« 北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その5(弁護士のコメント) | トップページ | 大阪富田林市高1男子殺害事件その4(賠償不払い) »

2023/08/26

北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その6(ASKAの妄想)

まずは続報です。
1)捜査関係者によりますと、24日付けで札幌地検が3人の刑事責任能力を調べるために、鑑定留置を請求したとのこと。
期間は8月28日から2024年2月28日までの約半年間で、札幌簡裁は24日に請求を認める決定をした。

2)両親の弁護人は決定を不服とし、札幌地裁に準抗告した。

こんなところですね。娘については小学校の頃から持病があるとの話なので、想定の範囲内と言うところでしょうか。逆に現役で仕事をしている両親の精神鑑定が請求されたのは予想外でしたね。

それでは、今回はひさしぶりに妄想チックに事件の事を考えてみようと思います。
まず、簡単に現状をまとめると
A)男性がホテルで殺害されて首を切断された遺体が発見された。
 切断された頭部や男性の遺留品は現場からは発見されていない。

B)事件当日に被害者男性とホテルに入出した人物が1名いて、その1名は顔を隠して手袋で指紋をかくしていた。その人物は事件発覚前に1人で退室している。

C)逮捕された3人の自宅から遺体の頭部と被害者の遺留品、他刃物が20本、ノコギリ4本が発見されている。

D)3人の内、両親の2名は当初、弁護士の指示で黙秘している。娘は否認している(と思われる)
これは、当初の報道で3人は黙秘または否認しているとの報道があった事で、黙秘しているのが両親だとすれば、残る娘が否認していると推定されるわけです。両親は共謀を否定している。

E)事件後に会った娘の友人は「普段と変わらず、普通。久しぶりに会って共通の話題で盛り上がって、何も変わっていない。だから怖い」と話したとのこと。

この状況を上手く説明する方法があるだろうか?と妄想チックに考えた時に仮説を一つ思いつきました。
ポイントは実行犯と思われるが娘が「否認」している点です。
「否認」と言うのは私が思うに、「罪状を認める」以外は全て「否認」になると思っています。

娘の供述内容は現在のところ全く出ていません。なので、否認にもいくつか種類があると思うわけです。
あ)自分はやってない。
い)知らない人(真犯人)がやった。
う)身に覚えが無い。記憶にない。

あ)と(う)は似てるようで違いますね。

さて、今回の前提は否認の内容が「う)」の「身に覚えが無い。」「記憶にない。」と言う場合です。

普通の人なら自分が体験した事で1ヶ月程度前のかなりショッキングな事なら普通は覚えています。なので、「覚えてない」となると、メンタルか身体面に何らかの問題がある可能性が疑われますね。
ただ、この「事件の記憶が無い」と言う状況は「E)事件後に何も変化が無かった」事を説明できるわけですね。自分が事件にはまったく関係ないなら、何か心境の変化などがあるはずがありません。

なので、もし、娘の犯行であるとするなら、「記憶が無い」ことをどう説明するのか?と言う事になります。
私がこれを説明する為に考えたのは娘は「解離性同一性障害」ではないか?これは、いわゆる「多重人格」のことです。

事件を計画、実行したのは娘の別の人格(仮に第二人格と呼びましょう。)だったとしたら、現在、罪状を否認しているのは主人格で事件の事を知らなかったと言う説明ができます。
だから、事件後に主人格と会った友人は「いつもと変わらない」と感じても不思議では無いわけです。

ではこの場合で事件の流れを考えると
1)第二人格と被害者が知り合い、交際に発展する。
2)主人格と被害者がトラブルとなる。これを両親もトラブルと認識する。
3)第二人格が殺人の計画と準備をする。
4)第二人格が被害者と待ち合わせをして、ホテルに入り、男性の隙をついて殺害、頭部を切断して、自宅に持ち帰る。
5)その後、別のススキノのダンスクラブへ遊びに行く(これが第二人格なのか?主人格かは分からない)
6)事件後、第二人格は現れずに証拠品は自宅に残されたままになる。(出現しても事件に関心が無いと言う事もあるのかな?)
7)主人格は逮捕されるが、事件の記憶が無い為、「身に覚えが無い」と否認する。

ただ、この流れの中でどうも解決できない問題が出てくるのが、準備段階です。
刃物を父親と購入しているけど、この時の娘は第二人格だったと思われるわけで、精神科医の父親がそれに気付かないの?と言うのが疑問ですね。

これについてはもう一つの可能性が考えられます。例えば、第二人格が主人格を手紙やメールなどで「脅す」場合ですね。
「ナイフをいつまでに購入しろ」とか、「ノコギリを買ってもらえ」とかね。

しかし、この場合だと、主人格が誰か分からない人物から脅迫されると言う事になって、主人格が警察や両親に相談してもおかしく無いですよね。
そんな話が出てない事を考えると、父親と一緒に買い物したのは第二人格と言う事になり、一緒にいる父親が異変に気付かないのだろうか?と言うわけです。

多重人格で有名な話はビリーミリガンです。24人の人格がいたと言われている人物ですね。(当初23人で最後に統合役の24人目が出現した)
年齢も性別も違う23人の人格が交代すると声や話し方はもちろん、顔の表情まで別人のようだったと言われてます。

なので、人格交代があれば、身近にいる父親や母親が気付かないのか?というのは大きな疑問ですね。

ただ、もう1件、日本でのケースとしては、宮崎勤事件があります。1988年頃に東京埼玉連続幼女誘拐殺人事件を起こした人物です。
最後の再鑑定の時に3人鑑定医による鑑定で、1人は統合失調症、2人は解離性同一性障害と鑑定してますね。

この宮崎勤については周囲から解離性同一性障害を疑われるような話は無かったと思います。
(ただ、宮崎は家族と疎遠だったようにも見えるのでこの事件とは比較できないかもしれません)

あくまで私の妄想です。
精神鑑定の結果を待ちましょう。

参考リンク
北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その5(弁護士のコメント)

|

« 北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その5(弁護士のコメント) | トップページ | 大阪富田林市高1男子殺害事件その4(賠償不払い) »

コメント

また奇怪な事件が発生しましたね。
何を目的としてるのか 皆目見当着きません。

最初に報道を見た印象は、相模原で起きた自殺志願者の若年女子数人をバラバラにし、首から上をアパート廊下のクーラーボックスにコレクションしてた事件。
その時と同じように住まいの外に大きめのクーラーボックス2台置かれてた映像が流れ ゾッとしました。

その後 父親勤務先の病院にも警察が入った映像見て これは臓器売買の抽出(角膜など)の線かな?とも感じました(殺害後に父親が大量の氷をコンビニから調達したり、事前に品定めでもしてたような報道あり)

事件の真相はわかりませんが、被害者にも家族が居る 立派な大人です。


昭和に東京の銭湯で知り合った小学生の子供(プロレスラーの息子だった)の首から上をホルマリン漬けにして 寝床の床下にコレクション事件がありましたね、あまりに可愛いから 夜な夜な会話する相手にしてた事件です。


『エンゼル・ハート』って映画がありました。多重人格、マインドコントロールをテーマにして当時持て囃されてましたっけ、その後に埼玉連続とオウムの事件がありました。

酒鬼薔薇事件も戦利品の首と会話してたそうです。

投稿: テキスタイル | 2023/08/28 22:50

テキスタイルさん、こんばんは

そうですね、久しぶりにちょっと理解できない事件が起きましたね。
証拠隠滅の為に首を切断したのであれば、頭部を自宅に保管する必要は無いので、そこは、色々と考えられる部分ですね。
精神鑑定も最初から異例の6ヶ月なので、検察も時間を掛ける必要があると感じているのかもしれませんね。

腑に落ちないのが、否認以外の情報がまったく出てこない点ですね。何かしら出てきそうなのが、出てこないのは、微妙な供述をしているのかもしれませんね。とりあえず、半年間冷却期間ができましたら、メディアには落ち着いた報道を期待したいですね。

投稿: ASKA | 2023/08/29 17:56

ASKAさんごぶさたです。

逮捕報道初期に父親が勤務する病院に捜査が入ったのは 警察も恐らく臓器摘出の線もある?と考えたのかと思われます。
返り血を浴びない為に雨カッパ持参で着替え、歯形等で本人確認遅らせる為に切断、所持品強奪とやった割には自宅に迎え入れてる。 なんともチグハグな行動の意味を推理するしかないようですね。
神棚に祀ってお祈りするつもりだったのかな?

報道用の警察発表も慎重にならざる追えないでしょう。

ひとつ言える事は核家族化がもたらした悪い例でしょうね。
両親どちらかの祖父母と同居してたなら決して起こらなかった気はします。

投稿: テキスタイル | 2023/08/29 20:37

解離性同一障害ですか…宮崎の「まるで夢の中の出来事」は有名な話ですね。自分自身で自分を制御できないからそうなるんでしょうが、夢遊病やキツネ憑きなども同じでしょう。『エクソシスト』も実話でしたね。されど自分が育てた悪魔に違いはなく 都合よく制御、管理できなければ、それは自分自身に他ならない。それが今の法律でしょう。

すべての犯罪者が同じ理屈で動いてると過言でなく感じる。

単に事の重大さ(殺人など)に尻込みしてる様にも思えるが?長期精神鑑定が必要な理由の場合によっては無罪もありうる。

が そうなると宮崎も無罪になる。

投稿: テキスタイル | 2023/09/10 20:13

テキスタイルさん、こんばんは

解離性同一性障害の件は、妄想レベルなんですが、ただ、報道が少し腑に落ちないところがあったので、ちょっと勘ぐってしまったと言うところでしょうか。

女性容疑者(29)については、最近の交友関係では特におかしいと言う話は出てこないんですよね。

若干怪しいのはカルチャー教室の講師さんの話ぐらいですね。それ以前だとどうも、小学校時代になっていて、病名不明の「持病」としか報道されていません。

あからさまにおかしな言動をする容疑者の場合だと「意味不明」な言動とか報道されますが、今回の容疑者については「否認」としか報道されていないので、話のやりとりに精神鑑定が必要な要素はなさそうです。

論理的に矛盾は無いけど、現実としては「あり得ない」とか「矛盾してる」と言う事で精神鑑定になっているのかな?と考えたのが「解離性同一性障害」が出てきた根拠ですね。

単純に実は通院とか、薬を処方されているとかいう可能性もあるかもしれませんが、このあたりの情報がまったく出てこないんですよね。

仮に「解離性同一性障害」と診断されても、無罪にはならないかもしれません。法律と精神医療の守備範囲というか判断基準の話になりそうな気がしますね。

「解離性同一性障害だけど判断力に問題なし」と言う事になると、普通に有罪になりそうな気もしますね。

逆に「解離性同一性障害だから判断力が無かった」となると無罪と言う事なんでしょうか。

宮崎勤は2 対 1で解離性同一性障害と診断されたけど、「有罪」だったんですよね。

投稿: ASKA | 2023/09/11 18:45

鑑定留置ですが 必ずしも責任能力なし=無罪とはならないみたいです。
ASKAさんもご存じの藤沢悪魔払い事件では被告の男女二人の精神鑑定(男3回、女は2回の鑑定)で責任能力無しの総合判断が出ましたが、地裁が鑑定結果を却下して 刑が確定しました。

善悪の区別できる成人の男女ですから、当たり前と言えば当たり前。
あの事件で悪魔に憑依されたのは加害者男女だったんです。

もう二人とも刑期終えて出所してるでしょ。逆に責任能力なしの無罪だったら未だに精神病院から出られない廃人ですな。

投稿: テキスタイル | 2023/09/11 20:04

テキスタイルさん、こんばんは

そうですね、私も古い裁判で、裁判長が精神鑑定の結果(責任能力無し)は裁判に影響しないと言って、有罪にしていた事件を思い出しました。(うろ覚えですが)
ただ、この手の判決が控訴審で覆るのでは?と心配になったりしますね。(この事件の控訴審がどうだったか?覚えてないのですが)

今回の事件では死亡が1人なので、有罪になっても死刑になる事は無いので、量刑にどの程度影響するのか?と言うあたりが気になりますね。

投稿: ASKA | 2023/09/11 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道札幌市ススキノ首なし殺人事件その5(弁護士のコメント) | トップページ | 大阪富田林市高1男子殺害事件その4(賠償不払い) »