2012/04/09

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その11(遺体は何処からやってきた?)

さて、3月15日で遺体発見から2年が過ぎました。今回は再度この事件を考え直してみつつ、遺体はどこからやってきたのか?どうして解体されたのか?について考えてみたい。

とりあえず、事件のおさらい
事件の概要
2010年3月6日に32歳のOLが自宅アパートから失踪した。
その後、3月15日博多湾の能古島で遺体の一部が発見され、その後も博多湾周辺で遺体の一部が発見された。

被害者 32歳女性 会社員
自宅住所 福岡市博多区堅粕5 JR博多駅から500mの2階立てアパート
勤務先 医薬品卸会社 南福岡支店 営業2課 筑紫野市二日市西2-5-3

失踪 2010年3月6日早朝に発覚

遺体発見
1)3月15日に能古島で
下腹部から大腿(だいたい)部にかけての遺体の一部が流れ着いているのが見つかった。鋭利な刃物のようなもので切断されていた遺体。

2)4月9日には能古島から約9キロの場所にある福岡市中央区の福岡競艇場のコースと海を区切る遮蔽(しゃへい)壁付近で、両腕が入ったゴミ袋が見つかる。

3)14日と15日には、福岡市中央区那の津の博多港・須崎ふ頭付近で、胴体と頭部が相次いで見つかった。県警は両腕がゴミ袋に入れられていたことや、腰の損傷が少ないことから、犯人が切断遺体を複数のゴミ袋に分けて博多湾に遺棄したとみている。

被害者は福岡市内の医薬品卸会社に勤務。3月5日午後7時ごろに勤務先を出ており、通勤に使っていた車は自宅アパート近くの駐車場に止められていたことが確認されている。自宅アパートからは仕事で使う携帯電話が見つかっており、被害者は一度は帰宅したとみられる。

だが翌6日午前5時ごろ、会社の同僚がゴルフに行くために被害者方を訪れたが、インターホンを押しても応答はなかった。

捜査関係者によると、被害者方の玄関は施錠されており、室内に物色したような形跡はなく、カバンや財布、通帳も残されていた。土足で侵入したり、激しく争ったりしたような跡はなかった。ただ室内の窓ガラスが内側から割れており、転倒したゴルフバッグが当たったとみられることから、被害者が誰かともみ合うなどした可能性はあるという。

しかし、血痕は検出されていないとされており、県警は部屋以外の場所で殺害され、切断された疑いが強いとみている。

こんな所です。
この事件の位置関係の地図

この地図を見ると、遺体発見現場と被害者の自宅が狭い範囲にある事がわかる。
勤務先だけはちょっと離れていますね。

さて、なぜ、犯人は解体したのか?犯人が車を持っているなら、福岡周辺でも山岳地帯があるので、山に遺棄する事ができたと思います。
あるいは、もっと遠方の海に遺棄する事もできたと思います。
そこで、「犯人は車を持っていない」と考えたらどうだろう?

つまり長距離の運搬ができない、しかも、一度に遺体を運ぶ事もできない。
地図を見て気づくのですが、福岡市内いは川が流れていて、ちょうと遺体が発見された競艇場に流れ込むのが那珂川、被害者の自宅近くを流れているのが三笠川と2本の川が流れています。

犯人が遺体の運搬にこの川を使ったと言う可能性はないだろうか?
自転車や徒歩で運べる重量に解体して、川に遺棄すれば、流れに乗って遺体は博多湾に流れ込む。その後はどこで発見されるかわからない、運がよければ発見されないかもしれない。
犯人に運搬方法が無くても遺体を遠方に遺棄する事ができる。
犯人には都合の良い話ですね。
この場合、特に犯人が女性や老人と言う体力が無いと言う条件がなくなります。

普通の男性の犯行でも、川に捨てる為に胴体を切断する理由ができますね。

それから、福岡市の2010年3月の気象情報をみると失踪した6日を含めて5日ほど雨が続いています。雨で増水した川に捨てたのなら海まで流されても不思議では無いと思います。

と考えると、犯人は意外に被害者の自宅周辺とか博多駅近くとかに、住んでいた可能性が出てきますね。(解体場所は自宅とか職場と言う事になるでしょうね)

博多区や中央区周辺で事件直後に川へゴミ袋を投棄しているのを見た人が居たら警察に相談してみると良いかもしれませんね。

いつもの妄想でした。事件解決に期待しましょう。

| | コメント (5)

2010/07/27

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その10(解体の理由)

この事件を考える上でもっとも重要の部分の一つが遺体を解体した理由です。
今回はこの理由を考えます。

解体の理由はいろいろあります、wikiのバラバラ殺人のページを参照願います。
大きく分けると
1)怨恨
 解体する過程で恨みが晴らされるらしい。

2)性的快感
 酒鬼薔薇事件では解体時に性的興奮があったとか・・・

3)遺体消滅
 遺体をほぼ完全に消滅させる為に細分化

4)遺体運搬
 運搬する為に小さく分割する必要がある。

とこんな感じかと思います。

で、今回の事件のポイントは胴体を切断している点だと考えています。

最近の事件で胴体を切断した事件をピックアップすると
江東区女性バラバラ事件(神隠し事件)、茨城バラバラ事件、渋谷短大生バラバラ事件、新宿バラバラ事件
この内、江東区女性バラバラ事件(神隠し事件)と渋谷短大生バラバラ事件は全身を解体しているので、ちょっと今回の事件とは方向が異なるなる為、除外すると残る茨城バラバラ事件、新宿バラバラ事件の共通点をかんがえる。

時間が無いので手短に書くと
この二つの事件は運搬の為に解体している。そして、犯人は二つの事件ともに女性でした。
これは、遺体を持ち上げるだけの腕力が無い為に運搬できる重さに遺体を分割した物だと思います。

今回の解体の目的も遺体の運搬の為だと考えています。
その方向で考えた場合の犯人像ですが
A)腕力が無い場合
 女性、老人、子供など。

B)運搬に車が使えない場合
 上の事例には加えていませんが、お台場女性バラバラ事件では遺体を細かく分割して、男性が徒歩で運搬していました。つまり、犯人は車がない、あるいは使えない状態で徒歩、自転車、バイク、電車などの交通機関などで遺体を運搬した場合ですね。

このあたりなんですが、以前に書いた目撃証言の方向が違うというのはこのA)B)の両方からはずれる為です。

| | コメント (13)

2010/07/26

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その9(腕時計は誰が捨てた)

今回は腕時計の件について考えます。
被害者の高級腕時計が失踪翌日の3月7日に市内の質屋の前で拾われています。その数日後に別の質屋で拾った男性が換金している。
問題はこの腕時計を捨てたあるいは、落としたのは誰か?ですね。

いつものように場合わけします。
1)被害者自身が落とした場合。
 当然、この場合もありえますよね。しかし、問題はその場合はそれが何時か?です。
 1-1)3月5日の退社以前の場合
  つまり、事件よりも以前に本人が落とした場合です。この場合は高級腕時計なので、本人が周囲に腕時計を落としたと言う話をしたと思います。あるいは警察に問い合わせなどをしている可能性もあります。

 1-2)3月5日の退社後の場合
  この場合は被害者の足取りの一部と言う事になります。被害者は退社後にこの質屋の前を徒歩で通ったのでしょう。被害者は車通勤だったので、さすがに車を運転中に腕時計を落とす事は無いと思います。

 1-3)特殊な場合
  無いとは思うのですが、例えば、犯人の車に監禁されて移動中に車の窓から被害者か犯人が投げ捨てた場合です。
 被害者が投げ捨てたのなら、犯人に脅された場合や、助けを求める為、事件性のアピールの為とか、あるいは犯人が嫌がらせの為に被害者の高級腕時計を投げ捨てた場合かな。

2)犯人が捨てた場合。
 2-1)犯人が意図せず落とした場合
  ちょっと、考えられない状況ですね。被害者の持ち物は衣類など他にもあったはずで、腕時計だけを犯人が別に移動する事は考えにくいと思います。
 ただし、犯人が金欲しさに換金した場合はありえますが・・・それならもっと貪欲に金品を盗もうとするのではないかな?

 2-2)犯人が意図して捨てた場合
  つまり何か目的を持って腕時計を捨てた場合になります。普通に考えれば捜査のかく乱を狙った物と思います。

  2-2-1)捜査のかく乱
  高級腕時計なので、拾った人物が換金、あるいは警察に届ける事を想定した。換金すればその人物が必然的に疑われる事になる。警察に届けた場合でも被害者の足取りを偽装する事になるかな?

  2-2-2)生存の偽装
  これもちょっと無いと思いますが、事件後に被害者の腕時計が発見される事で生存を偽装しようとした場合かな?

 2-2-3)被害者に対する嫌がらせ
  1-3)で書いた物ですが、被害者に対する嫌がらせの為に被害者の目の前で投げ捨てた場合ですね。
 この場合は車で移動中と考えるのが自然でしょうか。

こんなところかな。
私は今の所、2-2-1)捜査のかく乱の可能性を疑っています。

この場合、犯人はなぜ、捜査のかく乱をしなければならないのか?と言うのがポイントになりますね。

| | コメント (2)

2010/07/25

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その8(被害者の足取り)

今回は被害者の足取りについて考えてみる。
今の所、被害者の足取りは分かっていないようだけど、被害者の部屋には財布などがあり、通勤に使っていた車も駐車場にあった事などから、帰宅直後に部屋を出たと言う見方のようです。

私はこの点が気になっています。部屋に被害者の持ち物はあったようですが、かと言って部屋に争った跡は無い事を考えると、本当に帰宅したのか疑問です。

疑問の理由
1)持ち物や車は被害者本人が移動しなくても、他の人間が移動できる。
2)帰宅直後に部屋を出ると言うが、そんなジャストタイミングで呼び出す事ができるのか?

2)については、偶然で片付けてしまう事もできるけど、その一瞬は狙わないとできないと思う。
つまり、誰かが被害者の部屋の近くで待ち伏せして、帰宅したところで部屋を訪ねるとか、携帯に電話するなどかな。

そうでないと、帰宅後に部屋着に着替えたりするでしょう。このあたりの情報は報道されていないのですが・・・

そこで、二つの場合に場合わけして考えますます。

A)被害者は帰宅前に犯人に接触し帰宅していない場合。
 この場合は犯人が被害者の持ち物や車を移動した事になる。
犯人は被害者の家を知っていたか、あるいは、被害者に案内させたと言うあたりかな。

B)被害者は帰宅直後に犯人に呼び出された場合。
 やはり、偶然ではなく、帰宅を待ち伏せた犯人が帰宅直後に呼び出された場合になるかな。
しかし、財布も仕事用の携帯電話も持たずに外出するとは考えにくいんだけどね。
この場合も、犯人は被害者の家を知っていた事になる。

でA)の場合、なぜ、犯人はそんな事をしたのか?と言う事になる。
お金の為?しかし、それなら現金や銀行カードを見逃すはずが無いですよね。
つまり、これは、犯人にとってそうする事が有利に働くと考えた場合だと思います。
逆に言えば、被害者が帰宅しない場合、一番疑われるのは犯人と言う事なのかな。

| | コメント (5)

2010/07/24

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その7(情報の整理)

被害者が失踪した3月6日から4ヶ月以上が経ちましたがいまだ容疑者は逮捕されず、少々残念な状態です。
この事件を再度考えてみようと思います。まずは情報の整理から

被害者:32歳女性 福岡県筑紫野市にある医薬品卸会社、南福岡支店、営業2課に勤務

時系列情報

日付時間 内容 備考
3/5 19時頃 会社を退社 その後の足取りは不明
3/6 5時頃 同僚とゴルフコンペの予定だが現れず、電話も不通
3/7 同僚が捜索願を出す

県警が被害者宅を捜索
血痕、尿の付着はなし、風呂場の窓ガラスとベランダの窓ガラスの一部が割れていた。車の鍵、現金入りの財布は部屋に残されていた。通勤に使っていた車もいつもの駐車場にあった。

3/7 被害者の腕時計を質屋前で拾う 数日後に拾った男性は別の質屋で換金している。この腕時計はギリシャのブランド品のようだ。
3/15 被害者の下腹部が能古島北東部の海岸で発見 尻に500円玉大の紫色のアザが3から5箇所あった。
4/9 被害者の両腕が福岡競艇場内の海中で発見 両腕は黒いポリ袋に入れられていた。手の甲には防御の際にできたと思われるアザがあった。
4/14 被害者の胴体が須崎埠頭で発見 現場は両腕の見つかった競艇場の近く
4/15 被害者の頭部が須崎埠頭で発見 頭蓋骨には数箇所にヒビが入っていた。

遺体の解体状態
Photo
遺体は頭部、両腕を肩付近、胴体をへその下と両足の付け根で切断されている。
両足はいまだ発見されていない。

その他の情報としては
関係者によると、6日午前2時頃、男が女性の肩を抱いてアパート玄関から出てきたのを近くの人が目撃していた。女性は足元がふらつき、まっすぐに歩けない状態で、男に引っ張られるようにして、アパート前の道路を南東の方向へ歩いていったという。

その後、男が車で戻ってきてアパートそばの駐車場に停車。男は車を降り、被害者が住んでいたアパートの2階に駆け上がったが、短時間で車に戻り、そのまま走り去った。助手席には、この女性が乗っていたという。

このような報道もあるが、その後の情報は無い。 この情報は後で考えるけど、この事件の方向性とは少し方向が違う情報なんですよね。

簡単に事件の流れを推測すると
1)3/5の退社後に何らかの理由で被害者が死亡
2)その後、誰かが遺体を切断し遺棄した

こんな感じですね。後は順番に考えていきましょう。

| | コメント (17)

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その6(古い続報)

以前書いて、未公開なっていた続報です。(公開するのを忘れてました)
1)福岡県警は4月16日、同市中央区那の津3の須崎ふ頭で見つかった頭部はDNA型鑑定の結果、被害者女性の遺体の一部と断定した。

県警によると、頭部は4月15日午後4時15分ごろ、海面に浮いているのを男性作業員が発見した。腐敗が激しく死後1~2カ月とみられ、首は鋭利な刃物で切断されていた。切断面は胴体の切断面とほぼ一致するという。司法解剖をしたが、死因は分かっていないとの事。

2)福岡市中央区の博多湾で4月14日見つかった女性の胴体部分について、福岡県警は15日、遺体の一部が見つかっている同市博多区の女性会社員(32)の胴体と判明した、と発表したとの事。

3)福岡市中央区の福岡競艇場内の海中で9日見つかった人の両腕は、福岡県警の指紋照合の結果、遺体の一部が見つかっていた同市博多区堅粕(かたかす)、女性会社員(32)の腕と分かった。県警によると、両腕は黒いポリ袋に入れられ、口は結ばれていた。肩付近から鋭利な刃物で切断されたとみられる。

| | コメント (6)

2010/05/22

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その5(腕時計の件)

続報です。
福岡地検は19日、以前の勤務先から液晶テレビを盗んだとして、窃盗罪で福岡市中央区の宅配ピザ店従業員の男(32)を起訴したようだ。

男は3~4月に博多港などから切断遺体で見つかった同市博多区の会社員、女性(32)の腕時計を質入れしていたが、捜査関係者によると「(女性失跡直後の)3月7日に市内の質店前で腕時計を拾い、数日後に別の質店に入れた」と供述しており、女性との接点も確認されていないらしい。

さて、続報もなくなってきましたが、腕時計の件は気になりますね。
今までの報道
福岡市西区能古島女性バラバラ事件その4
福岡市西区能古島女性バラバラ事件その3
福岡市西区能古島女性バラバラ事件その2
福岡市西区能古島女性バラバラ事件

などから時系列情報をまとめると
3/5 19時頃退社
3/6 朝、行方不明
3/7 市内の質屋前で腕時計を拾う、数日後に別の質屋で換金
3/15 能古島で遺体の一部が発見され、以後遺体が福岡湾で発見されていく。

供述どおりだと、腕時計を拾ったのが失踪の翌日と言う事になりますね。
被害者の財布は部屋に残されていたし、預金も下ろされていない。
金目当てなら、財布の現金を見逃すのは不自然だよね?

失踪時の被害者の持ち物は身に着けている物だけだったと思います。
普段使っていたバッグも部屋にありましたからね。

なので、衣服、腕時計、携帯電話、その他アクセサリー類が可能性としてあります。
金額として高額で換金できそうな物は腕時計だけかもしれないけど・・・

この腕時計は犯人が捨てた物として話を進めましょう。問題はその理由ですよね。
大きく分けて、二つ
1)犯人は意図せず、偶然、質屋の前に落とした。
2)質屋の前に捨てたのは犯人が意図したもの。

1)の場合はとりあえず、犯人がこの質屋の前を通過したと言う事だと思います。
あるいは、犯人が質屋に腕時計を持ち込もうと考えたが、考え直して質屋を後にした時に偶然、落としたのかもしれません。
犯人が直接とは限らず、犯人に頼まれた別の人間の場合も考えられます。

2)前に書いたとおり、金目当てでは無いので、腕時計は捜査をかく乱する為の偽装かもしえません。

2-1)本人が生存している事の偽装
 だけど、腕時計だけでは生存の偽装にならないし携帯電話からのメールの方が都合が良いでしょうね。

2-2)誰かに換金させる為
 単に誰かに拾わせる為なら、質屋の前でなくても良いわけですよね。公園、駅、交番の前などでも良かったはず。質屋の前にしたのは、質屋に来る人はお金に困っており、腕時計を換金する可能性が高いと犯人が考えていたのではないでしょうか?

この場合は、犯人は換金した人物に警察の疑いの目を向けさせる事を狙ったのかもしれませんね。

しかし、この場合に気になるのがタイミングです。
3)失踪の翌日にこんな工作をする必要があるのか?
3-1)翌日には既に被害者が死亡しており、いずれ事件が発覚する事を想定している場合
3-2)3/6の時点で被害者が失踪した事が判明していて、いずれ捜索願いが出される事を犯人が知っていた場合。
3-3)被害者が会社員で月曜日に失踪が発覚すると想定した場合の計画的行動。

この事件の計画性を考えなくてはならないね。
普通の人は殺人事件を起こそうなどと考えてる事はまずないでしょうね。
殺人の多くは突発的で無計画な物が多いです。しかし、その一方で怨恨、金銭、異性関係のトラブルでの計画的な事件もあります。

怨恨やトラブルが原因の計画的な事件の場合被害者と犯人は顔見知りの可能性が高いでしょう。

顔見知りで無い場合、被害者と犯人に接点が無い場合は被害者周辺の捜査で容疑者が捜査線上に浮かぶことがありません。
つまり、遺体を解体したり、腕時計を偽装する必要は無いと思います。

ただ、計画的犯行だったとしても、解体され海に捨てたれた遺体は発見されないかもしれない。
事件とならなければ、腕時計が換金された事が発覚する事もなかっただろう?

なので、腕時計は遺体が発見された時の保険的意味合いか、もしくは発見される事を前提に行われた偽装と言う事になるのかな?

しかし、そんな慎重な犯人がどうして、発見される可能性がある海に捨てたりしたんだろうか?
逆の見方をすれば腕時計の保険があるから海でも大丈夫だと思ったのかもしれない。
だけど、危険を承知で海に遺棄しなければならない為に保険を掛けたのかもしれない。

そのあたりについては、腕時計を捨てたタイミングですね。
既に被害者は死亡していたかもしれないが、解体されていたかは不明です。
計画的な犯行ならば解体されていたのかもしれないですが、突発的な犯行なら、遺体の処置に困っていた時期かもしれません。

突発的な犯行なら遺体の遺棄方法も考えていない時期かもしれないので、やはりある程度計画的な犯行の可能性が高いと考えています。

しかし、そうなると、周辺でのトラブルが浮かんできそうなんですが・・・・

| | コメント (4)

2010/04/29

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その4(腕時計発見)

続報です。
1)被害者の腕時計が、事件後に質店で換金されていたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は同日、時計を持ち込んだ男を別の窃盗容疑で逮捕した。時計入手の経緯などについても事情を聴く方針。

捜査関係者によると、被害者の腕時計はギリシャのブランド品で文字盤が透けて見えるタイプ。被害者が行方不明になった後、男が県内の質店で換金したという。
県警は質店から腕時計の任意提出を受け、被害者のものと特定したとの事。

2)捜査関係者によると、逮捕されたのは同市中央区在住のアルバイト男性(32)。逮捕容疑では、市内の勤務先から液晶テレビを盗んだとしている。

男は被害者が行方不明になった3月5日以降、県内の質店で被害者が所持していたギリシャの有名ブランド製の腕時計を換金していたとの事。被害者と面識はないらしい

意外な展開でしたが・・・

続報を待ちましょう。

| | コメント (4)

2010/03/28

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その3(続報と疑問点)

まずは続報です。
1)被害者が勤務していた医薬品卸会社の代理人弁護士が3月25日、福岡市内で記者会見し、被害者が同市内の男性会社員と交通事故を巡ってトラブルを抱えていたことを明らかにした。

弁護士らによると、被害者は昨年11月11日午後9時頃、同市博多区内の交差点で、車で直進中に、右折しようとしていた男性のバイクと接触事故を起こした。

保険会社を通じて男性と話し合いを進めていたが、過失の割合で交渉が難航。被害者側は弁護士に対応を任せることにしたという。

被害者は11月下旬、上司に「男性から携帯電話に直接電話があり怖い」などと相談。インターネットの日記にもトラブルについて書き込んでいた。

男性は取材に対して「事故の時に携帯電話の番号を伝え合っていた。事故について話し合いをしたいと思い、事故の2日後に電話したことはある。被害者の家は知らない」と話しているとの事。

2)週刊誌などによると(ちょっと記憶があいまいです)
 ・バックが玄関脇に置かれていた。バッグの中には財布が入っていた。
 ・ブログに遺体発見後にアクセスした形跡がある。

3)関係者によると、6日午前2時頃、男が女性の肩を抱いてアパート玄関から出てきたのを近くの人が目撃していた。女性は足元がふらつき、まっすぐに歩けない状態で、男に引っ張られるようにして、アパート前の道路を南東の方向へ歩いていったという。

その後、男が車で戻ってきてアパートそばの駐車場に停車。男は車を降り、被害者が住んでいたアパートの2階に駆け上がったが、短時間で車に戻り、そのまま走り去った。助手席には、この女性が乗っていたという。

とこんなところだね。
3)の目撃情報はかなり有力な情報ですね。

しかし、この情報にも疑問があるね。
時間が気になります。午前2時ですよね?被害者は次の日にはゴルフの予定だった。コンペの集合場所に集まらなかったので自宅に様子を見に行ったんだろうね。6日の朝には既に不在で携帯電話も通じなかった。

翌日の朝から出かける予定なので午前2時まで帰宅しなかったとは思えないんだけど・・・
(翌朝が早いのでもっと早く帰宅するのではないかな?)

被害者は薬品卸会社で南福岡支店 営業2課に勤務していたようだ。
場所は福岡県筑紫野市二日市西2丁目、自宅住所が博多市博多区堅粕5 なので、職場の最寄駅は二日市駅だろう、そこから自宅最寄り駅は博多駅。

終電を検索すると0:26二日市発、0:46博多着になる。
自宅の場所は良く分からないが仮にこの終電で帰宅したとしても、徒歩で1時間以上も掛かるような場所では無いと思うんだけど・・・

会社を退社したのは5日の午後7時頃のようだ。
帰宅までの足取りが気になるよね。

被害者が何時に帰宅したのかは分からない。
しかし、部屋には荒らされた形跡が無いようだから、もし被害者が帰宅後に犯人が侵入したのであれば、土足ではなかったと言う事になるだろうね。
その意味では顔見知りだったと言う見方は有りだと思う。

帰宅を待ち伏せて、玄関に入る瞬間に押し入ったとしたら、玄関に争った形跡が残りそうだね。
しかし、瞬間的にスタンガン等で抵抗できない状態にしたのであれば、争った形跡は残らないかもしれない。
(顔見知りかそうで無いか?は今の所、断定するような材料は無いね)

やはり、時間が気になる。
もし、早い時間に被害者宅に侵入したのであれば、どうして午前2時頃まで犯人は待ったのか?
それに、殺害のタイミングは何時なのか?
もし、被害者が自宅で既に殺害されていたのであれば、遺体を運び出している事になるよね?
その場合、犯人としては被害者の遺体が自宅で発見される事が都合が悪かったと言う事になるのかな?

しかし、まだ生存していた可能性もあるよね。
この場合は抵抗不能にした被害者を生存した状態で部屋から連れ出している事になる。
もし、この時、被害者を殺害する事を決めていたのであれば、やはり、遺体が被害者の自宅で発見されるのは犯人にとって都合が悪い事だったんだろうね。

話を元に戻して、時間の件ですが・・・
もし、早い時間に犯人が侵入し、被害者を抵抗不能な状態にしたのであれば、犯人は午前2時頃まで被害者の自宅内でじっと待っていた事になる。
被害者を連れ出す所を目撃されないように遅い時間を待っていたと言う事になると思うのだが・・・
あるいは、抵抗不能にした上で、逃亡できないように被害者を拘束してから犯人が一度、部屋を出て午前2時まで待ったと言う可能性もあるけどね。

しかし、どちらの場合も被害者の友人、知人が部屋を訪ねてくれば、犯人にとって都合が悪い事は間違いない。

犯人は被害者にその時間に訪問するような友人が居ない事を知っていたのかな?

それから、この目撃情報が犯人だったとしたならば、犯人は車を所有していた事になる。
だとすると、バラバラにした目的が問題だよね。
つまり遺体の運搬手段を持っていたのにバラバラにした意味です。
運搬する以外にバラバラにする理由があったんだろうね。

今回は海から遺体が発見されているから、海に遺棄した時に遺体が浮かんでこないようにバラバラにした可能性はありますね。
とは言え、根拠は無いので、犯人の供述を待つしかないかな。

今の所の印象としては、犯人は被害者の遺体が発見されて捜査される事をかなり嫌っている印象ですね。
逆に言えば、犯人にとって事件発覚イコール、自分が捜査線上に浮かぶと言う意識があったんじゃないかな?

捜査本部が容疑者を絞り込んでいたとしても逮捕まで3、4ヶ月かかる事も珍しくない。

続報を待ちましょう。

| | コメント (8)

2010/03/19

福岡市西区能古島女性バラバラ事件その2(続報です)

続報です。
1)捜査関係者らによると、アパート2階の自室には、被害者の財布や仕事用の携帯電話が部屋に残されていた。部屋の窓ガラスが割れていたが、争った形跡はなく、血痕なども検出されなかった私用の携帯電話は見つかっていない。現金数万円が入った財布なども残されていた。 

2)不明となる数日前に近所の人が被害者宅付近で、男女が言い争うのを聞いたとの情報もある。

3)捜査関係者によると、県警が被害者の金融機関の口座を調べたところ、行方不明後も100万円以上ある預金から現金が引き出された形跡はなかったという。

4)被害者の私用の携帯電話は、行方不明後、ずっと不通状態が続いているという。県警が通話履歴を調べたところ、普段からあまり利用しておらず、行方不明になる直前も不審な着信などはなかった。メールは、会社関係者とゴルフについてやりとりしている程度で、これまでのところ文面から悩みやトラブルがあった様子などは確認できていないという。

5)被害者は去年12月から今年1月のインターネット上の日記に、去年11月に車を運転中、バイクと事故を起こし、相手とトラブルになっていたことを書き残していたことがわかった。日記には、バイクの修理代をめぐってトラブルになり、その後、不審な人物が自宅周辺をうろついたり、嫌がらせの電話が頻繁にかかってきたりして警戒していたことが記されている。

さて、こんなところですね。
5)の事故の件についてはそんな事があったと言うレベルの認識でよいと思います。
トラブルが一つとは限らないからね。

部屋の鍵は部屋に残されていたのかな?
もし、外出したのだとしたら、被害者は私用の携帯電話と部屋の鍵だけを持って外出している事になる。
最近の携帯電話には電子マネー機能もあるので、近くのコンビニに買い物と言う程度なら携帯電話と鍵だけで十分だと思う。

クレジットの履歴は残るし、防犯カメラもある、映像が残っているかが問題だけど・・・

次にもし、自宅内で事件に巻き込まれたとしたら、部屋にある仕事用と私用の二つの携帯電話の内、私用の携帯電話をどうやって判断したのだろうか?
判断できないなら両方持ち去るだろうな。その意味では犯人は私用の携帯電話を知っていたと言う事になりそうなんだけど・・・

しかし、ほとんど使われていないと言う事なので、犯人に結びつかない携帯電話を持ち去る理由は無いと思うけど・・・仕事用の携帯電話と間違えたって可能性もありかな?

でもう1点気になるのが割れた窓のガラスなんですよね。
いつからガラスは割れていたのだろうか?
預金が100万円ほどあると言う事だから、経済的に困窮しているわけでも無いので、女性の一人暮らしとしては窓ガラスは早く直したいと思うんじゃないかな?
周辺の業者に連絡があったとか、同僚などに窓ガラスがわれちゃったなんて話をしててもおかしくないけどね。

それらが無いのであれば、失踪直前に割れた可能性もあり、事件との関連も疑われるけどね。

続報を待ちましょう。

| | コメント (17)

より以前の記事一覧