« 埼玉県熊谷市晴見町女性殺人事件その1(速報) | トップページ | 大阪小6女児不明誘拐事件その5(一審公判途中まで) »

2021/09/09

山形県東根市女性医師殺害事件その4(控訴審の途中まで)

***初公判(4月27日)***
控訴審初公判には被告も出廷。しかし冒頭、被告は裁判長に突然発言の許可を求めたとのこと。
いったんは却下されたものの、異例の被告人質問が10分だけ認められると、被告は「罪をつぐないたい。控訴を今すぐ取り下げたい」と発言した。

その理由については、「主任弁護士が自分の妹と架空の女性の2人を殺したからだ」と、意味不明な発言を展開。控訴取り下げの意思も、開廷10分前に突然弁護士に伝えたということで、精神が不安定な状態と見られるとのこと。

(弁護士談)
「本日控訴を取り下げると言ってましたけど、それは私と10分しか会っていないわけですから。ちょっと待ってくれと意見交換した。ただ控訴を取り下げるという気持ちは罪をきちんと償いたいという一心です」とのこと。

別の報道では
(弁護士談)
「今すぐに控訴の取り下げは考えていない。今後、本人と相談したい」と話したとのこと。

***控訴取り下げ***
被告(25)が、仙台高裁に4月28日付で控訴取り下げ書を提出したとのこと。4月30日付けで受理されたとのこと。
弁護人は、「(被告は)裁判終了後には、控訴取り下げは待つと言っていた。本人が精神的に不安定な状態で訴訟能力を欠いているため、審理の続行を求めたい」と述べた。仙台高裁に控訴取り下げの無効を申し立てる方針とのこと。

***控訴取り下げを取り下げ***
5月13日 弁護人あてに被告から「控訴取り下げを撤回したい」とする手紙が届き、「頭が混乱して控訴を取り下げてしまった」などと書かれていたとのこと。
弁護人は5月14日、仙台高裁に控訴取り下げの無効を申し立てる予定。

***控訴撤回有効意見書***
関係者によると、仙台高検は6月下旬、取り下げ書は「被告本人が書いたもの」とし、これを有効とする意見書を提出したとのこと。弁護側は7月中に再び反論し、撤回を求めていくとのこと。

これが7月6日の報道です。
この後の報道が無いので、結論がどうなっているのか分かりません。
取り下げて、更に取り下げを取り下げると言う混乱ぶりで、もしかすると公判が停止して精神医療の方向に進んでいるのかもしれませんね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
山形県東根市女性医師殺害事件その3(一審判決)

|

« 埼玉県熊谷市晴見町女性殺人事件その1(速報) | トップページ | 大阪小6女児不明誘拐事件その5(一審公判途中まで) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埼玉県熊谷市晴見町女性殺人事件その1(速報) | トップページ | 大阪小6女児不明誘拐事件その5(一審公判途中まで) »