2009/12/03

千葉英会話講師殺害事件その13

続報と逮捕後の様子です。
1)12月2日、殺人と強姦(ごうかん)致死の両容疑で再逮捕された。
遺体から採取した体液を鑑定したところ、DNAの型が容疑者のものと一致したとの事。

2)11月10日に逮捕後、県警の取り調べに黙秘している。

3)逮捕後2週間以上もお茶などを飲むだけで絶食を続けてきたが、同24日から食事を取るようになった。弁護士からパンを差し入れられて食べる事もあるようだ。
食事は逮捕されてから13日間とらず、医師から1度、栄養剤を注射された。しかし11月24日昼に出された和食弁当を初めて平らげ、それ以降は毎回食事を取っているという。

4)取り調べに対し、容疑や事件についてはうつむいて黙秘してきた。身上などについては逮捕直後は短く答えていたが、今は何も話さない。接見した弁護士によると、差し入れたノートに取り調べの内容を書き込んでいるらしい。

5)県警は健康状態を観察する必要があるとして、同日に行徳署から千葉市内の拘置施設に身柄を移した。現在の健康状態に問題はないらしい。

さて、こんなところですね。
予想はしてましたが容疑に強姦致死がつきましたね。
相変わらず、黙秘しているようです。

逮捕後の絶食の件はちと、興味深いですね。
容疑者の性格を物語っていると言うか・・・

ホントにそのまま餓死するつもりなら、文字通り死ぬまで続ける事もできた。
もちろんそんな事を警察が許すはずもないので、医学的な栄養補給はするでしょう。

だけど、結局は心が折れて、食事を取り始めますよね。
多分、絶食の件は逮捕後に思い付いて実行したんでしょう。良く考えればそれで状況を大きく変える事などできないからね。

ノートの件もそうですね。冤罪事件などでどんな取り調べがあったのかを記録しておくケースはあると思うけど、こんな酷い取り調べでしたとかね。
ただ、今回の事件の場合はそういう目的ではないだろうね。

容疑者は「臆病」で「短絡的」なタイプなのかな?
(容疑者を誹謗中傷しているわけではありません。)
今後の対応に備えてやれる事をやろうとして、思いつきで行動しているように見える。
それは、逃亡中の行動にも出ているんじゃないかな。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その12

| | コメント (11)

2009/11/23

千葉英会話講師殺害事件その12

遅ればせながら逮捕の時の状況と逮捕までの逃走についてメモしておきます。

日付 情報 備考
2007/03/26 事件発覚、逃亡開始
この後、2008/2月までの足取りは不明
2008/2月 神戸市北区の土木会社に住み込みで働く 井上康介の偽名を使用
2008/3月 JR池袋駅周辺での目撃情報が報道される
2008/06/26 神戸市北区の土木会社から失踪
2008/7月 舞鶴市の企業で働く
2008/08/19 大阪府茨木市の土木作業会社に勤務
2009/10/11 大阪府茨木市の土木作業会社から失踪
2009/10月中旬 福岡県内の医療機関で鼻の整形をしようとしたが断られる
2009/10/24 名古屋市内の病院で鼻の整形手術を受ける
2009/11/05 整形後の写真を公開
2009/11/05 大阪府茨木市の元同僚が通報
2009/11/10 大阪のフェリーターミナルで逮捕

時系列情報はこんなところですね。
事件発覚から2008年2月までの足取りは今でも不明です。この点については今後の自供を待つしかないでしょうね。

逃亡中に何度か整形しているようです。今分かっているだけでも
日付は不明ですが、
・ホクロの除去
・まぶたの一重を二重に
・厚い下唇が薄く
・鼻を高く(これは2009/10/24の名古屋での手術)

土木作業などで働きながら、逃亡資金と整形の資金を得ていたようです。
今の所、支援者がいたかどうかは不明です。

逮捕のキッカケは2009/10/24の名古屋での手術でカルテにホクロの除去の痕跡があった事で容疑者では?と疑問が持たれた事がキッカケだったようですね。

逃亡中の状況については
大阪府警や建設会社によると、容疑者は昨年8月19日、大阪市西成区でこの会社が作業員を募集した際、「金が必要だ。助けてほしい」と申し込んだという。給料は月額25万円程度。家賃と食事代を差し引いた10万~15万円を手渡しで受け取っていたが、今年10月11日の給料支給後、会社に「用事があるので出かける」と言い残したまま、行方が分からなくなった。

寮では黒縁めがねに赤い野球帽を身につけ、食事の際も帽子を取らなかった
普段は半ズボンに白いサンダル姿が多く、休日は寮で、格闘技の漫画や洋画などのビデオを見ていた。同僚らに「目標があるので金をためたい」と話し、寮を出るまでに70万~80万円をためていたとみられる。腹巻きに現金を入れて移動することもあったという。

姿を消す数カ月前に仕事仲間とボウリングに行き、集合写真を撮った際は人影に隠れるようにしていた。同僚は「訳ありだなと思ったが、ボウリング後のカラオケでは、英語の歌を上手に歌い驚いた」と語った。

逮捕時の状況としては
県警行徳署捜査本部によると、容疑者は11月10日午後7時ごろ、大阪のフェリーターミナルで身柄を確保されたが、ターミナルに設置された防犯カメラの映像から、同日午後3時前には正面玄関に到着していたことが明らかになった。
沖縄・那覇行きの便は午後11時発の「琉球エキスプレス」のみだったため、出航時間まで待機しようとしていたとみられる。

ターミナルでは、受付担当の男性社員が午後5時半ごろ、1階のチケット販売所付近で、容疑者に似た男を確認。それから約1時間を過ぎても、チケットを購入しに来なかったため、男性社員が2階の待合室を見回りに行くと、ベンチで、サングラスにマスク姿でうつむいている男を発見し、110番していた。

通報を受けた大阪府警の警察官が待合室に駆けつけた際、容疑者はベンチに横になるような格好で寝込んでおり、「かなり疲労していた」(捜査幹部)という。
警察官が取り囲んでボディーチェックをしたときも、抵抗する様子はなかった。

容疑者はターミナルに現れる前の10日午後1時40分ごろ、同じフェリー会社の神戸市内の営業所を訪れ、応対した社員に「(沖縄便は)今日は出ないんですか」と質問。大阪発の便しかないことを知ると、待たせていたタクシーで走り去っていた。そのまま大阪に向かったとみられ、常に移動を続ける生活を続けていたらしい。

逃亡する為にした整形が逮捕のキッカケになったか、何でも裏目に出る事ってのはあるからね。

同僚が「訳有り」と思っても、特に詮索しないあたりが良い意味での日本人らしさなのかな。

仕事も半年から2ヶ月程で転々としているようですし、土木作業の経験も2008年2月の神戸の会社で得たようですから、逃亡開始から2008年2月の神戸の会社までの約1年の足取りは興味のある所ですね。

最後が疲れて居眠りしていた時に逮捕された。
これまで、働きながら逃亡を続け、写真に写る時にも気を使い、休日は部屋でビデオや漫画を見て過ごすように目立たないように気を使って生活していたのに、最後は気力体力が切れたのかな?

この事件がなければ、両親の仕送りで何不自由なく生活できただろうに、逃亡の為に土木作業で汗を流す事を容疑者自身はどう思っていたのかな?
(多分、容疑者は額に汗して生計を立てるなんて事は夢にも思わなかったでしょう)

自首していれば、そんな生活をする事もなかったでしょうが、自首するより逃亡を選んだ容疑者の心中はいかに?
ただ、今の報道ではハンガーストライキみたいな事をしているようだし、取調べにも黙秘しているようだし・・・・全てを話すような心境では無いようだね。

支援者がいたのか?どうかもこれからの取調べに期待しましょう。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その11
千葉英会話講師殺害事件その13

| | コメント (1)

2009/11/10

千葉英会話講師殺害事件その11

続報です。容疑者が逮捕されました。

事件後、捜査員を振り切って2年以上逃亡していた男性容疑者が逮捕された。
容疑者は偽名を使い、顔も整形し逃亡し続けたが、最後は通報により逮捕された。

とりあえず、今回は速報と言うレベルでの記事にしましょう。
後日整理して記事にしようと思います。

事件当日、何が起きたのか?
どうして、殺害する事になったのか?

逃亡中の生活なども知りたい、仕事はしていたようだが、逃亡資金がどうも多いように見える。どんな仕事をして収入を得ていたのかな?

全て話して欲しいね。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その10
千葉英会話講師殺害事件その12

| | コメント (8)

2008/03/28

千葉英会話講師殺害事件その10

続報です。
捜査本部は容疑者の顔写真を公開しており、事件直後から最近まで、目の特徴などが酷似した男がJR池袋駅近くのパチンコ店やホテル、飲食店に出入りしている姿がたびたび目撃されている。

一方、これまでの調べで、容疑者が事件前に知人と池袋を訪れていたことも判明。
このため、捜査本部は池袋に土地勘があり、事件後も訪れている可能性があるとみて、捜査員を集中的に投入。飲食店やホテル、風俗店での聞き込みなどを進めている。

さて、逃亡中の容疑者の目撃情報が出ていると言う事なのだが・・・
捜査本部の狙いは何だろうな?

報道すれば、潜伏中の容疑者にもその情報が伝わる可能性が高いよね?
別の場所に逃亡するかもしれない。
それなのに、あえて情報を流す事にどんな意味があるのだろうか?

容疑者が動く事を待っているのか?それとも陽動か?

続報を待ちましょう。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その9
千葉英会話講師殺害事件その11

| | コメント (3)

2008/03/22

千葉英会話講師殺害事件その9

続報です。ポリスチャンネルでこの事件について新しい情報が公表されたようです。
詳しくはポリスチャンネルを参照願います。

さて、今回公表された情報は逃亡しいている容疑者についての物です。
1)容疑者の情報提供を呼びかけるビラ。(変装を想定した写真あり)
2)容疑者が書いた被害者の似顔絵。
3)容疑者の遺留品の「靴下」
4)容疑者の遺留品の「靴」
5)容疑者の遺留品の「リュックサック」

遺留品の3)から4)は逃亡時の遺留したとありますので、玄関先から逃亡した時に残していった物でしょう。

今回の情報の中で私が注目しているのは「リュックサック」です。

容疑者は殺害した遺体をベランダの浴槽に隠した後に現場を訪れた警官を振り切って逃亡しています。

その時に現場に残したのがこの「リュックサック」です。

このリュックサックには容疑者が逃亡する時に持ち出す理由があったと私は考えています。
ただ、非常に残念なのが「リュックの中身」が公表されていない事ですね。
中身から容疑者の逃亡先も推測する事ができたのですが・・・

極端な例を言えば、航空券や列車の切符などがあれば、逃亡先が推測できたでしょう。
とは言え、公表しないのは問題の「中身」が無かったからと言うのもありえますね。

とりあえず、今回は中身が無い「空のリュックサック」だった場合について考えてみましょう。
リュックサックは中に何かを詰めて持ち運ぶ事を目的にした物ですよね。
だから、容疑者はリュックサックに何かを詰めて運びたい物があったと言う事です。

ところが、家を出る時は空だったのだから、持ち運びたい物は家には無かったと言う事だよね。
逃亡途中で「何か」を入手してリュックに詰める予定だったと言う事だと思う。

そこで問題は逃亡に必要な物とは何だったのか?
・現金やカード類
とにかくこれは必要だろうね。しかし、それなら財布で十分だろう。

・着替え
・食料
確かに必要かもしれないが、着替えなら家にあったはずだし、食料をわざわざ持ち出す理由も無いだろう。購入すればすむ事だからね。
しかし、食料については逃亡先で山などに隠れようとしたら、持ち運ぶ必要が出るかもしれない。
だけど、それなら、やはり野宿用の道具が別に必要だろうな。

と考えると、容疑者が逃亡に必要な物と言うのが意外に難しい事に気づく。
家に無いと言う事は普段の生活では使用しない物と言う事だろうな。

一つの可能性として、「自殺用の道具」かな。
首吊り用のロープとかね。包丁と言うのもありえるけど、自宅にあった物を持ち出す事もできたはずだ。
だけど、若い男性の一人暮らしで経済的に恵まれていた事から自炊はしていなかったので包丁など家に無かった可能性もあるね。

ただし、最初から自殺するつもりならば、自宅で自殺してもよいかもしれない。
だけど、その場合は自分が犯人である事を認める事になるから、それは避けたかったんじゃないかな。
自殺しても遺体が発見されなければ、未解決のまま、自分も容疑者の一人と言う立場のままですからね。

今回は「空のリュックサック」の場合を考えたが、中身が公表されれば、その場合についも考えてみたいね。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その8
千葉英会話講師殺害事件その10

| | コメント (1)

2007/05/13

千葉英会話講師殺害事件その8

事件後1ヶ月がたったので、そろそろ動機についていつもの妄想を書いてみる事にします。
まずは、情報を整理しましょう。

A)3/21(水)深夜 JR西船橋駅前で容疑者が被害者に声を掛け、被害者の自宅に押しかけて25日9時30分のレッスンの約束を取り付ける。この時、自分の電話番号と被害者の似顔絵を書いたメモを残している。

B)3/25(日)朝9時ごろ、被害者が自宅を出る。(JR西船橋から行徳駅まで7分)
C)3/25(日)朝、行徳駅のカメラに容疑者と被害者が待ち合わせる所が写っていた。
D)3/25(日)行徳駅前の飲食店で 8時55分から9時45分ごろ英語のレッスンをしていた。
E)3/25(日)その後、タクシーで容疑者の自宅へ(約3分) 
F)3/25(日)その後、容疑者のマンションのエレベータの防犯カメラに2人が写っていた。
G)3/25(日)被害者は10時50分に小岩で英会話の仕事の予定があった。
H)3/25(日)夜から翌26日の未明にかけて浴槽を動かしたと思われる物音が聞かれている。
I)どのタイミングか不明だが、園芸用の土砂を購入している。
J)3/26(月)15時頃に英会話スクールの職員から捜索願いが出される。
K)3/26(月) 23時頃、自宅を訪れた捜査員を振り切り逃亡、現在に至る。

これらの中で捜査員が捜査をすれば容疑者に辿り着く情報はと言うと
A)被害者宅に残したメモとルームメイトの証言
D)行徳駅前の飲食店での目撃情報
E)駅前から自宅マンションまでのタクシー運転手の証言
F)マンションエレベータの防犯カメラの映像

これらの事から被害者と最後に会っていたのが容疑者である事は、捜査開始直後にはわかるだろうね。

そして、J)K)から容疑者は逮捕されたくないと考えている事がわかる。(07/06/30修正)

でここからは私のいつもの妄想です。
まず、事件の動機なんだけどね。
上に挙げた事からみて、容疑者が犯罪行為をしようと考えていたとはちと思えないんだよね。
あるいは犯罪行為をしようとしているが、しかし警察に追われるような事にはならないと考えていたとも思えるね。
つまり、自分が疑われる情報が多すぎると言う事なんだよね。

その意味で、容疑者は被害者を殺害するつもりは無かったと考えています。

しかし、被害者に近づく一連の行動は計画的な面を感じます。
特にA)は常識的な行動とは思えない。被害者の対応によっては警察に通報されてもおかしくない行動です。
容疑者がそこまで強引な行動に出る理由は何か?と言うのは注目ですね。

そして、行徳駅前の飲食店での個人レッスンはマンションへ連れ込む為の布石とも考えられますね。

ここで私が注目しているのは、個人レッスンの時間をなぜ午前9時頃からにしたのか?と言う点です。
もし彼が被害者を自宅マンションに監禁するつもりなら事件の発覚を遅らせる為に、英会話スクールでの講義の仕事が終わった後、少なくてもその後仕事の予定が無い時間帯を選ぶのじゃないかな?

この点は微妙なんですが、無断外泊した段階でルームメイトが捜索願いを出しそうなんだけど、捜索願いを出したのは英会話スクールの職員だった(26日の午後3時ごろ)
たぶん単身日本に来て仕事をするぐらいだから、無断外泊ぐらいは問題にはならないんだろうな。

午前中に個人レッスンを受けたのは、その方が怪しまれないと考えたのではないかな?
ただし、時間を決めた時には、被害者は容疑者に対して、10時50分から講師の仕事がある話はしていると思うんだよね。
時間延長とか出来ませんよと言う意味でね。

だけど、被害者をとにかく自宅マンションに連れ込み監禁する事を最重要な目的とするならば、これも有りだな。
講義の仕事が終わった後の夜に自宅に連れ込むのはムリだと判断したとも思える。

容疑者の目的を考える上で重要なのが性的暴行の有無です。
今の所、この点についての報道は無いのですが過去の事例でも事実が隠された事件は沢山あります。
発見された遺体が全裸であった事からこの点は考える必要があるでしょうね。

ですから、ここで性的暴行が無い場合とある場合に分けて考えてみましょう。
・性的暴行が無い場合。
性的暴行が無い場合は正直な所、動機は全く分かりませんね。
マンションに連れ込みはしたが、それには犯罪の意図は無かった、ところが何らかのトラブルとなり、容疑者の感情が爆発して、殺害に至ったと言う所かな。
容疑者は経済的に恵まれていて金銭的なトラブルの可能性は低いと思います。

・性的暴行があった場合。
普通に考えて、性的暴行する事を目的に被害者に近づき、自宅マンションに連れ込んだと言う事だろうね。
ただ、やはりこの点にも疑問はある。
最初に書いたけど、犯罪の致命的証拠を残しすぎている。
もしこの通りなら、容疑者は以前から似たような事件を起こしていて、それが事件になっていないと言う事だと思うな。
つまり被害者が泣き寝入りして、警察に訴えていないと言う事だろう。
このあたりは警察が容疑者の過去の生活を調べれば分かるだろうね。

この線でもう一つの見方は、合意の上で性交渉を持とうとして自宅マンションに連れ込んだのだが、被害者に拒否された為、暴力により目的を達成した。ところが被害者が警察に訴えると話した為、咄嗟に首を絞めて殺害した。
この説は矛盾は無いように思うけどね。犯罪を犯すつもりが無いので証拠を残すのも説明できるしね。
しかし、この場合も同様の事を以前から行っていた可能性が高いので、警察の捜査に期待ですね。。

あるいは、目的を達成すればその後どうなっても良いとする、覚悟の犯行と言うのも考えられるのだが・・・
この場合、事件後の行動が中途半端だし、自宅まで来た警察からも逃げているので、この線は薄いと思うんだよね。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その7
千葉英会話講師殺害事件その9

| | コメント (5)

2007/04/05

千葉英会話講師殺害事件その7

続報です。
3月25日の朝2人を容疑者の自宅マンションまで乗せたタクシーから降りる時に容疑者は4、5分したら来て欲しいと言っていたようだ。

さて、ここまで分かっている事から考えると、この事件は少なくとも、被害者が死亡する事は容疑者にとって想定外の事だったようだね。
1)タクシーの運転手さんに4、5分後に来て欲しいと話している事。
2)遺体を隠蔽する為の物は自宅にあったバスタブだった事。
3)逃亡用に現金を用意していない事。

さて、ここからはいつもの妄想です。
容疑者の性格と言うか考えかたについてですが・・・・
私は容疑者は意外にプライドの高い人間ではないか?と考えています。

理由は幾つかあるのですが
・大学を受けなおしている点
・就職していない点
・遺体の隠蔽、逃亡までの時間が長い点

根拠と言うほどの物でもなく、言ってみれば私の「勘」に近いんですけどね。

それで逃亡からそろそろ2週間経つと言うのに未だに足取りもつかめない。
現金も持たずに、友人の少ないだろう彼がこれほど長く姿を消していられるだろうか?
と言うのは疑問ではないだろうか?

例えば、仮に彼が殺害に関わっていたとしたら、プライドの高い彼が「殺人犯」として逮捕される事を良しとしないのではないか?と私は考えています。

彼が唯一それから逃れる方法があります。
逮捕される前に自殺してしまう事です。
国外逃亡なんて事もあるが、彼はそれほどの資金もツテも無いだろう。

そう考えると、プライドの高い彼は遺体が発見される事も良しとしないでしょうから、遺体が発見されない方法を取るでしょうね。

関東方面で有名な自殺スポットとしたら、やはり「富士の樹海」ではないだろうか?
遺体が発見されにくいと言う条件にも合致するしね。

あくまで私の妄想です。
生きていたら出頭してください。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その6
千葉英会話講師殺害事件その8

| | コメント (0)

千葉英会話講師殺害事件その6

続報です。

4/3の夜のニュースの中で報道されていた事ですが、25日の多分10時50分頃に英会話スクールから被害者の携帯電話に電話を掛けた時に電話は直ぐに留守番電話に切り替わってしまったとの事。
(他の報道でクロスチェックしようと思いましたが、この記事について同様の報道はありませんでした)

普通に考えると、仕事の予定があって職場に現れなければ、当然連絡するでしょうね。
その意味ではこの動きは常識の範囲と言えるでしょう。

ここから、分かる事は被害者は仕事の予定の直前からそれ以後、自由に行動できない状態だったと言う事だろうね。
この時、既に死亡していたのかは今の段階ではわからない。

普通に考えれば、容疑者の自宅に入った後、彼女は自由に行動できない状態だったんだろうね。
死亡推定時刻は食後3時間以上経過という事なので、朝食が8時頃だったとしたら、ちょうど11時頃となり、部屋に入った直後に死亡と言う可能性もあるね。

それから、容疑者の行動が興味深いね。
それは時間の事なんだけどね。
25日の深夜には不審な物音がしており、この段階では被害者は既に死亡していると考えて良いでしょう。

ここからは仮定の話ですが
1)被害者が25日の午前中に死亡している場合。
遺体の隠蔽処理を開始するまでの時間が約12時間掛かっている。

2)翌26日の夜に逃亡している。

この点から見ると決断までの時間が長いと思うんだよね。
遺体の隠蔽を決断するまでの時間、隠蔽後に逃亡するまでの時間が長い。
これは容疑者自身が決断に迷っている時間じゃないのかな?
あるいは逃亡計画を練っていた時間かもしれないけどね。

この事件では事件直前に容疑者が被害者を呼び出しているし、そのメモは被害者宅に残っているわけで、事件となれば一番最初に疑われる人物である事を容疑者は知っていただろうね。
それなのに、遺体を隠したのは自宅だったし、被害者の持ち物も自宅に残したままだった。

つまりそんな事なら、何もかもそのままにして一目散に逃亡する方法だってあったわけだよね。

ま、この所は容疑者自身に話を聞かないと分からないけどね。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その5
千葉英会話講師殺害事件その7

| | コメント (1)

2007/04/02

千葉英会話講師殺害事件その5

続報です。被害者の足取りの一部がわかりました。
1)3月25日の朝、死体遺棄容疑で指名手配されている28歳容疑者と一緒に、市川市の東京メトロ東西線行徳駅前にある喫茶店の防犯カメラに映っていたことが分かった。

2)2人が店内にいたのは3月25日午前8時55分から9時45分ごろ。
店員は「ごく普通のカップルか個人レッスン中に見えた」と話しており、特に脅されていた様子などもなかったという。

3)店を出た後、2人はタクシーに乗り容疑者の自宅へ向かったようです。時間にしておよそ3分、タクシー内で争うような事は無かったようです。

4)容疑者の自宅マンションのエレベータの監視映像などから特に脅されていたなどの様子は見られない。

5)被害者の髪の一部が切られて現場にあったゴミ袋に入っていた。

6)司法解剖の結果、食後経過時間が3時間以上

とこんな所だね。
まず位置関係を整理しよう。
被害者の職場
東京都江戸川区のNOVA小岩校 東京都江戸川区南小岩駅前

事件現場 千葉県市川市福栄2 駅から896m徒歩18分 タクシーで3分
(行徳から小岩まで21分)

被害者住所 千葉県船橋市印内 JR西船橋から行徳まで7分

時系列に情報を列挙すると
A)3/21(水)深夜 JR西船橋駅前で容疑者が被害者に声を掛け、被害者の自宅に押しかけて25日9時30分のレッスンの約束を取り付ける。

B)3/25(日)朝9時ごろ、被害者が自宅を出る。(JR西船橋から行徳駅まで7分)
C)3/25(日)朝、行徳駅のカメラに容疑者と被害者が待ち合わせる所が写っていた。
D)3/25(日)行徳駅前の飲食店で 8時55分から9時45分ごろ英語のレッスンをしていた。
E)3/25(日)その後、タクシーで容疑者の自宅へ(約3分) 

F)3/25(日)被害者は10時50分に小岩で英会話の仕事の予定があった。

G)3/26(月) 23時頃、自宅を訪れた捜査員を振り切り逃亡、現在に至る。

こんな事なんだよね。
ここで気付く事があります。容疑者が被害者にレッスンの約束をしたのは25日の9時30分だったんですよね。
時間が変更になってますから、多分、2人は会う前にもう一度連絡を取り、待ち合わせ場所をレッスン場所を決めていたんだろうね。

それからもう1点は時間の問題だ。
被害者は25日の10時50分には小岩で仕事が予定されていたわけで、行徳から小岩に向かう事を考えると行徳駅には10時17分には着いていなければならない。
9時45分に飲食店を出た被害者には時間的な余裕は約30分と言う所だな。

行徳駅から容疑者自宅までは徒歩で15から18分程度。徒歩では全く余裕がない。
だから、タクシーを使ったと言うのは説得力がある。

しかし、問題はなぜ容疑者の自宅に入ったのか?が疑問な点だね。
タクシーを使っても余裕時間は20分程度しかない。この時間で何が出来るのかな?

話は変わるけど、容疑者はあまり現金を持ち出していないようだね。
事件から1週間、そろそろ、資金も底をついてきたのではないかな?
そろそろ冷静に自分の事を考えられる頃だろう。

これをみていたら自首する事を勧めるよ。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その4
千葉英会話講師殺害事件その6

| | コメント (0)

2007/03/31

千葉英会話講師殺害事件その4

続報です。
1)逃亡中の容疑者の住む現場の室内に、近くのホームセンターで販売されている園芸用土砂の空き袋数枚が残されていたことが30日、県警行徳署捜査本部の調べで分かったようだ。

2)残されていた土砂の空き袋は近くのホームセンターでも販売されていることが分かった。マンション駐輪場では同店のカートも見つかっている。

3)被害者の衣類はごみ袋に入っていた。

4)マンションの住民によると25日夜から26日未明に、容疑者の部屋から「何か重いものを引きずる音や、金属音が聞こえた」という。

4/1追記
5)容疑者と約束した時間は25日9時30分だった。当日10時50分から被害者は英会話教室の仕事があった。この英会話教室には被害者は出ていない。

こんな所だね。現場付近のホームセンターを調べると2件見つかった。
A)ケーヨー南行徳店(営業時間9:30から19:00、徒歩1.5km、31分)
B)ユニディー千鳥町店(営業時間7:00から21:00、徒歩1.7km、35分)
距離と時間はナビソフトで調べた結果です。
どちらも30分程度ですね。

時系列でみると
・25日(日)の朝に被害者は現場を訪問している。被害者が家を出たのが9時ごろだから到着は10時ぐらいかな。

・25日夜から26日未明にかけて不審な物音

・26日(月)22時頃、現場ベランダで遺体が発見される。

4)の内容からすると、25日の夜には被害者は死亡していたと思われるね。

園芸用の土砂を購入するのは25日でも26日でも可能ですね。
ちなみに現場マンションの場所はこちら
現場マンションの航空写真

続報を待ちましょう。

参考リンク
千葉英会話講師殺害事件その3
千葉英会話講師殺害事件その5

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

ASKAの事件簿運営委員会 | ストーカー事件 | タリウム事件の謎! | ニュース | 世田谷一家殺害事件の謎! | 世田谷事件仮説 | 世田谷事件資料庫 | 事件捜査公判予定 | 事故 | 井の頭公園バラバラ殺人事件再考 | 仙台女性殺害事件の謎! | 会津母親殺害事件の謎! | 児童虐待事件 | 動物虐待事件 | 千葉大女子大生殺害放火事件の謎! | 千葉大女子大生殺害放火事件仮説 | 千葉東金市女児殺害事件の謎! | 千葉東金市女児殺害事件仮説 | 千葉英会話講師殺害事件の謎! | 多摩コンクリ詰め事件の謎! | 大阪タクシー殺害事件の謎! | 大阪女性監禁事件の謎! | 大阪府高槻市淀川女性殺害事件の謎! | 山形民家襲撃事件の謎! | 岩手母娘殺害事件の謎! | 島根県立大女子大生バラバラ殺害事件の謎! | 川口女性殺害事件の謎! | 広島女児殺害事件の謎! | 徳山高専殺害事件の謎! | 愛知蟹江町一家殺傷事件の謎! | 推理の道具箱 | 新宿バラバラ事件の謎! | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 杉並親子殺害事件の謎! | 栃木保険金詐欺事件の謎! | 栃木小1殺害事件の謎! | 栃木小1殺害事件再考 | 渋谷短大生バラバラ事件の謎! | 滋賀園児殺害事件の謎! | 福岡市西区能古島女性バラバラ事件の謎! | 福岡西区小戸公園男児殺害事件 | 秋田小1殺害事件の謎! | 秋田4歳児殺害事件の謎! | 秋葉原通り魔事件の謎! | 稚内主婦殺害事件の謎! | 舞鶴市女子高生殺害事件の謎! | 茨城バラバラ事件の謎! | 茨城女子大生殺害事件の謎! | 警察不祥事 | 豊田市女子高生殺害事件の謎! | 過去の事件に学ぶ | 長野女性ヘルパー殺人事件 | 長野女性殺害事件の謎! | 香川3人殺害事件の謎!