2008/07/14

川口女性殺害事件その10

初公判が開かれました。

金を奪って殺害したとして強盗殺人罪などに5件の罪に問われた住所不定、配管工40歳男性被告の初公判が14日、さいたま地裁で開かれた。

被告は罪状認否で暴行などを認めたものの、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認した。

検察側の冒頭陳述によると、被告は2007年10月30日夜、同市柳崎の当時26歳女性会社員方に侵入。
女性をカッターナイフで脅し、現金約8000円などを奪い、女性の首を手で絞めて殺害したとしている。

弁護側は、女性殺害事件の殺意に関する供述の信用性を明らかにするとして、検察側が取り調べ状況を録画したDVDを証拠請求し、採用された。第3回公判で上映される。 

弁護側は被告が凶器を使わずに女性の首を絞めたことに触れ、明確な殺意が見られないと主張。被告の精神鑑定などを求めた。

検察側は冒頭陳述で、「動機も類推可能で、合理的に行動している」と指摘。その上で「入・通院歴もなく、医師の診断でも異常はなかった」と責任能力があるとした。 

手で絞めたから殺意が無いと言うのはどうかな?
被害者は後ろ手に縛られて、うつぶせに倒れていた。
被害者は手を後ろで縛られて抵抗できない状態だったはずだ。
その状態で首を絞めておいて殺意が無いとは思えないけどな。

精神鑑定を請求と言う事は責任能力を争うと言う事なんだね。
公判の行方に注目しましょう。

08/11/12追記
強盗殺人などの罪に問われた住所不定、配管工、男性被告(40)に対し、さいたま地裁は12日、求刑通り無期懲役を言い渡した。裁判長は「卑劣にして凶暴かつ執ようで、残虐極まりない」と指摘した

判決によると、被告は昨年10月30日夜、川口市柳崎5のアパート2階に住む女性方にベランダから侵入。帰宅した女性に刃物を突き付けて脅し、両手足を縛ったうえ、両手で首を絞めて殺害。現金8000円などを奪った。

このほか、05年2月~07年7月にいずれも川口市内で、強盗強姦事件2件、強盗未遂事件1件、窃盗事件1件の計4件を起こした。

弁護側は女性の事件について「騒ぐのをやめてほしくて首を絞めた。殺意はなかった」と主張したが、裁判長は首の圧迫痕などから「死亡するという結果を認識していたのは明らか」と退けた。

参考リンク
川口女性殺害事件その9

| | コメント (0)

2007/12/29

川口女性殺害事件その9

続報です。容疑者が強盗殺人容疑で再逮捕されました。
1)容疑者殺害した女性について、以前から金目当てで狙ったいた。と話している。

2)。「(キャッシュカードの)暗証番号を聞いたら騒がれたので首を絞めて殺した。金に困り、盗み目的で入った」などと供述している。

3)調べでは、容疑者は10月30日夜、アパート2階の女性方に無施錠のベランダから侵入。同日午後7時10分ごろ、帰宅した女性の背後からカッターナイフを顔に突き付けて「騒ぐな」と脅した。女性の手足を衣類で縛って顔を殴り、現金数千円とキャッシュカード3枚を奪い、手などで首を絞めて殺害した疑い。女性の部屋の遺留物のDNAを増幅したところ、容疑者のDNA型と多くが一致した。

4)容疑者は女性の衣服を着て変装して近くのスーパーのATM(現金自動受払機)で現金を引き出そうとしたが失敗し、「部屋に戻ったら心臓が動かなくなっていた」と供述している。捜査本部は「カードや衣服は捨てた」という供述通り自宅近くの用水路からカードを押収した。

5)容疑者は「ベランダに女性の洗濯物があったので入った」とも供述している。

6)被害者のサイフから奪った現金の使い道について、「パチンコに使った」と話している。
また、給料の多くをパチンコに使っていたようだ。

7)7月の事件について「パチンコでもうけようと思ったが全部負けたので、店のそばのアパートに盗みに入った」と供述している。
調べでは、容疑者は7月の事件があった同月26日、現場から約200メートルのパチンコ店に行った。同容疑者は「(店は)ホームグラウンドで、もうけようと思った。全部負けたので盗みに行こうと思った」と供述。「店によく通っていたので、以前からアパートのこともよく知っていた」と話しているという。

さて、こんな所ですね。
容疑者は国民健康保険で400万円を滞納し、消費者金融からも120万の借金があった。
このことから容疑者がお金に困っていた事は間違いないのだが・・・
問題はその原因だな、どうもパチンコと言うのがちらつくね。

容疑者は以前から狙われていたと言う事だ。その理由が「女性物の洗濯物」と言う事なので、都会に住む若い女性は洗濯物を干す時は注意しましょう。
男性物の下着などを一緒に干すと良いかもしれませんね。
それだけではありません、「女性の一人暮らし」連想させるような事には常に注意しましょう。

参考リンク
川口女性殺害事件その8
川口女性殺害事件その10

| | コメント (1)

2007/12/06

川口女性殺害事件その8

続報です。
1)殺害された女性の部屋から見つかった遺留物のDNA型と、同じアパートに住む女性への強盗容疑などで逮捕された容疑者のDNA型が一致することが6日、川口署捜査本部の調べで分かった。

2)殺害された女性の部屋から見つかった複数の指紋や掌紋の中には、容疑者のものがないことも判明した。室内の女性の血痕には、上から手袋のようなもので擦った跡があり、捜査本部は、犯人は手袋をしていたとみている。

3)アパートは2階建てで、両事件があったのはいずれも2階。7月の事件では20代の女性がキャッシュカードを奪われ、現金約95万円を引き出されており、事件後、所有者の分からない脚立がアパートの敷地内で見つかった。その後の調べで、両事件のベランダに、つま先が室内の方だけを向いた足跡があったことが判明。運動靴などで、被害者のものではないことから、県警はどちらもベランダから侵入した可能性が高いとみている。

4)アパートは市道に面した角地に建っているが、アパートは4棟に分かれており、殺人事件のあった部屋は市道からは直接見えにくい場所だった。

5)7月の事件で容疑者が、盗んだカードを使って現金自動預払機(ATM)から金を下ろす際に、被害者の女性の服を使って変装をしていたことが5日、分かった。

6)容疑者宅から消費者金融への約120万円の借用書が見つかったほか、国民健康保険料も平成3年から滞納して400万円以上の未払い金があり、金に困っていたという。

7)7月の事件で容疑者が、盗んだカードを使って現金自動預払機(ATM)から金を下ろす際に、被害者の女性の服を使って変装をしていたことが5日、分かった。

女性が殺害された事件では、犯人の男が女性のセーターで顔を隠し、帽子や眼鏡、ズボンで変装している姿が、現場から約100メートル離れたスーパーのATMの防犯カメラに写っていた。手口が共通している。

こんな所だね。・・・・しかし、ホントにベランダから侵入したのだとしたら、犯人は女性が帰宅する前に先回りして部屋で待ち伏せしていたと言う事になるよね。
と言う事は女性の部屋を事前に調べていた事になる。

計画的な犯行である事は間違いと言う事になるな・・・・
意外だったのは、女性の服を着ることが出来るような体格だったんだね。

まだ殺害についての取り調べはこれからだけど、DNAが一致してと言うのはかなり強力な物証になるだろうね。

続報を待ちましょう。

07/12/08追記
7月の事件について捜査本部の調べに、容疑者は犯行を大筋で認め、「無施錠のベランダから入った」と供述したという。

殺害された女性の部屋から見つかった犯人が残したとみられる汗のDNA型と、容疑者の唾(だ)液(えき)のDNA型がほぼ一致したことも判明。捜査本部は、容疑者が女性の殺害にも関与しているとほぼ断定し、立件に向け捜査を進める。

女性が殺害された10月30日夜、近くのスーパーの現金自動預払機(ATM)で女性のキャッシュカードを使用して金を下ろそうとしたことを認める供述を始めたことが7日、分かった。

07/12/09追記
サンジャポ報道で7月の事件について報道されていたので、メモしておく
女性がシャワーを浴びていると「ガタ」と音がしたので浴室から出ると、目の部分だけをくりぬいた黒いビニール袋を被った犯人が立っていた。
男はキャッシュカードを奪うと、現場から500mはなれたコンビニでカードで現金を引き出した。

女性が殺害された事件では100mはなれたスーパーのATMを使ったのだが、他にもATMがあるのになぜか?と考えていました。
7月にコンビニを使っているので同じコンビニを使う事ができなかったんだろうね。
ただし、現場の周辺500mにはコンビニがすくなくとも3件は地図にある。同じ系列なので使い難かったかもしれないけどね。
それとも、単に一番近かったからと言うが理由かもしれない。

それから、別の報道で借金や生活状況が出ていたのでメモしておく
容疑者は福岡県生まれ。県内の高校を中退後、元妻の妊娠、結婚を機に約20年前に埼玉県に引っ越した。パチンコ店や土建会社などを転々としたが、運送会社での仕事は熱心だった。長距離運転を多くこなし、元同僚たちが待遇に不満を持っているときには代表して社長に直談判するなど、「真面目で責任感が強かった」(元同僚)。

昨年夏以降「父親が借金を抱えたまま焼身自殺した。残りを返済しなければいけない」と周囲に説明していたという。会社に消費者金融からの電話が頻繁にかかってくるようになり、給料の前借りを繰り返していた。
退社直前には「長距離運転をやっているのに給料はたったこれだけか」と愚痴をこぼすようになっていた。
容疑者は昨年春ごろ離婚。知人には「女房と子供に迷惑がかかるから籍を抜く」と説明していた。その後1人暮らしを始めたが、逮捕時は市内の別の住居で、離婚した妻と子供3人との暮らしを復活させていた。

まじめ過ぎたのかな?
親族の借金とは言え、保証人になっているのでなければ支払う必要は無いだろ?
仮に支払う必要があったとしても、破産と言う方法もあったはずだしね。

参考リンク
川口女性殺害事件その7
川口女性殺害事件その9

| | コメント (1)

2007/12/05

川口女性殺害事件その7

続報です。
1)逮捕された容疑者は消費者金融や闇金などに借金を抱えていたことが5日、県警川口署捜査本部の調べで分かった。国民健康保険の滞納していたようだ。

2)殺害された女性は前日の29日午後7時過ぎに近くのスーパーで買い物をしていたが、同じ時間帯の店内の監視カメラに容疑者が映っていた。容疑者は女性の4分後に来店し、10分ほど買い物をした後で先に店を出た。この間、2人が接触したかどうかは不明という。

3)殺害された女性は10月30日夜の帰宅直後に襲われたとみられる。同日午後10時42分ごろ、近くのスーパーのATMで女性のカードを使って現金を引き出そうとした男がいたことが判明。県警は遺体の解剖結果などから、この時点では女性は生存していたとみており、その後、首を絞められるなどして殺害された可能性が高いという。暗証番号が違ったため女性の現金は引き出されておらず、男が正確な番号を聞き出すために部屋に戻ったことが考えられる。

4)女性が殺害された10月30日、現場近くのパチンコ店などの防犯カメラにも容疑者に似た男が写っていたことも新たに判明した。

5)7月の事件で捜査本部は女性宅から体液を採取。聞き込み捜査で今月2日、現場近くのJR東浦和駅で職務質問を受けた際、容疑者がうその住所を答えたため、捜査本部が容疑者が駅に残したコーヒーカップを押収し唾液(だえき)などを採取した。
DNA鑑定の結果、両者のDNAが一致した。

6)容疑者は、7月に女性殺害事件と同じアパートで別の女性を乱暴し、キャッシュカードを奪ったとして4日、強盗強姦などの疑いで逮捕された。
「(女性に)声をかけられ関係を持った。頼まれてATMで金を下ろした」となど容疑を否認していることが5日分かった。

7)容疑者は元妻と子供3人の5人暮らし。自宅から現場までは約2.5キロで、4月まで川口市内のさらに近くに住んでいたと供述しており、土地勘もあったようだ。

さて、借金があってお金に困っていたか・・・それは想像できるけどね。
私の今の一番の疑問は犯人はどうやって被害者を選定したのか?と言う事です。

以前も書いたけど、この犯人の手口だと女性の帰宅時に一緒に部屋に入りこむ方法をとっているから、入った部屋に「男」がいたら犯人にとって逮捕される危険がかなり高まる事態ですよね。

この事から考えると、犯人はある程度根拠をもって1人暮らしの被害者を選定していると思うのです。
部屋を外から見て一人暮らしかどうか判定できるのか?
それとも、スーパーで買った商品で一人暮らしを判定したのか?

容疑者の供述を待つ事にしましょう。

これからは、若い女性が一人暮らしをしているのであれば、一人暮らしではないと偽装するような事が防犯の意味で必要かもしれませんね。

参考リンク
川口女性殺害事件その6
川口女性殺害事件その8

| | コメント (0)

川口女性殺害事件その6

続報です。7月に同じアパートで起きた婦女暴行と強盗事件で容疑者が逮捕されました。

逮捕されたのは川口市源左衛門新田の自称配管工の39歳男性。

調べによると、容疑者は今年7月26日深夜から翌27日未明にかけて、同アパートに住む20歳代の女性宅に押し入り、女性を衣類で後ろ手に縛って暴行したうえ、キャッシュカードなどを奪い、現金約100万円を引き出した疑い。

さて、殺害事件に関係しているのか?
ちなみに、容疑者の住所の詳細が分からないが現場直線距離にしておよそ2kmぐらいかな?
これだと、徒歩、自転車で十分移動可能だろうね。

続報を待ちましょう。

参考リンク
川口女性殺害事件その5
川口女性殺害事件その7

| | コメント (1)

2007/11/18

川口女性殺害事件その5

事件後に女性のカードで現金を引き出そうとした男性の映像が公開されている。
今回は犯人像と言うか犯人の行動を考えてみたい。

まずは時系列情報を整理します。
10月30日(火)
A)17時30分  被害者は勤務先を退社
B)18時30分頃 自宅近くのコンビニATMで現金1万円を引き出す。
C)19時00分頃 自宅近くのスーパー(ヨークマート)で買い物をする。
D)19時過ぎ   徒歩で自宅に到着したと思われる。
E)19時過ぎから19時30分頃、現場の階下の住人が悲鳴などをおよそ30分間断続的に聞く
F)22時42分頃 自宅近くのスーパー(ヨークマート)で男がカードで現金引出しに失敗する

10月31日(水)
G)0時10分頃受信した 交際相手の男性からのメールは開封されていなかった。

11月01日(木)
H)16時30分頃 訪ねて来た同僚が遺体を発見する。遺体は死後2日程度だと思われる。

次に位置の情報です。
あ)被害者の職場はさいたま市南区の電子機器メーカーで自宅まで約4.5km
例によって「さいたま市南区」「電子機器メーカー」でググルと幾つかヒットするが、距離から考えるとと北戸田の企業が有力候補だね。それから南区役所方面の企業もあるがこちらはちと距離が遠くなる。

い)B)のコンビニだが、あ)の二つの企業からの帰り道をナビソフトでルート検索すると県道1号線沿いのセブンイレブン前を通る事と最寄のコンビニである事からこのセブンがB)のコンビニだと判断しました。

う)女性の自宅は柳崎小の近く、い)のコンビニからヨークマート方向へぬける道の途中だと判断しています。(これはYahooニューズの地図より)
07/11/18訂正
地元の「うさこさん」のご指摘により現場住所の誤りに気付きました。うさこさんありがとうございます。


「女性の自宅はスーパーを通り過ぎてすぐの所になります。」

この位置情報をから被害者の行動を考えると、ひとつ面白い事に気付く。
女性はコンビニで現金を引き出してから自宅前を通り過ぎてヨークマートに向かい買い物をして、また自宅に引き返している。


女性はコンビニで現金を引き出して家路の途中にあるスーパーで買い物をしてから帰宅しています。

もし、犯人が女性を尾行していたとしたら?その方法は何だろう?
単純にこのヨークマートから自宅へ戻る道は比較的太い道で事件時刻には相当な交通量があったと思います。
(この点は地元の方に教えて欲しいです)

つまり、徒歩の女性を車で尾行するのは交通量が多すぎてムリだと私は考えています。
もし、犯人が女性を尾行していたのなら、その方法は徒歩か自転車、バイクと言った所だと思います。

次に公開された犯人と思われる男の映像です。
Atm 犯人の服装については別の方の分析を待ちたいと思います。
ただ、「めがね」と「セーター」は被害者の物の可能性も疑われています。

それは置いといて
私が注目しているのは例によって犯人の行動です。
1)犯人は事件直後に顔を隠しながらも現場近くのATMで暗証番号も分からないカードを使おうとしている事。

これは、犯人は当然犯罪と言う意識があった為に顔を隠していたんだろう?
つまりリスクを冒しても犯人はお金が欲しかったと言う事だろうね。
もし、被害者のめがね、セーターを着て変装したとしたらなお更だ。

Photo_2

2)現場近くで22時過ぎに使用できるATMは二つ以上あるのに、なぜ犯人と思われる男はヨークマートを使用したのか?

これは根拠が無い妄想だけど、コンビニATMでは店員に顔を見られる可能性が高い為、比較的店員の少ないスーパーを使ったのではないか?と考えています。
これは1)で変装した場合と同じ、犯人は意外に慎重なタイプかもしれません。

でもう一つの可能性としては、犯人はこのスーパーに戻らなければならない理由があった場合だね。
つまり、この駐車場に車を止めていた場合だな。

犯人に対する情報としてはもう一つ
「室内などから採取した指紋134個のうち、身元不明の指紋が3個あった。捜査本部は犯人の指紋が含まれている可能性があるとみて鑑定している。」

この不明の3個の指紋が犯人の物なら犯人は逮捕歴が無いと言う事になる。もっとも、手袋をしていた可能性もあるのではこの点はまだ、なんともいえないかな。

スーパーの駐車場の監視カメラに男の映像が無いのか?気になる点です。
犯人がスーパーに車を置いて被害者の後を徒歩で尾行した可能性もあるからね。
それなら、犯行後にこのスーパーに戻った理由が説明できるしね。

現場のもより駅は東浦和になるだろうが、距離にすると1kmほどあるし、あの服装で電車にのるかな?と言うのもあり、車、バイクを使った可能性もあるだろう。
その場合、犯人の住居はある程度遠方の可能性もある。

徒歩や自転車なら比較的近くだろうね。

映像が公開された事で捜査が進展する事に期待です。

07/11/18追記
Yahooニュースで現場付近の地図が出ていたのだが、中心地が犯行現場だと考えてしましたがそれは間違いのようですね。文字通り現場付近の地図でしかないようです。
裏付けも取らずに安易に信じてしまったのは迂闊でした。

参考リンク
川口女性殺害事件その4
川口女性殺害事件その6

| | コメント (7)

2007/11/08

川口女性殺害事件その4

続報です。被害者のカードを使おうとした男が防犯ビデオに写っていました。
1)調べによると、男は被害者が殺害された直後とみられる10月30日夜、同県内にある現金自動預け払い機(ATM)を設置した店舗に現れた。ATMに被害者名義の都市銀行のキャッシュカード2枚を入れ、それぞれ1回ずつ暗証番号を入力したが、現金は引き出せなかったらしい。

2)同じアパートで7月に発生した別の強盗事件でも、女性から奪ったキャッシュカードで現金を引き出した男の姿が防犯カメラに映っており、同本部は同一人物の可能性が高いとみているようだ。

ここからはNHKのニュース報道の記憶です(ちと曖昧だな)
3)女性はベッドに後ろ手に縛られたまま、うつぶせで死亡していた。
4)部屋の中には20箇所以上の血痕があった。
中には顔を壁にこすりつけたような痕もあった。

さてと、やはりと言う感じで犯人は犯行直後にカードを使用しているね。
そして、現金の引き出しに失敗しているので、暗証番号は知らなかったんだろうな。
その時の姿が防犯ビデオに写っているから、有力な手がかりになるだろう。

だけど・・・やはり気になるのは、どうして酷く乱暴な行動をしたのか?と言う事なんだよな。
普通犯罪者なら目立つ事は避けたいと思うはずだよ。
その点で被害者に悲鳴を上げさせたり、壁に打ち付けたりと必要以上に乱暴な行動をしている。

静かに犯行を行うなら、刃物などで脅すなり方法があったはずでしょ?
それこそ、悲鳴を聞いた誰かが部屋を訪ねて来ると言う事だって考えられたはずだしね。

・・・やはり、被害者が予想以上に抵抗し騒いだ為に静かにする為に殺害してしまったと言う事かな?
これだと、暗証番号を聞き出す前に殺害してしまった理由が説明できるんだよな。

あとは、ATMの場所が知りたいな。

捜査の進展に期待しましょう。

参考リンク
川口女性殺害事件その3
川口女性殺害事件その5

| | コメント (9)

2007/11/04

川口女性殺害事件その3

続報です。
1)調べでは、アパートから約600メートル離れたコンビニ店の防犯カメラに、被害者が10月30日午後6時半ごろ、ATM(現金自動受払機)で1万円を引き出す姿が映っていた。
帰宅途中にコンビニに立ち寄ったと思われる。

2)被害者の財布は部屋の中央付近の床の上に置いてあったバッグの中にあったが小銭を含めた現金とキャッシュカードがすべてなくなっていたことが分かった。犯人がバッグから財布を取り出して現金とカードを抜き取り、再び戻したとみられる。

3)玄関の上がり口には、野菜などが入った袋が置かれたままだった。
また玄関付近から血痕が見つかった。玄関付近には髪の毛が複数落ちているなど争った形跡がある。

4)調べでは、ビデオに映った男は茶髪に黒のワイシャツ姿。被害者と別々に入店したが、ATMを操作している被害者に近づき、声をかけていたという。同本部はビデオの解析を急いでいる。

さてこんな所だな。
小銭まで無くなっていたか・・・犯人が持ち去ったのなら、犯人は相当お金に困っているようだね。
カード類も持ち去っているから、事件直後に使用している可能性もある。捜査に期待できるね。

玄関に争った痕と野菜の袋がそのまま、コートを着た状態・・・被害者が部屋に入った直後に押し入ったと見て間違いないだろうな。

さて、問題はビデオの男だけど・・・流石にこれは無いんじゃないの?と思うけどね。
店内に防犯カメラがある事は犯人も気付いていたはずなので、これから襲おうとしている被害者にカメラの前で声を掛けるなんて事はしないと思うけどね。

カメラの存在を知らない外国人とかすぐに国外に高飛びする事ができるような外国人なら可能性はあるかもしれないけどね。

ただ、ATMや銀行など金融機関で「お金を下ろした直後」に引ったくりにあうなどの事例は多い。なぜなら、被害者が確実にお金を持っているからだ。
女性に限らず、お年寄りを狙った犯行も多いので非力な女性、老人、子供などは要注意だね。

いづれ犯人の情報は捜査線上に浮かぶだろう。お金の無い犯人は比較的近い所に住んでいるかもしれないね。
捜査の進展に期待です。

07/11/05追記
調べでは、被害者の部屋と玄関外の通路に複数の血痕があり、手袋の跡が室内の壁など数カ所から見つかった。
7月、軍手をした覆面の若い男に女性が衣類で後ろ手に縛られた強盗事件があり、関連を調べているようだ。

参考リンク
川口女性殺害事件その2
川口女性殺害事件その4

| | コメント (1)

2007/11/03

川口女性殺害事件その2

続報です。
1)被害者の部屋の階下に住む20代の男性が10月30日夜、女性の叫び声や物音を聞いていたことが県警捜査本部の調べで分かった。同本部は渡辺さんが勤務先から帰宅した直後に襲われたとみている。

調べでは、男性は30日午後6時半から7時半ごろの間、被害者の住む2階から「キャー、やめて」という女性の大きな叫び声を聞いたという。ドアを開け閉めする音も聞こえ、その後「ドンドンドン」と床や壁をたたくような音が約30分間断続的に続いたという。

2)司法解剖の結果、渡辺さんの死因は窒息死と判明した。両手で首を絞められたとみられる。 

3)現場の室内からは被害者の携帯電話が見つかり、交際していた男性から31日午前0時10分ごろに受信したメールが開封されないまま残っていたことも分かった。被害者は30日、さいたま市南区の勤務先を午後5時40分に退社。約1時間かけて歩いて帰宅したという。

4)7月に同じアパートの別室の20代女性が後ろ手に縛られた強盗事件で、容疑者の男は覆面をかぶり手袋をしていたことも分かった。男は20代で、身長約170センチ前後だったという。
(この事件は今回の事件と手口が似ていると言われている。)

5)被害者の顔には全体に殴られた跡があり、複数枚のストッキングがかぶせられていた。手は黒のカーディガンのようなもので縛られていた。コートにスカート姿で倒れており、室内には争った跡もあった。遺体の状況から、被害者は死後2日程度が経過してるようだ。

6)同僚が訪ねてきて被害者の遺体を発見した時、玄関は施錠されていたが、内鍵はかかっていなかったことも判明。室内からは鍵が見つかっておらず、容疑者が施錠して逃げたらしい。

とりあえず、時系列にまとめてみると
10月30日(火)
17時30分 被害者は勤務先を退社
18時30分頃 徒歩で自宅に到着したと思われる。
18時30分から19時30分頃、現場の階下の住人が悲鳴などをおよそ30分間断続的に聞く

10月31日(水)
0時10分頃受信した 交際相手の男性からのメールは開封されていなかった。

11月01日(木)
16時30分頃 訪ねて来た同僚が遺体を発見する。遺体は死後2日程度だと思われる。

コートを着ていたと言う事だし30日の帰宅直後に襲われたと考えてよさそうだね。
しかし、ちょっと乱暴な犯行だよね。
犯行時刻も早い時間帯で現に同じマンションの住民が悲鳴や物音を聞いている。
正義感の強い人間か好奇心の強い人間なら現場を訪ねていくかもしれないし、通報される可能性もあるからね。

犯行の順番としては
A)被害者と一緒に被害者の部屋に入り、暴行を加える。
B)抵抗が無くなった所で、後ろでに縛る。
C)犯人の顔を見られないように、被害者の顔にストッキングを被せる?
D)金目の物を物色
E)首を手で絞めて殺害
F)ドアに鍵を掛けて逃走

D)とE)の順番は前後するかもしれないね。
・・・しかし、気になるのは被害者を殺害した理由だな。

被害者を後ろ手に縛り拘束した段階で強盗はほぼ成功したと考えてよいはず。
被害者を殺害する必要は無いよね?

犯人は被害者を殺害しなければならない理由があったと言う事かな?
最初から殺害する事が目的なら後ろ手に縛る必要は無いから、殺害が目的ではなかったろうな。
犯行の過程で殺害する理由ができてしまったと言う事かな?
とすると、犯人の顔を見られたとか、犯人の身元を知ってしまったとか・・・
あるいは、被害者がカードの暗証番号を話さなかったので、ついかカッとなって殺害したとか・・・ってあたりかな。

犯行時刻が早い時間帯だし、部屋に一緒に入っているだろうと思われる点から考えると、犯人は被害者が1人暮らしの女性である事を事前に調べていたんだろうな。

部屋に入ったら、同居している男性と鉢合わせなんて事になっては都合が悪いからね。
そうだとすると、昼間は留守になる事を知っていたのに、ピッキングなどの専門的な侵入方法を取っていないのは窃盗犯としての経験の少なさを物語っているのかもしれないね。

今回は被害者がかなり抵抗しているので、もしかすると犯人の手がかりが残っているかもしれないな。
この点は捜査の進展に期待できる点だね。

さて、最後になるけど、前から思っていましたが・・・
都市部に住む若い女性の方は「悲鳴を上げても、誰も助けてくれない」と思っていた方が良いかもしれないね。
あの、町田の女子高生殺害事件の時も悲鳴を聞いた人は居たのに、結局事件は止められなかったからね。

では、どうしたら良いのか?・・・悲鳴ではなく、周辺の人間に不利益なるような事の方がいいかもしれない。
「火事だ!」なら周辺住民も延焼の恐れがあるから急いで現場に駆けつけるのではないかな?
少なくとも人が集まれば、事件が発覚する可能性は高いだろうな。

参考リンク
川口女性殺害事件
川口女性殺害事件その3

| | コメント (3)

2007/11/01

川口女性殺害事件

11月1日午後4時30分ごろ、埼玉県川口市柳崎のアパートで、26歳女性会社員が2階の自室で後ろ手に縛られて死亡しているのを、訪ねてきた勤務先の同僚が発見する事件が発生している。

室内には荒らされ、争ったような跡があったようだ、県警捜査1課と川口署は、女性は殺害された可能性が高いとみて捜査を始めた。

調べによると、女性は1人暮らしとみられ、数日前から連絡が取れなくなっていた。室内には血痕もあった。

現場はJR東浦和駅から南に約300メートルの住宅街。

後ろ手に縛られていたか・・・・
死人の手を後ろ手に縛る必要は無いだろうから、やはり生前に縛られていたと言う事だろうな。

それから、Nステの報道だと、被害者の頭部に下着のような物がかぶせられていたとあったな。

犯人の顔を見たので殺害されたと言う事なのかな?
とりあえず、犯人が部屋に入った方法が知りたいね。
それから、銀行カードの使用状況だな。

続報を待ちましょう。

参考リンク
川口女性殺害事件その2

| | コメント (2)