにちは

被害者側、加害者側、どちらも後ろめたいことがあって、警察沙汰にはしたくなかったのでしょうが、流石に被害者側は仲間の遺体を隠して闇に葬るほど、非情にはなれなかった様ですね。
そのおかげで、事件が表面化したんですが、警察としては組織の壊滅を狙ってし慎重に捜査していたということなんでしょうね。

投稿: ASKA | 2021/07/17 18:37

横浜地検は、7月19日(?) 男(21)を起訴しました。

投稿: ASKA | 2021/07/22 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千葉県袖ケ浦市19歳女性殺害事件その3(続報) | トップページ | 茨城県日立市田尻町妻子6人殺人放火事件その2(一審判決) »