« 北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その2(人物像) | トップページ | 埼玉県さいたま市桜区妹甥殺人事件その2(一審判決) »

2023/08/13

北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その3(犯行内容と計画)

まずは続報です。
1)捜査関係者によりますと、遺体の切断面などからのこぎりなど複数の刃物を使って首を切断したとみられるとのこと。

2)捜査関係者によると、女性(29)容疑者と男性は5月下旬、ススキノのダンスクラブの閉店イベントに参加。男性容疑者は当日、女性(29)容疑者を会場まで送り、そのままイベントに参加していたとのこと。北海道警は男性容疑者も男性と面識があったとみているとのこと。

3)捜査関係者によると男性は、背後から刃物で突然、首を刺されたことが致命傷になったとみられるとのこと。

こんなところですね。
さて、犯行計画を推測する上で、犯行の詳細を確認します。
A)犯行場所と時間
 1)7月2日午後3時ごろ、札幌市中央区南8条西5丁目のホテル2階客室で男性が倒れているのを従業員が発見した。
当日は、被害者ともう一人が入室していて、このもう一人が実行犯と思われる(29歳女性容疑者と思われる)
(場所は都会のど真ん中です。)
 2)客室内に争った形跡はない。
 3)ベッドに目立つ血痕はなかった。

B)遺体の状態
 1)遺体は浴室でうずくまった状態、裸で首が切断された状態で発見された。
 2)浴室には壁などの血を洗い流した跡があった。
 3)現場から頭部は発見されていない。被害者の遺留品は現場には残されていない。
 4)致命傷は背後から首をさされた傷、死因は出血性ショック
 5)首の切断にはのこぎりなど複数の刃物が使用された。

C)遺留品
 頭部と遺留品は全て持ち去られているが、自宅に保管されていた。

D)犯人グループの事件後
 犯人達は事件後も普段通り生活しているように見える。

これらの情報から犯行の状況(計画)を推測します。
実行犯は女性(29)容疑者と仮定して考えます。
犯行計画の概要としては、被害者をホテルに連れ込み、浴室で一人になったところをスキをついて襲撃して、殺害する計画(?)

あ)犯行場所の選定
 犯行場所は、被害者を誘い出して二人きりになれる場所で、被害者が無防備になる場所として、ホテルを選んだんでしょうね。

い)凶器の準備
 凶器にはノコギリや他の刃物、おもちゃの手錠、血を洗い流す為の洗剤などを用意している。
 実行犯は顔を隠して、指紋を残さない為に手袋を着用している。
 このあたりは、逮捕されない為の証拠隠滅の為でしょうね。

う)殺害
 殺害は被害者が浴室を使うように仕向けた上で、全裸、無防備の状態で背後から致命傷を与えるべく、初手で首を狙っている。
 単純に殺害するだけなら、浴室でなくても良いのだけど、全裸にする為と無防備にさせる為に浴室で実行していると推測します。

え)遺体損壊
 首を切断しているが、これが被害者の身元を隠す為なのか?はちょっと疑問なところ。(理由は後述する)

お)頭部、遺留品の持ち去りと保管
 切断された頭部と遺留品は持ち去られて、自宅に保管されていた。
これが、証拠隠滅を目的とするなら、同時に自分が犯人だとする証拠を残している事になり、目的に矛盾してないか?が疑問。

事件の犯行計画を考えるならそのポイントは2点に集約されますね。
1)目的の達成
2)逮捕されない事

当たり前のことですが、こう考えた場合、この事件は2)の逮捕されない為の対処が不十分なんですよね。
(犯罪指南になりかねないので、詳細は伏せます。みなさんも気付いても書かないでくださいね)
この事件は事件が発覚する事を前提に計画されているけど、それでも、自分たちが逮捕されない事を徹底しているとは思えないんですよね。

なので、少なくとも2)については、不完全というか、矛盾があるように見えます。
しかし、犯人達、特に男性容疑者は事件後も普段通り生活していて、逮捕される事を想定しているようには見えないですね。

このあたりを考えた場合、私は複数の可能性があるのかな?と考えています。
1)犯行計画を主導したのは女性(29)容疑者の場合。
 これは、犯行の目的(殺人)を知らされずに、両親が盲目的に犯行に参加した場合ですね。
 この場合、杜撰な犯行計画が説明できます。(あるいは、殺人を知っていて自由にさせたのかな?)
 あるいは、両親が犯行目的を誤解(曲解)している場合と言うのもあるかもしれませんね。(結果的に2)の場合になるかも

2)父親の犯行計画とは別に娘は別の犯行計画を用意していた場合。
 両親は殺人を目的としていない。そして、事件は事件化する事なく、問題は秘密裏に解決されるはずだった。ところが、娘は別の殺人計画を独自に計画して、現場でそれを実行してしまった。両親は事件発覚後に殺人を知ったが、後の祭りで普段通りに過ごすしかなかった。

3)両親も殺人の計画である事を知っていて、計画を主導したのが父親だった場合。
 これは、私が父親の能力を過大評価している場合になりますね。(理系に珍しい楽天家と言う事でしょうか)
 ただねー、もし私が父親の立場なら、家族を守る為に、全て自分1人で実行し、家族が罪に問われないように、事件後も困窮しないような対処をすると思うんですよね。娘を殺人犯にする事、妻を共犯にするかもしれない事を前提にするような計画を立てるのかな?と言うのが最大の疑問なわけです。

あとは、公判の情報を待つしか無いかな?

参考リンク
北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その2(人物像)
北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その4(コミュニケーション)

|

« 北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その2(人物像) | トップページ | 埼玉県さいたま市桜区妹甥殺人事件その2(一審判決) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その2(人物像) | トップページ | 埼玉県さいたま市桜区妹甥殺人事件その2(一審判決) »